スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
”誰かの役に立ちたい”と祈る人
「明日は満月なので私のお寺で一緒にメディテーションしませんか」
と誘ってくれたのは、Campung Cafe MADEさん

Campung Cafe は以前も少し紹介した事がありますが
20070928210030.jpg

テガラランにある段々畑
ガイドブックにも必ず載っている有名な段々畑

その段々畑の隣に
これまた有名なレストラン&ヴィラを併設した「Campung Cafe 」があります
20070928210138.jpg



自然に溢れた渓谷の丘の上に建った
ヴィラもレストランも実に気持ちいい空間です

20070928210223.jpg


*今回は、「Campung Cafe 」のレストランやヴィラを紹介する内容ではないのですが、
折角MADEさんに、色々教えて頂いたので、
プロモーションも兼ねて、話の流れに関係なく
画像を掲載させて頂きますね
…悪しからず
20070928210430.jpg
↑併設している、ヴィラのバルコニー


それでオーナーのMADEさんは
バリ人にしては背が高く、鍛えあげたガッシリしたボディ
坊主頭に太い眉、その下で光を放つ大きな目
シャツの胸元からTATTOがチラチラ
いっそう迫力を持たせて、なかなか存在感のある人なのです

警察にも入管などにも強力なコネをもって
大事なポイントはしっかり押さえてはります

こういう風に紹介すると
なんとなく、
やんちゃな胡散臭い遊び人のイメージもしないではありませんが
なかなかどうして、
この方、見かけによらず人助けが趣味のような人なのです


20070928210353.jpg
 ↑ヴィラのベッドルームは大変ゆったりとしています

バリのみならず
インドネシアでは政府…地方の役人から、
入管、税関、警察と全てに於いてワイロが横行しているのが現状です

おのずとバリに住む外国人にとって
どんなにこちらに正当性があっても通用しないことが起こりますので
ワイロで解決するか、コネのある強い人に動いてもらうのが
手っ取り早い解決策になるのです

特に警官は、検問などと称して
小遣い稼ぎをするのは、バリでは周知のとおり

まあ、免許が切れても走っているドライバーも
いっぱいいますので、
彼らも、検問で引っかかっても
それを1万(約130円)や2万ルピアの袖の下で見逃してもらえれば
免許更新に使うお金より割安だと考えるようです


ここは何となく上手いバランスの上で成り立っているものです


20070928210257.jpg
「Campung Cafe 」ヴィラのひろ~いリビング&バルコニー


バリに住む外国人にとって
MADEさんのような人が手助けしてくれると
大変心強いものです

お助けマンのような存在の彼を頼って
彼の携帯は頻繁に鳴ります

”警察や入管からイチャモンを付けられて困っている”のような問題から

「今度建てるレストランのデザインを頼まれて欲しい」

「テレビ買いたいのだけど、何を買ったらいい?」

「彼女ともめているんだけど、別れたほうがいいだろうか?」


そういう小さな相談事にまで、丁寧に応えてあげています
しかも、嬉しそうなのです

人からそういう風に頼られているのが
”自分の使命なのだ”そうです


私が知る限りでも、常に彼は”頼まれごと”に奔走していて、
少しも、じっとしていません
MADEさんの、身内は
「しゃ~ないなぁ…まあ、それがMADEの役割なんだろうね」
と言われます

私は時々こういった類の人達と出会います
彼らは、必ず

自分の持っている力は神様から貰ったもの
それを必要としている人がいれば、助けるのは当たり前
そして、それは、決してお金に代えてはいけないのです
その途端、神様から貰う力はなくなってしまうのです


と、話されます。


MADE さんの小さい頃の話に
とても興味深いものがありました

家はかなり貧しかったそうです

それでも彼の持つ何かが人と違ったようで、
村で子供が病気になると、
その家族から"MADEに来てほしい”と呼ばれます

おかあさんからも、その家に行くように言われます
それで彼は何をするかといえば、
”何もしないで”その病気の子の側に
朝から夕方までいっしょにいるのです


そのように村で子供達に何か問題があると
その家から彼は呼ばれるのです

何もしないで、ただそこにいるだけのために

その当時は
なぜ自分が呼ばれるのか、
なぜそこにいなければならないのか、
よく解らなかったそうです。

小学校の時から、学校の費用なども自分で稼ぎます
木彫りが得意で、毎日木彫りを作って売りに歩きます

彼の木彫りはよく売れるので
高校まで自分の力で通いました…とさ


学校でも友達が彼を頼って集まってきます

ようするに、
何か人とは違うオーラを持ち合わせていたのでしょうね

彼は現在建っている「Campung Cafe 」の場所に
とても惹かれていたそうです
…勿論その頃は見渡す限り渓谷だけでした…

この場所の、いつも同じ木の下で木彫りを作りながら

”いつかここにレストランを建てるのだ”
と夢想しながら過ごす時間が”最高に幸せ”だったそうです

そうやって夢を実現させた人

…勿論、彼の可能性を見込んで手助けした人達があってこそ、
今の彼があるのです

20070928212932.jpg


こういったカリスマ性を持った人には
おのずとたくさんの人が集まります

そして力を持った人達も
何故か吸い寄せられるように集まってくるのですね

人というのは面白いものです
どこが、どう違うのか解らないけど

彼らの言うように
やはり神様が選んで、与えた何かがあるのでしょうか
それを人のために役立てようと祈る心
そこに気負いがあったとしても、素晴らしいと思います


バリにいると、「誰かの役に立ちたい」
自分の力を惜しみなく差し出せる人に何度か出会います

そして私は何故か、
その人達の言葉を真っすぐに受け止める事ができるのです

彼らが神様の存在を真っすぐに信じているように



*満月の夜のメディテーションは次回に書きます



いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪



スポンサーサイト
【2007/09/28 22:26】 | 未分類 | コメント(2)
心が還れる家
ウブドの近くにある
お米の生産と彫刻が主に行なわれている村に
その家はとても自然な姿で呼吸しながら佇んでいました

この村に足を踏み入れた時から、
優しい緑の空気に包まれたような安らぎを覚えました

20070920221004.jpg



ウブドの街中は、
年々モダンなレストランやホテルやバンガローや
オシャレなお店が増えてきて、
どこもかしこもぎゅうぎゅう詰めに店が連なっています

狭い道路に、車やバイクがお構いなしに停められて
昼間は車や人の往来も激しいので、
時々息が詰まるような圧迫感を感じます

しかし、そう悲観ばかりではありません
店やホテルが乱立して、
賑やかに変わっていくのは、街中に集中している気がします


ちょっと横道を通り抜けて
車で10分も走れば、まだまだバリの変わらない昔の風景があります

ウブドの街中からこんなに近いのに、
なんて風が爽やかなんだろう
温かみのある土と木々の匂い
柔らかな緑溢れる庭に包まれるように咲く、
落ち着いた色合いの花々

そんな空間に
自然の中に溶け込むようにシンプルな家々が佇んでいる
”ハウスビレッジ”がありました

20070920221033.jpg



バリスタイルに、日本的な禅の趣を加えたデザイン
目の前に広がる爽やかなライスフィールドの景色

20070920221105.jpg



勿論お店もレストランも何もありません

この空間をデザインしたのは

自給自足・自然を生かした建築学を基本として
様々な分野に活躍の場を拡げる
イギリス生まれの建築家「Tony S. Gwilliam」氏

Tony氏のプロフィールのなかで

以前、バリのライスフィールドの中の小さなバンガローで泊まっていました
月を見たり、虫の声を聞いたり、葉や木がこすれあう音の中で
自分自身の本質というものを感じ、
とても幸せな気持ちになりました。
太陽や雨からは保護されているが、
宇宙の中にいることが実感できる場所だと思いました


その時に感じた”幸せな空間”
を家にしたいと思ったそうです

それは、自然を生かした、 ”心が還れる家”

20070920221138.jpg


無駄なものを省いた、シンプルな生き方
しかし
”人生の美”や”アート”を求める人が住める家

物理的なことからの開放が、
精神的な心地よさに繋がるということを
住む人に感じて欲しい

それが彼の創る家のテーマーです

20070920221205.jpg
↑キッチンも昔の”日本の台所”を思わせます


ロケーション選びも慎重に行なわれます
土地開拓を行うことはせず
バリの美しい自然を
破壊しないような場所を選んでいます
20070920221250.jpg


また、地元の人から土地を奪わないように
土地は購入しないで、借地という形をとっています

地元の人々を含めてのコミュニティーがあっての
「ハウスビレッジ」なのですから
ハウススタッフも全員この村の出身です


飽和状態になって、ひしめく街中に憂いていたら

バリの自然と人間に優しい目を注ぎ
自分のアートを融合させている人がいたんだ…と
救われる思いがありました

20070920221224.jpg
↑しかし、この「寝室」シンプル過ぎ?だって窓に戸がないのですよ…こわいな~ぁ~~

”家”という器(うつわ)が
私達住む者の”体”と同じなのだと思いました

土地を選んで、素材を選んで、
そしてその周囲のエコシステム(生態系)といったものを感じて
自分の生き方を、その器と共生させていくものなのだと…

”家”も、そのなかに”住むもの”も
自然という宇宙と一緒に
ゆっくり呼吸したいですから


20070920221319.jpg


ああ、そんな家に”住みた~~~~い”
…でも住めるかなぁ~?…結構勇気いりますね



いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪





【2007/09/20 22:43】 | 未分類 | コメント(9)
ウブドあたりの借家事情
人は時々…老後は暖かい南の島で暮らそうか…な~んて、ふっと思うこともあるのでは

バリが好きで、何度もバリへ来たことのある人なら

バリへ1度しか来たことがない人も

バリへ1度も来たことのない人も

…バリなら物価も安いし
年金で悠々自適に暮らせるんじゃないかな~


と考えた事がある人も多いのでは


しかし「物価の安いバリ」

最近は物を買っても、
食事をしても「わぁ~~やすぅ!」と感激する事が少なくなりました

”日本とあまり変わらへんなぁ~~~”と
思う事がしばしばです

ウブドの有名レストラン…といっても決して高級レストランではないランクで
バリの代表料理
ナシチャンプルも、ひと昔前は(5年ほど前)
12,000ルピア位(160円)だったのが
今では28,000ルピア位(370円)になっています
20070912201618.jpg
↑「カフェ・ワヤン」のナシ・チャンプル


ケーキだって以前は8,000ルピアだったのが
現在は大きさも小ぶりになって28,000ルピア…高すぎですね

「物価の安いバリ」は、もう神話化しつつあるのです

それでもバリの人達は
びっくりするくらい
安いお給料で家族が食べているわけだし

余談ですが、
バリでは車や携帯や電気製品など
彼らの所得からすれば、べらぼうに高いものなのです

それなのに
お給料1万5千円くらいの人が
2万円くらいの携帯を持っています


車となると、ガタガタ中古でさえ
(日本だったら”お願い貰って!”…と頼まれるくらいの代物)
4~50万円します。
なかには200~300万円位の車だって走っていますし

それらの車が、年々すごい勢いで増えています

バリの平均所得を考えると
みんな、どうしてあんな高いものが買えるのか…
バリ・ミステリーのひとつ

と横道に逸れた話を元に戻して

外国人の行くレストランは別として

現地の人達の行く”ワルン”…大衆食堂…
ナシチャンプルなら
まだまだ6,000~10,000ルピア までで食べられますから   ↓これです!
20070912201646.jpg
↑…得体の知れないものが、ゴチャゴチャ入っていますが、メチャうまい!のです


バリの人達と同じレベルまではできないとしても

ワルンなんかを間に挟めば
外国人にとっては、結構安上がりな生活はできます

ちなみによく受ける質問ですが
「バリで暮らして行こうと思ったら、
1ケ月だいたいどのくらいあれば生活できますか?」って

私はまだ腰を下ろして生活していないので
何ともいえませんが、
バリで生活している日本人の人達から聞くのは

1ケ月、部屋代も含め4~6万円だそうです。
その場合の部屋は、
”簡単なアパートのような部屋ですが
食事は結構いいもの食べてますよ”って


先日、
”ウブド辺りの借家事情はどんなんかなぁ~~”
ちょっと見てきました

隣に大家さんの家がありまして、
素朴で優しそうな娘さんが案内してくれました

20070912201730.jpg
↑ 1階のリビング 

20070912201751.jpg
 ↑ リビングからベランダを…このベランダが1階の入り口になります

では、お2階にご案内いたします

20070912201907.jpg
 ↑2階のバルコニーでございます

20070912201812.jpg
 ↑お2階のバルコニーから下の庭を眺めた景色です

20070912201832.jpg
 ↑2階から表通りを眺めたらこんな感じ


写真だけを見ると、
「いいなぁ~」と思っている方も多いかもしれませんが、
実際はかなり傷んでいましたし、
あちこっち修復しなければならない箇所はいっぱいあります

お風呂場と台所、写真撮り忘れましたが、
かなりひどいものでした…よ!

でも私がえらい気に入ったのは、この庭↓

20070912201950.jpg
 入り口の門を入ると左に、東屋

20070912201933.jpg
↑右には池

どうです!東屋があってスイミングプールにでもなりそうな池まであるのです

まあ、この敷地でこの庭付きで、この環境で
月家賃5万円なら、上等か?
ですが

ずーっとバリに滞在する人ならそう問題でもありませんが
日本とバリを行ったり来たりする人なら
留守の間、家を管理してくれる人を雇わなければなりません。


後はセキュリティーの問題です
外国人の家は結構泥棒に狙われやすいそうですから


よく吠える犬でも飼ったほうがいいでしょうね
neko.jpg





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪



【2007/09/12 20:46】 | 未分類 | コメント(8)
”いい人”になった気分
バリにいると
自分がとても”愛想のよい人間”になっていくように思います


それはバリの人々が
人懐っこい笑顔で
話しかけてくれるからでもありますね

「笑顔」というのは、閉じ込めた心を
自然に開かせてくれる特効薬みたい


バリでは、家のなかに閉じこもっている人は殆どいません
みんな表に出て談笑していることが多いです

娯楽の少ないバリでは
人々の楽しみはおしゃべり
そして冗談

彼らの口からよく出てくる言葉は

「笑わないと病気になる」

「冗談を言わない人は早く年寄りになる」…ですって


私の定宿の「ニョマンカルサ・バンガロー」
…しょっちゅう出てくる名前ですね…
の通りを挟んで向かい側に
「クブク・イン」というバンガローがありました
20070904224248.jpg
↑「クブク・イン」の門…この入り口私のお気に入りでした
         でも今はもうありません


このバンガロー結構ユニークで
広がる田園のなかにポツン、ポツンと
木々に囲まれるように部屋が点在していました
20070904224349.jpg
  ↑看板の上には”お供え物”が 凝ってますね

入り口から各部屋に続く田んぼのあぜ道や敷地内には
五百羅漢のよな石像やユニークな木像を建て並ばせて
一種独特の雰囲気をかもし出していました
20070904224414.jpg



以前この部屋に泊まってみようかと
部屋を案内してもらったのですが
なんともいえない怖さがあって、
泊まる勇気がもてませんでした…

バリでは時々あるんですね…言うに言われぬ怖さが漂う部屋
別に何かが見えるわけではないのですが、
ゾクゾク怖いんです…ブルブル~~~


しかし「クブク・イン」の持つ
装飾や雰囲気に惹かれ、
周りを散歩するのを結構気に入っていたのですが


いつの間にやら取り壊されていました
『急成長を遂げた…テガルサリ』が買い取ったようです

すごい勢いです”テガル・サリ”…

名残を惜しんで、足を踏み入れてみたら

「クブク・イン」の姿は跡形もなくなっていましたが
20070904224313.jpg
↑石像たちの残骸が無造作に集められて…ちょっと淋しい気分 大丈夫かなぁ~”バチ”があたりませんように!

その代わり、たくさんの男性が土にまみれて働いています

普通は、こういう工事現場の中を通る時って
邪魔しているようで、気が引けるものですが
そこはバリ
バリという所は
どこへ行ってもそこにいる人達から
敵意に満ちた視線を受けた事はありません

客人に対して
”居づらく”なるような空気を発信しないんですね

それはすごいことです…よね! 

20070904224647.jpg
↑村で出会ったお百姓さんのご夫婦もいい笑顔でした

「クブク・イン」の跡地で働く彼らは
人懐っこい笑顔を向けて、話しかけてきます

「どこ行くの~~?」

外から娯楽がやってきたみたいに
みんなワイワイと、私とシロをかまいたいようです

「あんたの犬?名前はなんていうの?
…へぇーー、”シロ”?」
 
「オーーーイ、シロ!シロ~~~!」

「足もと滑るから気をつけるんやで!」

…これは私に言っているんですよ、念のため…

更に、田んぼの方へ抜けるため
木戸を開けようとしたら
飛んできて、木戸を開けてくれます
…ほんとうにバリ人の男達は親切です…テリマカシィ!


みんな仕事の一息を入れたいみたいで、
なんだかんだと、ニコニコしながらかまってくれます

…バリの人達の仕事振りを見ていると
”こりゃ、何日もかかるわな~~”と思うほど
みんなちょっと働いては休み、休んでは働きまた休む…なのですぅー
見張ってないと大変…


それで働く彼等、あまりにもいい笑顔なので
カメラを向けると

「フォト?…(写真撮ってくれるの?)」
一瞬、土や泥で汚れた
自分の顔やシャツを気にするような素振りをするのですが

すぐに素敵な笑顔で周りの友達を

「オーイ、フォト!フォト!…フォトやで~~
写真撮ってくれるんやてぇ!おまえも来いや~~!」

と呼び寄せます
20070904224524.jpg



とてもいい笑顔を撮らせてくれて
私の方が、 「ありがとう!」なのに
彼らから先に「ありがとう!」と言ってくれました

20070904224551.jpg


バリの人達は写真を撮らせてもらったら
いつも彼らのほうから「ありがとう!」って言ってくれるのです
(写真をあげたわけでもないのに…ゴメン)
20070905002014.jpg


 「笑顔」「ありがとう」の二つを貰った
朝の散歩はとても幸せな気分になれました

不思議ですね!本当にそれだけで
自分が”いい人になった気分”になるんですね


20070904224622.jpg
↑”トウモロコシ売り”の青年も写真撮らせてもらったのに
         「ありがとう!」って言ってくれました


すでに新しい”テガル・サリ”の素敵な部屋が建っていました
20070904230225.jpg




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪



【2007/09/05 00:23】 | 未分類 | コメント(10)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。