スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
自然がくれる感動の舞台「レンボンガン島の夕陽」
夕陽は段々傾いていくのに、ワヤンもデワもまだお風呂に入っている!だって!

『ドリーム・ビーチ』から戻ってきてから
私たちは疲れているけど
ホテルのプールでひと泳ぎしようと、バシャバシャ遊んでいました

ヌサレンボガンプール


「ねぇ~みんな早くマンディ…(入浴のこと)しないとドリームビーチの夕陽に間に合わなくなるよ!」
と怒鳴りながら、先に部屋に戻る私に

「はいはい、分かりました。すぐに行きます」と言っていたのに

彼らは、また時間を忘れて遊びほうけていたみたいです

私だけが、ちゃんとマンディしていつでも出発よろしく
用意して待っているのに~~
コマンも鼻歌歌って湯船に浸かっています

「コマン!はやく、はやく」

ワヤンやデワやナカンの男部屋のドアも叩いて
「はやく、はやく

ナカンだけが飛び出してきて、

「ワヤンもデワもまだ時間かかるみたいです」って

「今からなら、もうドリームビーチまで車で行っている時間はないよね?
もう夕陽沈むよね?」 …とナカンに聞くと

「みんな出てくるのを待って、車手配してドリームビーチまで行っても
絶対時間はないですね…」 
と彼も困っています


ドリームビーチでの夕陽を楽しみにしていた私への気遣いが、よく感じられ
"Terima kasih !"…アリガトウね!

ここ「ヌサドゥア・ビーチ・リゾート」のホテルからも
夕陽が見える時期もあり、
ホテル内に「サンセットを眺めながらロマンティック・ディナー」の特別スペースが設けられていますが、
この時期は、夕陽が沈む場所が少しずれているため、
その特設席からでも、沈む夕陽は見えないということなのです

1620Villa_thumb.jpg
↑ホテル内には何箇所か夕陽を鑑賞できる、「サンセット・バルコニー」が海の上張り出すように設置されています

ナカンはホテルのスタッフに何か尋ねてくれています

それで、「いい場所があります。そこへ行きましょう

私は自分の部屋に戻りまだ服を着替えているコマンに
「ホテルの裏山に夕陽見に行くから、あとからおいでよ!
時間ないから先に行っているね!
ワヤンとデワにも、そう言ってね!」


と言い残して、ナカンの先導で、ホテルの裏道をどんどん歩いて西へ西へと向かいます

急ぎ足で15分ほど行くと、突然草原が広がり、

夕日を見る高台

放し飼いの牛の群れが戯れていて
子牛が草の上をじゃれるように走り回っている光景に

高台に牛


”わあ~~~~素晴らしいやん!”
先は断崖になって夕陽がまさに海の中へ下りて行こうとしているのです

そのまま道なき道を、草を踏み分けながら崖に向かって歩いていきます

崖っぷちを更に下へ降りていくと

現地の若者がふたり…男性同士で…同じように夕陽を見に来ていて、
ニコニコ笑顔を向けてくれて、目だけで”コンニチハ”と

…バリの人は、よくすれ違いざまに挨拶するときは
眉を一瞬上に上げ、あごを軽く突き上げて、親しげな無言で挨拶します…

私とナカンも
ごつごつした岩の上に、先客の彼らと並んで腰を掛けました

夕日1


最高の観覧席
うつくしい~~


隣の席の彼らも、私が感激しまくっているのを、嬉しそうに

「最近は雨季でレンボガン島でも夕方になると、よく雨が降ったり雲で覆われたりで、
こんな見事な夕陽は久し振りなんですよ」
 って話してくれました

私達は黙って、刻々と沈む夕日と移り変わる燃える空の色
この自然が演出してくれる最高の舞台に
心をすべて預けて、ただただ眺めていました


夕日その後

こんな美しい自然と向き合ったら、
言葉も、思考も何も要らない

この瞬間だけで、レンボガン島へ来た意味がありました


その後のナカンの愚痴さえなければ…




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓




スポンサーサイト
【2009/04/26 18:04】 | 未分類 | コメント(8)
地球は美しいよ”ドリーム・ビーチ”
ヌサ・レンボガン・リゾートを西南へ。
絶景、絶景!サーフポイントとして有名な
『ドリームビーチ』

小高い丘に自然で素朴な造りのバンガロー「CAFE PANDAN 」が建っています

ため息の出るほど素晴らしいコバルトブルーの海の色、
打ち寄せる白い波が白砂の上に透き通って見えるのです~~
ハァァァ~~~~なんと~~~


1月2006年画像ベスト 015


この絶景を眺める位置にスタンドバーが設けてあって、
フレッシュジュースがたまらなく美味しかった~~

どこまでも広がる青空と透明な海と白い砂、
入り江に盛り上がった緑の丘が絶妙なバランスでこの絶景をかもし出しています

ドリームランド庭から

無言が似合う
海の呼吸が身体のなかに流れ込み、私の鼓動と共鳴する

…な~んて、気取った”詩”がこころの中で奏でるのです

広いひろ~い敷地に、ポツンポツンとバンガローが建っています
庭を散歩ついでに、お部屋拝見させてもらいに

ドリームビーチバンガロー部屋

ドリームビーチ部屋の中
 ↑部屋の中は、至ってシンプルでナチュラル…室内のランプは暗そうな電球1個だけ


ドリームランドばるこにー
    ↑部屋のバルコニーはなかなか素朴でいい感じ

でもこんなに広い敷地なのにお客さんは誰もいません
バンガローの部屋は、それなりに南国情緒の雰囲気がとても自然と似合っていますが
もしひとりで宿泊する夜を想像すると、ちょっと怖い…かも

ドリームビーチバンガロー
↑バンガローが連なったエリア 別の敷地には違うタイプの部屋もあります

スタンド・バーの階上は展望レストランになっていて
まさに360度の空がひろがっています

海と空の境目の地平線がひとつに溶け合って
ああ、地球ってこんなに丸くって私たちを優しく包んでくれているんだ~

この世界の美しさに身震いです
”ドリーム・ビーチ”は素晴らしい


今日の夕陽はここで見よう!

陽気なようで寡黙なちょっと粋なお兄さんのバーテンダーに

「この上で夕日を見たら最高やろうね~」と言ったら

カウンターの中で、まるで音楽のように流れる動きをしながら
歌のようなステキな笑顔で、ひと言
バグース(サイコー!)…だって!

「よーし!夕日は絶対ここや!」と確信

席を予約して帰りました。

「OK,OK待ってるからね!」
と言ってくれていたのに、

結局は行けなかったのです…ゴメン!ザンネン!

ウブドへ帰ってからも、日本へ帰ってからも
”ドリーム・ビーチ”
脳裏に焼きついています

あの青いキラキラ光る海の色、心地よくそよぐ風

自然の持つ美しさは、何ものにも勝る癒しの薬
そんな天国のような”ドリーム・ビーチ


ビーチ






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓


【2009/04/19 10:28】 | 未分類 | コメント(0)
チュニガン島に足を踏み入れた!
ジュングッバトゥ村のはずれにある「マングローブの聖地」を後にしてから

マングローブ3


レンボンガン島のガイド兼ドライバーのワヤンさんに
「チュニガン島」へ行きたいのですが

とお願いしました

何かのガイドブックかに、
”「チュニガン島」にはとてもきれいなビーチがあるから、
そこでひと泳ぎするのもいいだろう


というようなことが書かれていたので、
よぉ~~し!そこで泳ごう!と密かに水着を付けてきたのです

「とてもきれいなビーチがあるそうだけど、他に何か見る所ある?」

「う~~ん、別に何もないですけど…」ちょっと困ったような返事

「島に渡るということは、またボートとかに乗るの?」

「いいえ、橋があって、それを渡ると「チュニガン島」へ行けますよ。
かんたん!

と言ってくれるので

「チュニガン島」へ向かってレンボンガン島の南部へドライブ

「チュニガン島」は
レンボガン島とペニダ島の間の小さな島で
吊り橋を渡って行き来できるのです


吊り橋

車を吊り橋の手前に止めて、みんなで歩いて渡りました

この橋錆びてるし、ガタガタだし汚いし~
歩くとギシギシ音がして、先を見たら遠いし、
下を見たら木の板に隙間があってその下の海が見えるし~
…しかも皆が渡るのでゆらゆら揺れてくれて
大丈夫かな~この吊り橋


昼下がりの暑い中辿り着いたときは、はあ~~疲れた!

「チュニガン島」
レンボガン島に面した側にしか道はなく、
島の殆どが木々に覆われています

渡りきった所に
飲み物やお菓子やちょっとした日用品も売っている、小さなワルンがありました

水やティーを買って店の人に尋ねます

村やきれいなビーチまで、どのくらいかかりますか?」

「歩いたら、30分位かかるかな~」

ひぇ~~まだここから30分!
遠いな~~と思いながら少し歩きます

椰子の林が続く、細い道をテクテクと歩きます

のどかな雰囲気。
宿泊施設や食堂とかお土産屋さんなどは、ないようです

レンボンガン島のガイド兼ドライバーのワヤンさんが
「べつに何もない」と言ったのも蘇り
みんなもダラダラしているし…なんか疲れてきたので、戻ろうか…
またあのなが~い橋渡らなあかんしな~~

『チュニガン島に足を踏み入れた!』
だけで満足することにして、
軟弱にも「チュニガン島探検」は挫折したのです

わたしらって、「何もないよ」って言われたら「何もない」と思うのが変ですね
そこには、その場所にしかない人々の生活や、
においや空気、何かの出会いだって…あるのにね…

母子


なんて思いながら、次の目的地
ガイド兼ドライバーのワヤンさん、お奨めのドリームビーチへ向かいました

いい響き「ドリームビーチ





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓



【2009/04/12 14:29】 | 未分類 | コメント(0)
短い時間の旅のなかにも、豊かな感動があります
レンボンガン島の旅が続いています

わたしたちは、ジュングッバトゥ村のはずれにある
「マングローブの林」のなかへ手漕ぎの小船に乗って、小さな旅に出ました

水面下で守られている生き物、また新たな生命が生まれる。
そんな自然の懐に包まれて繰り広げられる誕生と死が見えてくるようです

マングローブ1

その気配はあたり一面に静かな神秘と尊厳を漂わせた
「マングローブの聖地」

何億年もはるか遠い昔、
地球が生まれ、そして水と葉緑素の結合から生命の誕生が始まった
その頃の宇宙の息遣いが聴こえてくるようです


自然は複雑で神秘で壮大なのですね
暫しの間、そんな気分に浸っていました

マングローブ原始


マングローブの聖地から戻って、さあ、お昼ごはん!

到着場の側にちいさなワルンがあります
ナシゴレンとかミゴレンの簡単なものしかありませんが、
なかなか美味しい!それに景色もいい!

すぐ前は入り江になった静かな海面

マングローブ①

小さな女の子が水の中で何か見つけて、
それを小さな指に挟んで高く持ち上げながら
何か話しかけています…何を言っているのか聞こえませんが

それを私たちに見せたがっているようです

子供


水際ではその子のおかあさんが、引き上げた天草を足で踏みながら汚れを取っています
そんな光景を眺めながらのランチタイム

広がる青い空と海、静かな自然の音だけが聴こえて
あたりの空気を優しく包み込んでくれているようです

心地よい風が吹きぬけて、とても気持ちがいい

現実の世界からちょっと離れ
マングローブが生い茂る静寂の海面をほんの少し旅するだけで
原始の世界を想像したり、自然の息吹をすぐ側で感じながら
少しずつ心が解きほぐされていくのがわかります


旅って短い時間の中で、本当に驚くほどの感動をくれるんですね

極上の時間の流れに、とてもとても癒されました…よ

マングローブ&子供小




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓

【2009/04/05 14:07】 | 未分類 | コメント(0)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。