スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
サヌールにエールを!
久し振りにサヌールで小リゾートして、
サヌールの持つ空気がとても心地よかったので
サヌールについて少し紹介したいと思います

サヌールは1970年頃から、
高級ホテルが立ち並び、老舗リゾートとしての歴史が始まった場所です

白い砂浜、澄んだ青い海、波も静かで
とても穏やかな呼吸を持ったビーチなのです


タンジュンサリビーチ
  晴れた日の青空と、コバルトブルーの海、ゆったりリゾートを楽しむのには最高のビーチ


私は、「バリの芸能芸術の中心は”ウブド”」と思っていたのですが

サヌールも、かっては芸能の中心地として
外国人を魅了していたのですね

その昔1930年代(オランダ統治の時代から)、
南の海やオリエンタルな芸能に憧れた多くの欧米人がやってきて、
滞在した場所がサヌール
それでサヌールは、リゾート地として賑わっていきました

サヌール・ビーチ沿いのレストラン


しかし、ヌサ・ドゥアが大形リゾート地として開発されてから
観光客の殆どが、ヌサ・ドゥアやクタ周辺に集まるものですから、
サヌールからお客さんも少なくなり、お店も、なんかひっそりとして、
寂れたリゾート地という感もしないでもありませんが

サ塗る裏道の店
   ↑サヌールのビーチに抜ける裏道にもお土産屋さんが所狭しとびっしりですが、
    観光客はまばら…

最近のウブドの、ひしめき合ったお店や、
急激に増えだした車やバイク、建築ラッシュの騒がしさの中にいると
逆にサヌールの寂れたような景色に落ち着きを感じ、
私はとても気に入りました

サヌールの持つゆったりとした空気は
そのままそこにいる人たちにも反映されるようで
お店の人も、ガツガツしたところもなく、
値段交渉も穏やかに進められる感じがします

レストランも安くて、おしゃれで、おいしいお店が多いです

サヌール・カフェ・ジンバル

カフェ・ジンバル3

Cafe Batujimbar…ここは、バリの有名な食器「ジェンガラ」系統のカフェ
  このカフェで使われている食器は、ぜ~んぶ「ジェンガラ製」
  盛り付けも食器の使い方もとてもセンスがいいし、お料理も美味しい
  ランチやティタイムを、ゆったり過ごすのにはとても気持ちがいいです


ムヌット1
Lumut…さまざまな国のお料理が楽しめます
 日本語のメニューもあり、鉄火丼や、豚肉のしょうが焼き、などの和食メニューもあります
 化学調味料を一切使わず、塩分控えめというヘルシーなお料理を心がけているそうです
 私は「カレーセット」が超気に入りました
 店内のインテリアは、とても洗練されていて、ジャズやスタンダードの音楽が静かに流れ、
 雰囲気がよく、それで温かみもあって、サービスいいし、私は絶賛です

子供2


飛び込みで入ったレストランで晩ご飯を食べていると
マスクをかぶった子供達が、ガムランの音楽とともに踊りながら流れ込んできました
サヌールの村の、子供達の舞踏グループを支援するための寄付を集めて廻っていたのですね

レストランで子供

サヌールのレストランでは、夜ともなれば
バリ舞踊を披露しながら食事を楽しめるお店が結構あります

ここ数年観光客を取り戻そうとする意欲的な
「町おこし」への試みが感じられます

ガンバレ、ガンバレ”サヌール”



次回は今回泊まったホテルをご紹介します




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓




スポンサーサイト
【2009/06/28 13:49】 | 未分類 | コメント(4)
バリ・ミステリー…かな?
久し振りに”サヌール”で小リゾートして
嬉しかったものですから、
サヌールの記事を書こうと思っていたのですが…

その前に、「バリ・ミステリー?」最後の画像を披露


虫のお菓子


どうです!?

デルタ・デワタのスーパーマーケットで見つけて
”ギョ!”


友達と「これ、虫やんな~?」
「…え、えっ?まさか~こんなものお菓子にして売る?」
「かなんな~~」

見たくないけど…吸い寄せられて思わず”パシャ”

ワヤンに聞いたら、
「はい、葉っぱの裏とかについているあの小さな動物です…(動物違うで、虫ちゅうんやで

好きで食べる人いるんです」

だそうです…
「ミステリー」とまでは言わなくても
受けを狙っての商品ではなく、自然に普通にお菓子の棚に並んでいることに

”さすが、バリ”は摩訶不思議





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓




【2009/06/21 15:06】 | 未分類 | コメント(5)
バリ・ミステリー…今度は”傘”
前回の「ブサキ寺院を見つめる”目”」…ほどのものではないのですが

せっかく、デワさんが
私が喜ぶだろうと集めてくれていた

「バリ・ミステリー!」第2弾の画像!…と言っても、これでおしまいですが

霊峰アグン山にかかる”傘”

Gunung Agung

「ブサキ寺院を見つめる目」の映像を見た友達が

「宇宙のすることはすごいなあ!」と言いました

バリの人たちは
「神様からのメッセージ」と思うわけです

「空」は昔から「天」といいます
昔の人は、天から何かが降りてくるのを何度も何度も見たのでしょう

『目』『傘』を作る雲、宇宙が遊んでいるのか、神様が遊んでいるのか

想像を膨らますのは楽しいですね♪






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓





【2009/06/14 12:40】 | 未分類 | コメント(0)
”バリ・ミステリー”
デワが嬉しそうに

「きっと喜ぶと思います」
『バリ・ミステリー!』…すごいんです!
新聞にもテレビにも出たんです」


と言って、携帯の画像を見せてくれました

どれどれ・・・デワいつの間にこんないい携帯買ったの…とそっちにも気を取られながら
見せてくれた映像に

”ウソッ!””なに、これ!”

4月25日、ブサキのお寺で10年に一度の大きなお祭りが行われました
(ブサキ寺院ははバリの総本山)

ブサキ寺院でお祈りを済ませて、クルンクンへの帰り道、
車はすごい渋滞でノロノロ連なっている中
子供がお父さんの携帯を借りて退屈しのぎに空を撮影していたら…






自然現象の仕業だけではない気がします
やはり「神々の島バリ」ですから







いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓



*動画についてのお断り
画像をデワの携帯から私のパソコンにダウンロードまでは出来たのですが、
それを、私の技ではブログに取り込めなくって・・・
それで、なんと早くも、すでに出回っていたのです…You Tube
そこから拝借しました…
【2009/06/07 14:30】 | 未分類 | コメント(6)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。