スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
遅くなりましたが”Merry Chritmas!"
MERRY CHRITMAS!!

随分間の抜けたメリークリスマス!のご挨拶で…

バリへ来てから毎日忙しくブログもアップできず焦っておりました。

書きたいことはあっても、なかなかオンタイムで書けないのが歯がゆいですが、
まずは【ラグラグのクリスマス】のご報告です

別にたいしたことはありませんが、
例年通り、クリスマスは、みんなにご馳走でもと思って…

サヌールにできた新しい【ピザハット】へ行ってみることにしました

043 (400x300)


12月25日(土曜日)ラグラグ・オフィスを昼から閉めて
出かけました

日本ではクリスマスイブの24日に盛り上がりますが
こちらでは25日が本番です


042 (400x300)
     ↑デワ     ↑ワヤンドラ  ↑ワヤン   ↑デサ


嬉しそうなみんなの顔!私もオカン気分で嬉しいです


店内はとてもきれいで、活気に溢れています。
そらそうやね、ニューオープンのお店だからね。

044 (400x300)
↑サラダバーが殆どメイン

ルール違反だけど下にお皿を敷いて、てんこ盛りのサラダバーが2つ
手前はスープ

私はこれだけで十分お腹がいっぱいになります

045 (400x300)

大きなピザを頼んで、ひとりずつスパゲティーやラザニアなどをオーダーして

046 (400x300)


049 (400x300)

アイスクリームやホイップクリームの乗った甘い飲み物に
目を輝かせ



047 (400x300)


048 (400x300)

お腹がパンパンになるくらい食べられて
みんなで合計「Rp.492,000 」約¥4,600…安いですね!

私は夜中までお腹が張って苦しかったです。

ラグラグの皆もすっかりおじさんになったけど
無心に喜んでくれる姿を、皆様にもご報告できたかしら

ワヤンドラちゃんは、ピザはもう飽きたから今度は
ジンバランのイカンバカルにして欲しいと、彼にしては珍しい要求がありました


わかった!今度はイカン・バカルね(イカンは魚、バカルは焼くで、シーフード料理のことです)



スポンサーサイト
【2010/12/27 15:16】 | 未分類 | コメント(2)
デワと「マイケル・ジャクソン…THIS IS ITU」
デワさんが嬉しそうな顔をしてオフィスに入ってきました

dewa2.jpg




「昨夜ね、私の妹の店で店番していたら
日本人の女の人が、私の顔を見て

”私、どこかであなたの顔見たことあるわ~。。。。”と言うんです。

私はその人と会ったことないので、

”えっ、そうかな~~う~~ん、多分会った事ないと思いますよ”

と言ったんです
…だいたい、会った事のある日本人の女の人はちゃんと覚えている方なので…
(デワは好きなんです!日本人の女性が

それでもその人が、

”ううん…やっぱり…私、あなたの顔知っているもの!”
と言って一生懸命考えているんですね。

それで

”あっ、思い出した!
あなたの家火事になったでしょ!
そうだ!そうだ!ブログで見たんだ!”


それで…ああ~~

イツ子さんがそのことブログに書きましたね。
それで彼女は私の顔覚えていたんです!
すごいですね!

私は知らないのに、私を知っている人がいるんですね!
私は有名人みたいですね」


人のことネタにしてブログの記事にしているのに
そんなに喜んでくれるなんて…

デワの家がたいへん!…でした←この記事です

35歳にもなって、無邪気に喜ぶデワさん

デワ

デワはラグラグの仕事が終わってもモンキーフォレスト通りと
パダンテガルにお店を持つ妹のお店番をしにいくのです

感心ですね。。。疲れているのに…

IMG_2252.jpg
↑パダンテガルにある妹さんのお店。立っているのが妹のマデさん
もし通りかかったら、お店に立ち寄ってあげてください
「ラグラグから聞いてきた」と言えば20%ディスカウントしてくれるそうですよ
クオリティのいいシルバー製品です

IMG_2264.jpg
↑仲良しな、のん気な兄としっかり物の妹


ところで、話は変わりますが

デワと話していて、話題が
2009年6月25日に
急逝したマイケル・ジャクソンの話
になりまして、

デワが「彼の音楽とダンスがカッコイイし、大好きなんです」と言いまして

私も彼の音楽とダンスに非常な影響を受けた一人ですから

1495141838-this-michael-jackson_9-ee840.jpg



ロンドンで予定されていたコンサート
THIS IS ITのリハーサルとビハインド・ザ・シーンの映像を構成した
THIS IS IT映画を私も観にいったよ

DVDも持っている」と、デワに話したら

「えっ、イツ子さん、持っているんですか!?
今度バリへ来るとき、持ってきてもらえないですか?」


「いいけど…デワ、DVDデッキ持っているの?」

「はい、中古ですが、持っています」
と得意そうに話しますんで

「じゃあ、今度来るとき持って来てあげるね」

と約束して…

私は約束通り、日本から持ってきました
“THIS IS IT”

デワは大喜びで
「本当に持ってきてくれたのですね!
ありがとうございます!」


「私が日本へ帰るまでに返してくれたらいいしね」

あんなに楽しみにして喜んでいたデワさんですから、
数日後、

「デワ、どうだった…マイケルジャクソン?
かっこよかった?」

と聞いたら

「わたしのDVDデッキ、中古で買いましたので
ケーブルが1本しかないので、声は聞こえるのですが、
映像は写らないのです…」


。。。。やれやれ!

「ケーブル買うまで貸しておいてあげるから、ゆっくり見ていいよ」

dewaお供え







いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓

【2010/12/13 21:57】 | 未分類 | コメント(5)
ご近所さんの、プチヴィラ【Padi Prada…パディプラダ】
シロと散歩するコースには、以前の常宿【ニョマンカルサ】の中
それから表通りに出て、
そのお向かいの【Padi Prada…パディプラダ】の駐車場でもウロウロします

001 (400x300)


久し振りに会った【Padi Prada】の女性スタッフが

「あれ、シロなの?まあ~~すっかり年寄りになったわね~~」と声をかけてくれまして

そうかそうか…ということで立ち話をしていると

「ヴィラも少しリニュアルしたから、見てみない?」と誘ってくれたので
お邪魔してきました

以前からここは私のお気に入りのヴィラでしたし、
ラグラグからも何度かお客さんの利用もありましたが

お湯の問題や、ホスピタリティの不備などもあって、それ以降は利用しませんでした

女性スタッフの話では、
「今はすっかり改善されて大丈夫よ。それに新しい部屋もできたし…
またお客さんに紹介してね」


という事で・・・どれどれと

150 (400x300)
↑この場所では「お料理教室」や「体験ガムラン」も希望があれば行うそうです

入り口の門をくぐると、よく手入れされた庭とヴィラに続くかわいい小道
柔らかい太陽の光がキラキラ輝いて草花に降り注いでいる
そんな気持ちにさせてくれる空間は、前より生き生きして見えました

165 (400x300)

独立したコテージが5棟建っています(以前は3棟だった)

163 (400x300)


一番奥には田園風景と溶け込むようなプールが備わっています。

パディプラダプール

155 (400x300)

157 (700x525) (400x300)


室内は明るくとても清潔です。
天蓋付きベッド、バスルームなど
小綺麗にまとまっています。

151 (400x300)
寝ながら、田園が眺められるのはいいですね。

ライスフィールドに面した広々とした東屋で
お茶を飲みながら夕陽を眺めれば最高ですね


159 (400x300)
↑このプール横の端っこの部屋がお奨め

もともとはレストランが始まりで
”広がる田園風景を眺めながらお食事を”
が売り物でオープンしました。

最初の頃、時々ご飯を食べに行きましたが、あまり美味しくないなあ~
というのが感想でした。
そのせいか、繁盛しているふうには見えず
閑散とした雰囲気で、今にも潰れるんじゃないかと気になっていましが

最近は、団体のバスで来るグループ客にも利用されるようになって賑わっています

マネージャーが変わったのか、レストランにも活気が戻り
ヴィラも明るく清潔で、陽の光、爽やかな風、田園の緑も輝いて
自然との調和が生み出す空間は生まれ変わっていました

パディプラダ東屋


きっとこういうのんって、ヴィラの運営やサービスにも同様な面があるのでしょうね

美味しい食事を出す
宿泊客に気持ちよく過ごしてもらう

なんでも【手抜いたらアカン】ということですね



166 (400x300)


折角こんな素晴らしい風景と共存しているのに…合掌







いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓





【2010/12/05 13:52】 | 未分類 | コメント(2)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。