スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
日本人のすごい力を信じて
この度の東北地方太平洋沖地震により被害を
受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

3月11日の地震発生時、私は京都の伏見で大きな音楽を掛けての仕事中でしたので、
まったく気が付かず、
帰りの車のラジオで初めて知りました

帰宅してテレビを付けたら
信じられない光景が次から次へと…

私の回りは何も変らないのに

「夢とちがうの~~」「こんなひどいことがあるの~」

体が固まってそのままテレビの前から動けませんでした

津波のすさまじい威力、本当に怖い。
なにもかも一瞬にして奪ってしまう
家も車も人もなにもかも、培った歴史も、作り上げたものを全て奪われた人たち

それでも日本人ってすごい!
自らの危険も顧みず、必死で不眠不休で困難に立ち向かってくれている人たちもいます。

「家も車も船も失ったけど生きているだけでもいいよね」

と津波から逃れた人が言われました


毎日そんな映像を見て泣いてしまいますが
みんな想像できないほどの逆境の中で
すご~~くがんばってはるんです。

世界中の人が見守ってくれています。

日本人のすごさを信じて見守っています。

日本人は辛抱強いし、底力があるし、賢いし、素晴らしい技術も持っているし
世界に誇れる知能もあります。

そしてなんといっても優しさがあります。
弱い人に優しいし、助け合いの精神に満ち溢れています

きっと頑張れます。


いままでだってすごい困難を乗り越えてきたんだし。

バリの友達からもいっぱい心配のメールが来ています。

暫くバリの話は書けませんが、
みんなちょっとでも元気になりましょうね。











いつも読んで頂いてありがとうございます!
スポンサーサイト
【2011/03/15 23:20】 | 未分類 | コメント(2)
”足を洗ってもらって…ごめんなさい…”
前回に書いた「KENKO」のことですが、
扉を開けて服を着たまま、リクライニングのソファでマッサージが受けられる
これもなかなか手軽でいいもんです

スパにはスパのリラクゼーション感覚を味わえる良さがありますが

猫1

オイルを洗い流したり着替えたりが面倒なときは

入り口の扉を開いて
できますか?」
「できますよ」…
のように気軽に揉み解してもらう良さもいいものです。

スパのように、お姫様気分にしてくれたり
マッサージの後に出してくれる
温かいジンジャティやフルーツなどの上品なサービスはないけど

spa.jpg
↑ここは「KENKO」とは違います、こんなにきれいではないので~~

お世辞にもきれいとはいえない店内ですが
ローカルな雰囲気は、私には気楽でいい!
ちょっと強い目のマッサージが欲しい時も、お勧め。

腰が凝ってたので「KENKO]でフルボディ・マッサージを
受けましたら、まず足をお湯で温め洗ってくれました。
足の指を一本ずつ揉み解し、指の間も丁寧にツボを押していきます
ツボ押しの棒で、細かく震わすように刺激して
足の看板で謳っているように、さすがフットマッサージは丁寧でした。

KENKO.jpg


それから腰や背中も丹念揉みほぐし
手の指から腕、肩に首、最後にヘッドマッサージ
このヘッドマッサージがとてもいい。効きますね。

グイグイと男性の手でマッサージしてもらうと
背中や腰の凝っていた疲れが取れるんです
そうそう、そこ、そこ!…
欲しい所に欲しい力加減で、心得ている~~

”わぁ~~上手やんか~!”と小さな感動がありました

だらだらしてないし、余計なおしゃべりもしないし、
黙々としっかり仕事をこなしてくれているという満足感もあって

1時間:Rp.75,000(約700円)

これはいい!
パンパンに張っていた腰の疲れがすーっと取れましたね

ラグラグのドライバーのデワさん、

dewa2.jpg

長時間の運転をすると、足から腰に疲れが溜まってかわいそうなんです。
忙しいときは何日も長い時間運転しますので、
足の先から頭のてっぺんまで疲労が溜まって
特に足がガクガクしてくるそうです

ワヤンも朝から晩まで何日もガイドの仕事で忙しくなると
疲れが寝ても取れないと言いますんで

わやん

ご苦労様のご褒美に「よっしゃ、フルボディ・マッサージを奢ってあげよう!」

普通バリ人がこのようなマッサージ屋さんへ行く事はありませんが、
ワヤンもデワも
相当お疲れで「試してみたい」と楽しみにしていましたので

3人揃って「KENKO」のドアを開けましたら

「あれ~~~~!とワヤンがびっくり~~!

「隣の家のニョマンさんじゃないですか!
そうか~ニョマンさんの仕事場はここだったの?
へぇ~いつから働いているの?」



と、わいわい盛り上がりながら賑やかに話が弾んでいます。
ここは狭い空間にリクライニングの椅子が幾つも所狭しと並んで
ひしめき合ってマッサージ受けるので

「シッー!他のお客さんにうるさいでしょ」と。。。

私、ワヤン、デワと並んでマッサージ受けました。

ワヤンは隣の家の青年のニョマンさんに受けています。

始まるのも一緒なら、
ハイ表向き、ハイ座って、ハイおしまい!までぴったり3人一緒でした

終わった帰り道、ワヤンどうだった?と尋ねましたら、

「こんなマッサージは初めてです。
とても気持ちよかったのはいいのですが

隣の家の友達が私の足を洗ったでしょ…

なんか悪くって…恥ずかしくって…」

とても複雑な顔をしています

ギャニャールのマンクゥには怪我をした足をマッサージしてもらったり
首や肩をほぐしてもらったり、治療の一環としてマッサージ受ける事はあっても
Rp.75,000もするような旅行者用のマッサージも初めてなのに
しかもお隣の家の若者から足を洗われた事には、
どうも”心置きなくリラックス”できなかったようです

バリの人にしてみれば、
汚れた足を洗われるという行為は、

人間の上下や階級的な意味合いがあるのかもしれないですね

私達はスパなどで何度も経験しているし
だんだん人に足を洗ってもらうってことに、そう抵抗も感じず
客という立場で当たり前になっていましたが

ワヤンたちのように、そういう思いで
足を洗わせて”恥ずかしい”と感じる謙虚で優しい心は
いいなあ~~と、なんだか思いました


お供え ゆみから小





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓
【2011/03/07 23:14】 | 未分類 | コメント(0)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。