スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【ラマ・パラ・リゾート…Rama Phala Resort&Spa】ホテルレポートです
ウブドのプンゴセカン

カキャンの隣に新しくできたホテル

「Rama Phala Resort & Spa…ラマ・パラ 」

を見てきましたので…ご紹介(たまには、ちゃんとこんな仕事もしないと)

IMG_6274 (450x338)
↑向こうに見える通りは「プンゴセカン通り」です。
ひろ~いレセプションで、床はピカピカ

新しいから気持ちいいです

IMG_6301 (450x338)
↑「笑って 笑顔、笑顔」と言ったけど緊張しての笑顔でした
 レセプションは笑顔が大事なんだよ


IMG_6273 (450x338)
↑すこし高い位置のレセプションから見下ろしたホテルの庭とお部屋
ずーと奥まで続く広い敷地です

IMG_6300 (450x338)


IMG_6276 (338x450)
↑2階建てのファミリールーム

IMG_6280 (450x338)
↑敷地の中央にはレストラン


IMG_6281 (450x338)
↑レストランからの眺め


IMG_6282 (450x338)
↑その隣にはゆったりとしたスイミングプールが

IMG_6284 (450x338)
奥へ奥へと進むと、しっとり緑のオゾンに包まれた空間が
この眺めなんだかとても落ち着くんです

↓この景色がバルコニーから眺められるデラックス・ルーム

IMG_6287 (450x338)

清潔で広い室内、ツインベッドに手前にはエクストラベッドも置いてありますね。
そのくらいゆったりとしている部屋です。

IMG_6285 (450x338)
↑浴室&トイレも広くてステキですね。
半屋外のシャワーは木漏れ陽と緑の光を浴び、夜は星や月の光を浴びながら
いいな~~


IMG_6289 (450x338)
↑左のドアからは浴室へ、右の扉は部屋の入口

IMG_6290 (450x338)
↑バルコニーからの眺め

IMG_6291 (450x338)

小さなソファも備わってます。
なかなか充実した部屋でしょ


色々見た部屋の中でこのお部屋が一番良いかな~~

これは2階建てのデラックス・ルームの2階のツインベッドのお部屋です

IMG_6292 (450x338)
↑同じデラックスルームでも1階はキングサイズベッドルームになります

部屋の大きさは同じですが、すこしリビングのソファとか配置が違うくらいですね

IMG_6293 (450x338)

こういう細長い敷地のホテルでは、レセプションから遠いけど
やはり静かな落ち着きを得るには
緑豊かな奥のほうの部屋が【ウブドにいる】って感じがしていいですね。


IMG_6298 (450x338)

ホテルの敷地の一番奥に「スイートルーム…ベッドルーム」が2棟あります

「スイートルーム」は門があって、庭があって、庭にはガゼボもあります
プライベートが守られて、
ベッドルームは2階と1階にひとつずつ

2階にキングサイズベッドルーム
1階にツインベッドが備えられていますが
リビングルームがかなり広く取ってあるので、ベッドルームは両方こじんまりしていました。



部屋はまだ完成していないので、写真撮らない方がいいです
って、
ホテルのセールス・マネージャーのデサさんが恥ずかしそうに言いましたので、
撮りませんでした

IMG_6297 (350x263)
↑彼女うちの女性スタッフ【デサ】となんか雰囲気が似ている

顔や身のこなし、さっぱりとした話し方

なんだ~~聞くとデサと親戚で、デサの家の2軒隣

名前も一緒で、親戚なら似ていても不思議ではないですね

すっかり親近感を覚えました

IMG_6299 (338x450)

2階建てのファミリールームもお掃除中だったので
写真はなしです


IMG_6302 (450x338)
自転車のレンタルもしています

★デラックス・ルームは上と下の部屋合わせて26部屋
2階がツインベッドルームで
1階はキングサイズベッドです

各部屋の公示料金:150ドル++21%

★スィート・ルームは2棟で
敷地の一番奥に建っていて
門が備わっていて、小さな庭があります。そして東屋でリラックスできる空間があって
プライベートが守られている造りになっています

キングサイズベッドとツインベッドからなる「2ベッドルーム」になっています
4名様ご利用できます

★ファミリールーム 3棟
こちらも
キングサイズベッドとツインベッドからなる「2ベッドルーム」になっています
4名様ご利用できます



公示料金:235ドル++21%

上記の料金は一応の公示料金でもちろん割り引きありますので
結構リーズナブルな価格になりますよ


料金も室内もホテルの環境、空間
かなりお奨めのホテルです。

ウブドには最近こんな入り口は賑やかな表通りに面していますが
奥へ奥へとな~が~い敷地に部屋が点在するホテルも増えてきました

そのなかでも横幅の空間が広くて、
部屋と部屋の間に窮屈感がなく、明るく開放的な
【ラマ・パラ・リゾート】気持ちのいいホテルだと思います



お勧めは「デラックスルーム」の2階がGood


スポンサーサイト
【2012/01/28 17:59】 | 未分類 | コメント(0)
断水時の対策は…機械ひとつも、すんなりいかないバリの事情
ブレーカーが落ちて部屋の中が真っ暗
しかもお風呂に入っていた最中で
髪の毛も体もびしょびしょ

パニックしながらも

アグンさん、なんやて!直ったって!

あれだけ私が
「もう本当に大丈夫なん?
また機械が止まったらどうするの?」

と心配で聞いても

自信たっぷりで、

「もう大丈夫!」とアグンさん

「ほんとう?絶対?」と念を押しても

「絶対!」といったのに~~

3時間もかかって修理してこれかよ!



ひとりでぼやくぼやく!

もう夜なので、当然オフィスには誰もいないし
ワヤンはお客さんと遠いシドゥメンに行ったし
デワは実家のバングリだし
ドラちゃんは、カラガサム

頼みの綱は家が近所のプンゴセカンのデサだけ

IMG_6396 (400x300)


携帯の明かりを頼りに、デサに電話します
何回鳴らしても出てくれない

もう~~デサのアホ!!

急いで濡れた体に服を着て携帯の灯りを頼りに表に出ました

誰か知っている人はいなか、探します

というのはブレーカーがある場所がラグラグ・オフィスとお隣の
骨董品屋の【ボルネオ】さんの間の壁に取り付けてあって

IMG_6380 (300x400)


こんな狭くて汚いごみの山の中に入っていって(今度掃除しよう…
しかも私の手の届かない高い場所にあるものですから

IMG_6381 (400x300)


今までもヘヤードライヤー使ってヒューズ飛ばしたり

トースター使ってヒューズ飛ばした時も

ワヤンとかデワとかが、近所にいたのでブレーカー上げに来てもらって
助かりましたが。

IMG_6377 (400x300)
↑この電器湯沸し器も電力使うので、モーターとの組み合わせで更にヒートアップ

(しかし、難儀ですよね電力が1300キロワットの容量なので
すぐオーバーヒートしてしまいます。
これだけの店と部屋を使う場合は最低でも2000キロワット必要だそうです。
基本料金もグッと上がるそうですが)


…この件も次回考えよう…

とりあえず、表で誰かブレーカーあげてくれる人を探さないと

今はもう夜の10時です。


この近くは8時過ぎればほとんどのお店が閉まって、
夜は早くからひっそりします。

するとお向いのギャラリーの店員のマデ君
自分の車を使っての白タクの客探しにウロウロしていましたので

「マデ君、Help!Help!」

彼は飛んできてくれて、ブレーカーを上げてくれました。

彼は昼間でもラグラグのオフィスの前でもひっきりなしに

「タクシー!タクシー!トランスポート~~!」と呼び込みしています。

ラグラグだってトランスポートの業務しているのに~~~お構いなし

そのへんがバリ人の、のんきでおおらかな、いいところなのでしょうが…


IMG_6375 (400x300)
↑お客さんからもらった帽子がえらいお気に入りの「マデ君」です

もうその日はシャワー使わないで寝ましたよ

水道の蛇口ひねるのにも緊張です

その機械1ヶ月しか使っていないのにやっぱり粗悪品やった!

翌朝、声高らかに「機械交換する!」とデサたちに告げると

デサは「交換はできません。
新しいのをまた買うしかできません」
と言うのです


「どうして!?まだ1ヶ月しか使ってないのよ。
交換は当然でしょう!当たり前やん!」
と確信持って言うのですが

デサも自信たっぷりで

「バリでは保証がないので。
交換はできないの!」
と強く断言します

そんな訳ないやん!…と思うのですが

とりあえず新しいのに買い換えても良いので
これ以上この機械を使うわけにはいかない

それでこの機械をプレゼントしてくれたY子さんに、

【申し訳ないけど、交換できなくても、
新しいのに買い換えようと思いますが…】
と断りを入れようと電話したら

彼女からも第一声

「そんなん、交換は当然!
よっしゃ~!今からそっちへ行くわ。
それで、買った店まで文句言いに行くぞ!」


と、武士のように頼もしく駆けつけてくれました。



「折角好意でプレゼントしてもらったのに
こんなことで手を煩わせて迷惑かけて…」

とメチャ恐縮する私に

「いやぁ~~私なぁ~俄然テンション上がってきてな!
こういうことにメチャ張り切るねん!
おもろいやないの。さあ行こうぜ

デサちゃん、あんたもおいで。
機械の故障の経緯、何回も修理させてること、
今から行く機械買った店で説明してや

絶対換えさせてやる~~」
どこまでも頼もしいY子さん

彼女の車に3人乗って店まで、まっしぐら

店の前に車を停めて勢いよく車を降りたY子さん

「ちょっと待ってや。こういう時はタバコや。タバコ!」

サングラスはめて、タバコに火をつけて、この店の婆さんを威圧しようという魂胆
(何でも店主は婆さんだそうです)

しかし店主の婆さんY子さんを見て、青い顔で緊張しまくり…

「そんなん交換なんかできしません…
高いものやのに、うちが損しますやん…」


婆さんの小さい体は、もう逃げ腰。。。迫力満点のY子さんの勢いに圧倒されて
いつの間にか店の奥に身を隠してしまいました。

私とY子さん、ひとつ学びました。

デサのいう通り!

バリでは機械もんは保証なし。


もし保証書の付いた機械買っても、
修理にお金払わないと分かったら、
「今忙しいから、明日」
明日になれば「また明日」とかいって
修理にも来ない…そうです。。

どんなに新しい機械でも修理させればタダはない。

あきらめるしかない!

それでも、たやすくあきらめないY子さん

次のいターゲットは修理人の【アグンさん】


「それやったら修理したアグンを呼んで責任取らそう

そらそうやろう、最初の取り付け工事をしにきたのは
アグンやろ~~?

それやったら【アグン】に責任あるわ~~」


ところが修理人の【アグンさん】電話かけても

他の工事に出かけているので、今は行けないと言うのだそうです

今朝からずーと水は出ないし
このまま彼が来てくれるまで断水のまま待たねばなりません

「やっぱり先に新しい機械買うわ」という私に

気が治まらないY子さんデサに
「そのアグンはどこへ工事に行ってるんやろう。
デサちゃんアグンに電話して”どこにいるか”場所聞いてくれる。
それで私がそこまで迎えに行くからと言うてや!

まさかジャカルタへまでは行ってへんやろう!

バリの中やったらどこまでも行くぜ~~
逃がさへんで~~」


心強いねぇ~~

私も”ええ人”にプレゼントしてもらったわ~~

ラッキー

アフタケアーがすんばらしい!


結局1時間後、アグンさんがやってきてくれて

【ボルネオさん】と1本になっている水道のパイプとは別の
私の部屋だけに通っているパイプと繋げてくれました

それまでは、水道の蛇口をひねれば自動的にモーターが廻り、
水が出るようにしていましたが、
それをやめて
断水時だけモーターを使って、水が出るようにしてくれました




長くひっぱりましたが、
この「すったもんだ」結構面白かったです

それから、これからも、もしヒューズが飛んで
ブレーカーが落ちたら、

IMG_6374 (400x300)

夜は11時までウロウロしている
おむかいのお助けマン「マデ君」の携帯番号(エマージェンシー・ナンバー)も聞いたし
バッチリです!



Y子さん、ほんまにご苦労様でした

【2012/01/19 19:21】 | 未分類 | コメント(2)
バリの断水対策にはこれ!…でも機械もんは信用できない
前回の続きになりますが

断水時でも、水が使えるようにと
水を貯蔵しておく大きなタンクと

IMG_6376 (300x400)



その水を蛇口まで運ぶモーターを
バリに住むY子さんにプレゼントしてもらって
便利に水を使わせてもらっていたのですが、
そのモーターに問題発生

IMG_6378 (300x400)


モーターが動かないと水も出ないのです

一ヶ月もしないうちにモーターが動かないこと3回

その度に、その工事を担当してくれた
修理屋のアグンさんを呼びます


今回トイレに設置したモーターを狭いトイレの中にもぐって
点検しながら

”モーターを動かすと機械が熱くなって燃えるかも…”

と恐ろしいことを言うものですから

私たちは
”そりゃ、たいへん!
家事になったらえらいこっちゃ!
”…と

ドラちゃんが中の部品を買いに走りました。

そうこうしているうちに、
修理人のアグンさん

「部品も要らんわ。機械直ったわ~~
ほら、音も静かになったし…これで大丈夫」


そうは言われても、私はまだまだ心配だし

「今は直ったかもしれないけど、
さっきの焦げ臭い匂いはどうなん?
私は心配やわ~~使っている間に燃えたらどうするの?」


「大丈夫、大丈夫、燃えない燃えない。もう直ったから。ほら臭くないね」

と自信たっぷり


ドラちゃんが部品を買って帰ってきました。
彼は太っているので、顔から汗をびっしりかいて

「ドラちゃん、部品要らんのだって」

「えっ、もう買ったのに。Rp,100,000(約千円)もしたのに…(バリでは千円は大金)
じゃあ、返してきます」
とあっさり返品にまた走ります

私はこの修理、ぜんぜん信用していないしぃ~
また機械止まったらどうしよう…

複雑なことに、ラグラグに通っている水道のパイプは隣の
【ボルネオ】の店と1本になっています。


IMG_6382 (400x300)
↑お隣の店【ボルネオ】…インドネシアのアンティックな民芸品を多種揃えていて
人気のお店です

だからうちのモーターが止まって水が出なくなると
【ボルネオ】さんも水が出ません。

しかし、もし地域の断水があっても
うちのモーターが正常に作動していたら
【ボルネオ】さんも水の配水にありつけます

この度は、モーターのトラブルで
【ボルネオ】さんには、何回も水が出なくなるご迷惑をおかけしております

隣の【ボルネオ】の店主は優しい人で

「ごめんね、モーターが調子悪くて水が出ないんです
何回も迷惑かけて本当に申し訳ないです」と謝りに行っても

「ああ、大丈夫、大丈夫。心配しないで」

と笑顔で返してくれて
表に座ってのんびりしています

IMG_6379 (300x400)
↑【ボルネオ】の店主

そして、その夜のこと。

10時頃シャワーの最中に突然モーターが
大きな異常音を立てたかと思うと
ヒューズが飛んで真っ暗に


わぁ~~どうしよう
ほら、みてみぃ~~あの修理信用できないというたやろう





またすぐに続き書きますんで、お待ち下さい

【2012/01/15 15:45】 | 未分類 | コメント(2)
バリの断水対策には…これだ!
この間から私の部屋のお風呂問題でバタンバタンしておりまして、
仕事もそっちのけで、みんなを振り回しています

バリでは断水、停電は日常茶飯事

みんなは「ああ~~またか…」位で過ごしていますが

時には1日中水が出ないことも半日停電もありますし、

お葬式の行列が前の通りを通る時は
背の高いBADE(祠のような)が
電線にひっかかる恐れがあるということで
電気を停めてしまいます。

そうすると一日中電気が停まります

まあ、そんな感じで
バリの人はこういう環境には慣れていますが

私はトイレの水を流せない、シャワーが浴びられない

それいや~~!…困る~~!

と贅沢なもんですから、改善策は…と思うわけです

その話をバリ在住の日本人のお友達Y子さんに話したところ

彼女は、本当に考えられないほど親切な方で

私が日本にいる間にちゃんと水を溜める大きなタンクと

IMG_6376 (300x400)
存在感のある、真っ赤なタンク。

モーターで、そのタンクから配水できる装置を取り付けて置いて下さったのです

それは彼女からの好意でです

いい人でしょう~~

お陰さまで、私達は断水時でも安心して水が使えるようになったのと

それまでは、ご近所が水をよく使う時間帯には、チョロチョロしか出なかった水も
タンクとモーターのお陰で今は勢いよく出てくれるし、

たいへん便利になりました…感謝~~

しかし、使い出して1ヶ月もしないのに

モーターの音が異常音に変わってきて、
突然モーターが廻らない、
モーターが廻らないと、水も出ない

そういうことが頻繁に起きます

その度に、工事を担当した【アグン】という人を呼びまして
直してもらうこと3回

その日も修理に来た【アグン】さんに私は訴えます

「どうなん?
こんなに頻繁にモーターが止まるのは、
モーターに問題あるんちゃうの?

まだ1ヶ月もしてないのに~~

もともとこの機械が粗悪品ということでしょ?」


とぐちゃぐちゃ文句を言うわたくしに


「いやぁ、大丈夫。中にある自動装置の部品を換えれば問題ないよ」

と軽く流します。

私たちの感覚からすれば、
まだ新しい機械なのに不備があれば、当然業者は責任ある対応をするんだけど

こちらでは、”まあ、こんなこともありまっせ”くらいな対応

その部品はRp.100,000 (約¥1,000)

それでは、とドラちゃんが買いに走ります

IMG_6395 (400x300)
↑最近髭なんかはやして”おやつはカール”の麦藁帽のおっちゃんみたいね

ドラちゃんが戻ってくる前に、機械を触っていた【アグンさん】

「いや待てよ…

うーん、モーター動かしたら焦げ臭いね。
やっぱり新しい機械に換えたほうが良いよ」


IMG_6378 (300x400)


そしてモーターの外側に手を当てて

「う~~ん熱いな…」と言うもんですから

「えっ、そしたらどうなるの?」

「繰り返していたら機械が燃えるかもしれないね」

そんな恐ろしいことをあっさり口走ります

「それ怖いね~~!換えよう、換えよう!!
新しい機械に換えて頂戴!」


燃える…なんてえらいこっちゃです


「でもね…今ドラちゃん部品買いに行ってるね。
その部品買ったのに新しい機械と換えたら
その部品代もったいないよね?」


バリではRp.100,000(約1,000円)は大金です。

アグンさんもちょっと考えて、

「そうやな~ほんだら、やっぱり機械直そうか」

「えっ、どっちなん?!」

こういう時は、バリ人の頭の中よう分かりましぇ~~ん


話が長くて…続きはまたすぐに書きますのでお待ちを





【2012/01/11 23:04】 | 未分類 | コメント(2)
希望ある良い一年でありますように
明けましておめでとうございます。
皆様、新年をいかがお過ごしでしょうか。


ウブドの年明けは本降りの雨です。

昨晩のカウントダウンは王宮前でたくさんの花火が打ち上げられるのを
眺めながら友達といっしょに
新年を迎えました。


2日前から、夜ともなると
花火の音がひっきりなしに
鳴り続けていました。

花火はてっきりどこかの会社とか、団体とかが
認定を受けて打ち上げられているのかと思ったら
そのへんのガキどもが買ってきて
至る所で簡単に打ち上げているのにはびっくり

カウントダウン後は車で通っていても
すぐそばの道端でシュルシュルシュ~~~
パ~ン!パ~ン!とやるもんですから、危ないったらありゃしない

子供が簡単に買えるんだから安いのかな~~と思ったら

安いのでRp.2,000とか5,000(¥20~50)とかでも買えるし
大きいのだとRp.30,000(¥300)とかで売っていて

子供達はこの日ために花火を買うのを楽しみにしていて
親にねだります。

デサの子供もまだ8歳と5歳だけど
毎日"買って~~!買って~~!”と泣くんです…って

女の子はどうでもないけど、男の子はみんな欲しがる

線香花火のようなかわいいものなら安心ですが
打ち上げ花火ですからね

小さな腕に花火の筒を持ち上げてシュルシュル~~~パンパンですから
見ているほうは

”腕吹き飛ばさんよう気ぃつけや”

見ていると、一本の花火からは
4連発くらい飛び出すし、かなり大きな花火が空に広がり
とても子供の遊びの花火とは思えないりっぱなものです

しかし昨夜は
花火の音と、若者のバイクの音と奇声、
大きな音楽の音
騒がしさが明け方まで続いて寝させてくれなかった

今も眠い

まあ、ここはよその国

こういうお正月を楽しむのですから
受け入れな、しゃ~ないです


Happy New Year~~~

IMG_6323 (338x450)



今年もバリの人たちの生身の日常や
面白いお話を伝えられたらいいなあ~~


IMG_6371 (450x338)


と思っとります

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_6313 (450x338)



ウブドで出会った被災地の方々
今なお深い心の傷を、そしてまだまだ続く復興への道のりを歩まれながらも
少しでもバリで心の休息を、力のたくわえを、と
振り絞るように頑張っておられました

どうぞ希望ある良い一年でありますように

バリより皆様の幸せを心よりお祈りいたします


賀状 (450x338)



【2012/01/01 15:52】 | 未分類 | コメント(0)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。