スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【ヌサ・ペニダ】の呼吸するマングローブの森林と”余談”
 「ヌサ・ペニダトヨパケ港に上陸~~また来たよ~~


021 (400x300)
↑サヌールから30分。スピードボートへの乗り降りは
ズボンやスカートを膝上までまくりあげて、うまく波の引いた合間を見定め、
濡らさないように気をつけて乗り降りするんです


022 (400x300)

出迎えてくれたのはニョマンの弟さんですって。
弟のカトゥさんは、この「ヌサ・ペニダ」にお父さんとお母さん、
そして奥さんに二人の子供と一緒に住んでいます

(都会で遊んでいるニョマンのほうが若くみえるな~~)

あれニョマン末っ子じゃなかったの…

どうも私の勘違いだったようです

小さな船に乗り換えて、ニョマンのアレンジのお任せコースを

026 (400x300)


しかし、なんと海の水の澄んだ色
そう思うとバリ周辺の水の色は汚いね

魚がしゅるしゅる泳いでいるのが見えます

強い日差し、澄み渡った広がる青空に白い柔らかな雲が気持ちよく浮かんでいます

025 (400x300)
 ↑左に見えるのが「ヌサ・レンボンガン」右手の大きな島が「ヌサ・ペニダ」

Kyoto 017



ヌサ・ペニダとヌサ・レンボンガンの間に密集するマングロープの探検ツアー

033 (400x300)

もうひとつ勘違いしていたのは
 「マングローブ」っていうのは、植物の名前かと思っていましたが

「マングローブ」という名前がついた植物があるわけでなく、
熱帯や亜熱帯地域の河口など、満潮になると海水が満ちてくるところに生えている植物を
まとめて「マングローブ」と呼ぶそうです

マングローブの森には、いろいろなカニ、魚、貝、エビなどがすんでいて、
水鳥たちがえさをとったり、休む場所にもなっています。
マングローブは、いろいろな動物たちにとって大切な場所になっています

根が呼吸しているので、格別空気が澄み渡っている気がします



042 (400x300)


静寂と緑深い森林のなかを進んでいきます

「なんかアマゾンの密林にいるようね」といいますと

ニョマンも

「ほんとうですね、アマゾンのジャングルみたいですね」

あら、ニョマン、あんたアマゾンのジャングルって知ってんの?

…私も行ったことはないけど

調子よく相槌を打つニョマンは、バリ人とは思えない ま(間)を持っています

日本語が堪能とかいうレベルではなく
日本人のようにしゃべりますし
相槌もまるで日本人のような物言いで時々驚かされます。


日本に長くいたバリ人のなかでも断トツに日本人ぽい日本語が話せる人


余談ですが、

先日挙式をされる新郎新婦とそのご家族が来られて
私たちはそのお手伝いをさせてもらいました

wedding3pax.jpg
 海に浮かぶ美しいチャペルと美しいカップル。
 素晴らしい挙式でした



挙式の後のディナーパーティのメニューの説明をニョマンがします。

「あの~メインメニューなのですが

”アヒル””ベビーチキン”
のどちらかを選ぶのですが、どちらにされますか?」


お客さんは”アヒル”も”ベビーチキン”も初めて聞くようで

えっ!?アヒル?

まあ~アヒルのお料理なんてあるの?

それになんですってベビーチキン!?それなに?」
チキンの子供って、ことはまさか”ひよこ”じゃないわね~~?」


と笑いながらお客さんのその珍しいメニューに楽しそうです

ニョマンは

「いえ”ひよこ”ではなく、チキンの少年です」

とまじめな顔をして言うものですから

お客さんも大笑い

「まあ~チキンの少年!
将来もある、夢もあるでしょうにその少年

いただくのね」


みなさん笑いが収まらないけど

ニョマンはまたまじめな顔をして

「ところでChicken(チキンの色は何がいいですか?

赤?白?グリーンもありますが…」


更にお客さん

えっえっえ~~!??
色まであるの~~
白色に、グリーン?!…

どんなお料理なのかしら?イメージができないわ」


もう大変です。

ニョマンもこの皆さんの反応にきょとんとしてますんで…

私はなんか変だなあ~とフォローします

「にょまん、チキンに色つけるの?」

と聞きますと

「あれ~~ボク「Shiki(式)と言ったつもりだったけど…」

挙式


こんな日本語の達者なニョマンも

”さしすせそ”と”たちつてと”の発音は、やはりバリ人。苦手なんですね。

私もお客さんも「ああ~~挙式の時の椅子に掛けるカバーの色を聞いたのね」

と一安心。


まあ、余談ですが私はその時の会話を今でも思い出しては吹き出してしまいます



さて…と

048 (400x300)
ウイリアム・デフォー似の小船のキャプテンさんがボートを止めます

ボートを降りてなんだかジャングルの中を歩くようです


また続きを

スポンサーサイト
【2012/06/29 21:50】 | 未分類 | コメント(2)
また来たよ~~ニョマンの故郷…「ヌサ・ペニダ」
朝早く起きるというだけで、結構プレッシャーになるタイプの私

明日は6時に起きて、ウブドから遅くても7時には出発して
サヌールから8時に出るボートに乗らなければなりません。


前日デサに6時携帯にモーニングコールを頼みました
朝6時…普通の人にはそう早い時間じゃないですよね

朝早く起きなあかんと思うと何故か寝られない

ウトウトしだしたら

携帯が鳴ります…えっ!まだ5時やん

デサが間違って5時にモーニングコール

002 (400x300)


今日はみんなでニョマンの実家がある
「ヌサ・ペニダ」へ調査兼ねてちょっと慰安旅行に

ラグラグの半分スタッフのニョマンが
…体は半分こころは全部ラグラグにあると、ニョマンが言うんですから…

ま、そういうポジションです

047 (400x300)
 ↑左から「ニョマン」↑「ワヤン」↑「デサのダンナのネンガ」「デワ」



そのニョマンがなんか私に頼みたいようです

「今ドラちゃんと考えているんですが
ヌサ・ペニダのパッケージ作りたいのです

「これはボクの将来の夢なんですが…


ニョマンの事は以前のブログでも紹介した事ありますが


バリ島の東沖に浮かぶ超ナチュラルアイランド
「ヌサペニダ」出身で12歳のとき、ひとり島を抜け出してバリヘやってきました

その話は随分前にブログで書きました
   
是非読んでいただきたい話です【少年『ニョマン』の未来への脱出】



「ヌサ・ペニダ

は、まだまだ観光化が進んでいなくて

マリンスポーツやダイビングに日帰りで訪れる観光客はあっても
島に上陸してし滞在する旅行者は少ないのです

私が10年ほど前にヌサ・ペニダに滞在したときの印象は、
手付かずの自然がいっぱいあって、昔々のバリのように
やし林がどこまでも続いていました
その木陰には何匹もの牛がゆったりくつろいで

車もバイクも殆どなく
澄んだ空、澄んだ空気、…

でも同時に「人々の生活は貧しい」というイメージが強かったです・


ニョマンの話から、それは今も変わらないようです

「だから若者達は仕事を求めて他の島に出稼ぎに行きます

するとどうしても年寄りだけが残ってしまって
年老いたお父さんやお母さんだけでは畑仕事が大変なんです


ヌサ・ペニダは海はきれいだし、星もきれいで
空気もきれい
それにね…パワースポットがいっぱいあるんです

本当にいい所がいっぱいあるのに

まだまだ人に知られていないのが残念です」


それで村興しを将来の夢としている
ニョマンの思いに心動かされてよ~~し

ワクワクします、こういう話って…



以前のブログにも書きましたが

 『ヌサ・ペニダ』
その昔「流刑地」とされていた歴史を持っているのに伴い、
最高神が棲む「アグン山」のちょうど対峙する位置にあるので、
恐ろしい悪霊の棲み家という悲しい「烙印」も手伝って
人々はきびしい生活を強いられてきました


今回は、どこにも滅多に出かけないドラちゃんとデサと、
私とニョマンの4人で1泊2日の

「ヌサ・ペニダ調査と発掘の旅&慰安旅行」へでかけました

あれっ、ワヤンは?とご心配の方に…
ワヤンは私たちが戻った次の日に、自分達で作っている
”メディテーション・グループ”といっしょに「ヌサ・ペニダ」行くそうです。

だから今回はオフィスで留守番してくれていますテリマカシ!

デサに早くから起こされて、しっかり準備OKで
ニョマンもどらちゃんもすでにオフィス来て待っているのに

デサがやってこない

15分遅れでやってきたデサ

サヌールまで急いで車を飛ばします

サヌールから午前中は1時間おきにスピードボートが出航するのですが

011 (450x338) (400x300)


8時に乗るつもりのボートに間に合わず、
その次の9時のボートも役人達の貸切のため乗れなく

結局10時まで待つことに

017 (400x300)


これお客さんと一緒でなくって良かった…

デサが遅れたため、2時間もサヌールの港で待つことになったんですから

でもバリ人はえらい!

誰も責めず
、「デサは主婦だからね。出かけるのは大変だったね」
かばうのですからね。

デサも子供ができてから、こんなふうに家庭から離れる事は皆無でしたから
デサ楽しもうね~~~~



船酔いが心配な私は、
みんなが、朝ごはん食べているのもグッと我慢

015 (450x338) (400x300)


014 (400x300)
この人ラグラグの超まじめスタッフの「ドラちゃん」です。

”バリ人で「ドラちゃん」のような人は珍しい”とバリ人が言う位なんですから、
ほんと、まじめなんです。

毎朝必ず30分前には出勤
時計の針が1分でも5時前なら帰りません

殆ど休まず、お昼も絶対自分が先に休憩をとることはありません

しかも驚くのは生まれてから一度も家以外で寝たことがない
もちろんこういった旅行もしたことがない”

というのですから…

彼にはもっと外の世界を見てまわることが必要だと思いますね
まじめだけど、広がりに欠けてるんですね

004 (300x400)
仕事する時も、こういったレクレーションも同じ服装

彼のなかで”これも仕事なんだ”と言い聞かせての参加なんだと思う

楽しもうね、どらちゃん~~~

やっと出発



バリ人ばかりで満席です

静かな波の上をスピードボートが飛ぶように走る走る

019 (400x300)


どんどん水の色が澄んできます

わずか30分の船旅でトヨパケ港に到着しました

10年前この島を去るとき
”「ニョマン」と一緒にもう一度行ってみたい!”

と願った「ヌサ・ペニダ」

実現したよ!また来たよ~~お宅のニョマンと~~


20070410173343.jpg


続きます
【2012/06/22 22:47】 | 未分類 | コメント(12)
身体に優しい日本食のワルン【Warung Sopa】

ラグラグ・オフィスが閉まってから夕方

ひとりのんびりウブドの街中を散歩

バリに来てから毎日が忙しく疲れも溜まって
のどを痛めたり、目がいつも充血したりで本調子じゃなかったけど

今日はなんとなくすっきり…

ハヌマン通りをゆっくりのんびり散歩

友達とワイワイも楽しいけど、

ひとりで過ごす時間も、それはそれでなんだかホッとします

晩ご飯はどこで食べようか~~

そんなことでも、ひとりでゆっくり迷うのも楽しい

以前知り合いになったお客さんに教えてもらった

「日本食のワルンがあるので、一度一緒に行きませんか」

と誘ってもらっていたのを思い出して

確かハヌマン通りの東側に平行しているJL.SUGRIWA あたりだった気がします

時間はたっぷりあるから探しがてら陽が落ちて暗くなったローカル通りを入っていきます

009 (400x300)



おお、あったあった

【Warung Sopa】

007 (400x300)

まだできて2年位だそうで、
店内はかわいく清潔な雰囲気でワルンの持つイメージのとは違ったのでびっくり。

オーガニック&ベジタリアンカフェ一

001 (400x300)


カラフルなユニホームに真っ白な頭の三角巾も
とても清潔な感じがして
身体がバリの食べ物に疲れたとき、なんか安心して食べられるね。

002 (400x300)

ワルン・ソパ「ソパ」とは、スペイン語でスープのことなんだって

私は「ソバ」と聞き違っていたので、てっきり日本の「蕎麦」と思ったけど
そういえば看板のイメージマークはスープですね


003 (400x300)
Warung のように色んなおかずがあります

日本語と英語でメニューが書かれていて

和風と、スパニッシュの創作おかずが並んでいました。

きな粉がいっぱい入った「白和」とか「おからのドーナツ」
「ゴーヤのカレー」

このなかから4品選んで赤米のご飯が付いて
Rp.28,000 (約250円)

わたしは

「茄子のカレー」
「ひじきの春巻き」
「キムチ入りのロールキャベツ」
「豆腐の揚げ物」

を選びました。

とてもあっさりした味付けで、最近バリのきつい味付けの食事に弱くなった私には
ちょうどいい感じで

見た目に五穀米かとおもったけど、
赤米はちょっと硬くて、
パサパサ、ゴワゴワ感があって、
苦手な人もあるかもしれないけど…

日本では玄米を食べている私には抵抗はないですが、
まだ玄米の方が美味しいかな~~

まあ、身体にはいいやろう~~と


すっかり平らげてから、わぁ~~写真撮るのを忘れてた~~

006 (400x300)


子供が安心して遊べる柵付きのプレイスペースがカフェ一角に設けられて
大きな黒板やママゴトのちょっとしたおもちゃなども設けてありました
心遣いはこまやかです

でも私の座った場所のすぐ横でフランス人の小さな姉妹が
奇声をあげながら遊んでいるのには
ちょっと…”うるさ~~い!”と叫びたかったです。


004 (400x300)
                        ↑落ち着くっと思って選んだ席なのに…

本棚には日本の本が並んでいます

ひとりなので本を読みながら食べ物が来るのを待ちます

これはいい

ひとりでも何にもすることがない日、ぶらっとお茶しに行くのもいいかも…


008 (400x300)



毎週日曜日、オーガニック・サンデーマーケットを開いているそうです
採れたてオーガニック野菜や、手作り納豆、豆腐とか手作りお菓子など
結構色んなものが幅広く売られるそうです。




【2012/06/09 14:24】 | 未分類 | コメント(2)
夕暮れの美しい風景にであって
バリ島はもう乾季

毎日爽やかな気候に恵まれて


さらっとしているので日中でも汗をかかない
洗濯物も肌着だけで助かってる~~

連日きれいな夕日が空を染めて

今日は大好きな道を散歩しながら
 
夕暮れの美しい風景にであって

080 (400x300)


084 (400x300)


086 (300x400)

田園に映る椰子のシルエットは南国ならではの風景ですね

095 (300x400)


090 (300x400)


あと2日で満月みたい
【2012/06/03 20:16】 | 未分類 | コメント(0)
ここは陽気な”イタリア”【mamma mia}
美味しいピザのお店が出来たよ!
と聞いて誘ってもらったお友達と行ってきました

今年の4月に新しく出来たばかりの

小さな「イタリアン・レストラン」

【mamma mia】

【mamma mia】って
ギリシャの小さな島のホテル、「サマー・ナイト・シティ・タベルナ」を舞台とした母子家庭の物語を
ミュージカルにしたものだそうで
ABBAが歌ってヒットしたあの歌「マンマミーア

【mamma mia】

ラグラグ・オフィスからカキアン・バンガローの前を通って
もう少し行ったところを左にカーブを曲がった右手にあります

034_resize.jpg


陽気に話しかけてくるスタッフのTOM

039_resize.jpg

写真撮ってあげたら

「ちょっと待って…
これ私の息子。
いっしょに撮って」


”仕事しているのになに?パパ”…みたいな事を言っているような
ちょっと困った顔の息子を無理やり連れてきて
パパはご機嫌です

040_resize.jpg

「イタリア行ったことがあるか?」

と聞くので

「ないけど私はイタリアン・ムービーは大好き~~

”ニューシネマ・パラダイス”はだいだい好きな映画

TOMは喜んで
「おお~~トルナトーレ!」

と”ニューシネマ・パラダイス”の監督の名前を叫びました

お料理のお勧めは?

035_resize.jpg
                              このボードに書かれたのがお勧めだそうでそれを注文

038_resize.jpg
マンゴジュース、わぁ~~めちゃおいしい!!
               
石窯で焼いたピザもおいしい!

それにとても安いんです。

3人でジュース飲んで大きなピザとてんこ盛りのガーデンサラダ、そしてパスタ
 ひとり5万ルピア(450円)安いですね~~~

042 (400x300)

ニコニコ顔のオーナーのMr.FABIO

どう?美味しかった?

いろいろ話しかけてきます。

来年東京に【mamma mia】ができるそうです。

Mr.FABIO
「私はイタリア人だけど、日本が大好き
今から日本で仕事するのが楽しみ~~」

だそうです~~

チョコレート味に少しラム酒が入った食後酒をサービスで置いてくれて

私アルコールは飲めない!

と言ったけど

ほんの少しだからだいじょうぶ!

舌の先でちょろっとなめたらおいしかった

帰りに私が撮った写真を送ってね、と
メールアドレスを書いた紙を渡されたので、

後日送ってあげたら

とてもとても喜んでくれてさっそくあま~~い
お礼の返事

今度お店に来てくれたらSWEET KISSを、だって

陽気なイタリア映画が好きな私は
イタリアに入ったことがないけど

【mamma mia】

ほんの少しイタリアにいるような気持ちがしました



【2012/06/02 13:53】 | 未分類 | コメント(2)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。