スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
若者に夢を託して「ウブドに日本語学校」を
その日の朝、カデェ君から
働きながら高校へ通っていた頃の話を聞き
当たり前のように学校へ通える今の日本と比べて、
バリには、勉強したくても学校へ通えない子供達が
まだまだ多いんだな~改めて知った思いでした

そしてその日の夕方
シロを連れてモンキーフォレスト通りを散歩していた時

「すみません。その犬は貴方の犬ですか?」と、
まるで本を読むように日本語で話しかけてくる少年に出会いました

私も教科書のように
「ハイ、そうです。私の犬です」と答えます

「すみませんが、その犬の名前は…えーと、何という名前ですか?」

「シロです」

返事をすると、返事の内容は別に気に留めている風でもなく

「ところで、あなたはいつバリへ来ましたか?」

次から次へと覚えたての日本語、
勉強した記憶の引き出しを捜しながら、
知っている文章を使っての質問を繰り返してきます
いかにも私を練習台に使っているのが、まるわかり
そして「…この言葉は正しいですか?」と真剣そのもの

彼と話していると、ぞろぞろと他の切符売りの少年達も集まってきて
話の輪に入ってきます

彼らは中学生と高校生、学校へ行くためのお金を
バリ舞踏の入場券を売って稼いでいるのです


彼らは日本語を勉強したいのですが、
日本語学校も授業料が高くて、通えないので
テキストブックで毎日少しずつ覚えて、
日本人を見つけては話しかけて練習をしているのです

働きながら、必死で勉強したい!という意欲が伝わってきて
胸を打たれました


カデェ君といい、切符売りの少年たちといい
ここにもこんなに健気に生きている若者達がいる、というのを知っただけで
なんだか心が救われる思いでした

彼らのような若者に夢を託して
”よぉーっし!ウブドに日本語学校作るぞ!

切符売り
↑「切符売りの少年達

皆さん、もしバリ舞踏を観る機会があったら
街で声をかけてくる切符売りの少年達から買ってやってくださいね


別れ際、少年が
「貴方の犬に気をつけてください。
僕も賢くって大きな犬を飼っていたけど
犬を食べる人にさらわれて、サテにされてしまいました
と真剣な目で注意をしてくれました

ハイ、気をつけます!シロがサテにされたら”かなワン!”
切符売り&シロ
↑自分の大事にしていた犬をサテにされた、と話してくれた少年

*今まで、よくシロのことを、「サテにされないよう気をつけて」と
注意してくれた人がいたけど
本当に犬をサテにする人、そして食べる人がいるのだ 
その屋台を始めて見ました…犬好きな人は見ない方がいいです(下の画像)




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪























犬のサテ
↑犬のサテ屋


【2008/02/10 20:59】 | 未分類 | コメント(9)
<<信じるか、信じないか…でも本当の話 | ホーム | 早くから親離れして、自立していく子供達>>
コメント
ウブド(ニュークニン村)にはそうとう以前から日本語学校があります。宣伝してないから知らない人(ウブドの人でも)が大半です。
  語学学校 Maneko
場所は Puri Asri Villaの隣です。(滞在中、毎日通るのですが生徒を見たことがありません)
スカワティにも同じ学校があるとか。

エッこんな所に、こんなのが??? という発見がしょっちゅうですね。
【2008/02/11 13:48】 URL | よし #mQop/nM.[ 編集]
★よし様

 ニュークニンにある日本語学校今でもありますか?以前あったのは知っていますが、今は閉鎖だとラグラグのスタッフが言っていましたが…
それでうちのスタッフも勉強にデ゙ンパサールまで行っています

ラグラグのオフィスを営業時間終わったら開放したいな~と計画中です
何より皆が受けられる授業料にしないと…ね
【2008/02/11 21:39】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
MANEKOの建物は以前と変わりなく庭の掃除もされているので、テッキリまだ開いていると思い込んでおりました。
確かに生徒は見たことがないです。

日本語学校の需要は相当にありますが、問題はテキストと先生もさることながら生徒にあります。
僕の友人のマッサージ師がマッサージ技術を教えているのですが、前回習ったことをほとんど忘れて一からやり直し、の繰り返しだとコボしてました。 熱しやすく冷めやすい気質だからなあ。
【2008/02/11 21:57】 URL | よし #-[ 編集]
日本で、「勉強したい!」と思って学校に通っている学生は少ないのでしょうね。
実際、私も学生の頃はなんとな~く通っていただけだったと思います。大人になってからの方が、勉強したい気持ちが強いですね~。

日本語学校、素敵な案ですね。
学生の頃、日本語教師に憧れていたので興味津々です。
いつか、ラグラグのオフィスで若者たちが学ぶ日がくるのかな。

犬のサテのお話、びっくり!!
犬好きにはちょっとショッキング。
いつ子さん、シロを守ってくださいね~。
【2008/02/12 17:21】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★よし様

 デンパサールにある日本語学校へ行ったことがあります。バリ人の先生が手伝って欲しいと呼んでくれたのですが、皆熱心でした。
ただちょっとインドネシア語をかじった私では歯が立ちませんでした…教え方が難しいですね


★マチコさん

 お久し振りです。
マチコさん、日本語教師に憧れていたのですか?自分の国の言葉を学びたいと思う人たちに教えるって、嬉しい事です…
よくデワに日本語教えていたのですが、
全然覚えなくって、もうーあほ!っと思っていたけど、
日本語学校へ行ってからみるみる上達しましたよ。やっぱり教える流れがあるのですね

犬のサテ屋エグイでしょ!



 
【2008/02/12 18:54】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
あの~~~
シンガラジャの有名な食べ物は サテ・アンジンなのです...
道端にサテ屋さんが...

きっと、オーストラリア人が捕鯨を見て反対するのはこれと同じ反応なんだと思います。
同じ西洋人でもノルウェー人はそんなこと言いませんね。

ネコ好きのよし拝
【2008/02/12 20:01】 URL | よし #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/14 08:46】 | #[ 編集]
初めまして。
今日を持ちましてFC2Blogを始めましたモトキと申します。宜しくお願いします。
僕も去年社員旅行でバリへ行ったのですが、ウブドには足が運べず残念でした。

しかしまさか犬の「サテ」屋があるとは。。これは気をつけないとですね。また、僕も教育に興味があるのでラグラグ★いつ子さんがウブドで日本語学校を作るぞ!と思ったのはとても素敵なことだと思います。頑張ってくださいね!
【2008/02/14 16:06】 URL | モトキ #-[ 編集]
★よし様

 確か韓国でも犬を食べるのですね。
どの肉ならOKで、どの肉ならNo okかの線引きは難しいですが、
わたしの「シロ」も狙われるのは、おちおちしてられません!


★モトキさま

 始めまして。コメントありがとうございました。
モトキさんのブログにもお邪魔しました。

犬のサテ屋のお兄さん、豚や鶏やヤギのサテ屋とは雰囲気が違うのです。
一種独特の怪しげなムードで、
犬をさらって皮をはぐ…口笛なんか吹きながらそんな作業をしているのが目に浮かびそうです・・オエェ~~~
【2008/02/14 17:09】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。