スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
信じるか、信じないか…でも本当の話
「信じるか、信じないか…でも本当の話です」
会うなりワヤンが私に、真剣な顔で話し始めました

ワヤンの真剣な顔の奥には、私の反応を期待して、
ワクワク感もにじみ出ています

かくかくしかじか…ワヤンの話に
「へぇー!おもしろいやん!」

でもいつも”この手”の話を日常茶飯事的に話すワヤンですから
「それ、ホンマなん?」「またまた・・・」とやっぱり半信半疑な私に

「信じないですか?信じなくても結構ですよ」
ワヤン3
↑”この手の話”が好きなワヤン


えっ!今回はえらい強気なワヤン
その根拠は?

「だから言ったでしょ。信じるか、信じないか…でも本当の話だって。

私はテレビでも新聞でも見ましたし…
それにバリのみ~んなが知っている話ですからね」
と自信満々のワヤンさん

「そうか、それはスマンこっちゃ…じゃあその時の新聞ある?」
必死でその時の新聞を探すワヤンですが、
もう随分日が経っているので…苦労しているようです

その翌日…

「知り合いにも聞いたのですがその時の新聞は
見つけられませんでした…
どうですか、”それ”があった”そこへ”行ってみませんか?」

ということでわれら「ラグラグ特捜班」は現場へ向かう事にしました


その事が起こったのは昨年の10月2日の事
バリ中を”あっ!と驚かせたビッグニュース”でした


新聞にもテレビにも、そのニュースが報じられたということです


バリ島東部、
カランガサム地方、RENDANG村にある小学校の校庭の片隅から
それは起こりました


その学校のすぐ後ろには
バリ島最高峰の聖山、海抜3142mのアグン山がそびえ立っていて

静かで素朴な村の学校と学校を見守るように佇む母なるアグン山
絵に描いたような平和な風景に見えました
学校
↑事の始まりはこの学校の校庭から…赤い屋根が校舎です
   後ろにはアグン山がそびえ、とても気持ちのいい環境の学校

話の流れはこうです

午前9時頃、授業の間の遊び時間に
8歳の双子の姉妹が、ボール遊びをしていました
*双子の姉妹…J・ニコルソンの「シャイニング」の映画のように
なんだかミステリアスな雰囲気を盛り上げますね

転がっていったボールの先を追いかけていくと
道路に面した校庭の隅っこに”ぬいぐるみの人形”が落ちていました
ぬいぐるみ
↑画像の”ぬいぐるみ”はイメージだけ…問題の”それ”ではありません

当然、双子の姉妹は、その”ぬいぐるみ”を欲しいですね。

そして”それ”を拾おうと手を伸ばすと
ピョ~~ンと、”それ”はまるで生き物のように
飛び跳ねて少女の手をすり抜けます

姉妹は、更に”ぬいぐるみ”を捕まえようと追いかけます

近づくと”ピョン”手を伸ばすと”ピョン”
その度に”ぬいぐるみ”はピョン、ピョンとジャンプしながら
「不思議の国のアリス」に出てくるチョッキを着たウサギのように
少女達を誘い込むように先へ先へと…

”ぬいぐるみ”は道路をも飛び越えて
その先にある村のお寺に入っていきました
…ホンマかいな~~…と思うでしょ
外から寺
↑カジュマロの木に覆われたお寺。学校の前の道路の隔てた所にこのお寺があります

双子の少女達も後を追ってお寺の中へ
お寺全体


すると”ぬいぐるみ”は、なんと!
お寺の中にあるカジュマロ(菩提樹)の木
スルスルと上っていくではありませんか!

そして木のてっぺんまで登っていった”ぬいぐるみ”
木の上で石像に変わったのです
木
↑このカジュマロの木にスルスルと…

この時ふたりの少女は、初めてこの不思議な出来事に
気が付いたように、突然怖くなって
家に飛んで帰りました

「おとうさん、おとうさん、”あの人形”変!
木の上に登って石になったよ!」
真っ青な顔をしてお父さんに訴えます

彼女達のお父さんは「お坊さん」です

娘達から聞いた話しに半信半疑のまま
お父さんは娘達と一緒にお寺に出向きます

そして、双子の姉妹のお父さんである「お坊さん」
木の上に乗った不思議な物体を見ることになったのです


次回に続きます




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪




【2008/02/14 19:59】 | 未分類 | コメント(5)
<<その②信じるか、信じないか…でも本当の話 | ホーム | 若者に夢を託して「ウブドに日本語学校」を>>
コメント
すごい! 気になってしょうがなくて必死に読み入ってしまいました。一体どうだったのですか?早く教えてくださーい!

しかしワヤンさん、あのようなジェスチャーではなかなか信じられませんよー。笑
【2008/02/15 09:36】 URL | モトキ #-[ 編集]
うわぁ~、すごい気になる!!
ドキドキしながら読み進めましたよ~。

昨日、ちょうどワヤンさんとメールのやりとりをしていたので、
写真のワヤンさんの笑顔が恋しいです~^^
【2008/02/15 14:15】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★モトキさん

 コメントありがとうございました。
モトキさんは、いろんな国で生活されているのですね。バリのように、「こんな話」が日常茶飯事的に話される国って、ありましたか?

続き…ちょっと待ってくださいね♪


★マチコさん

 こんにちは。いつもワヤンやラグラグのこと気にかけて頂いて、感謝です。
ワヤンも、メールもらうたびに喜んでいますよ。

でもこの話の続き、先にワヤンに聞いてはダメですよ(笑)

じらせて申し訳ないですが、おマチくださいね
【2008/02/15 19:13】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
こんにちは。お久しぶりです。
でも、ブログはいつも楽しく拝見させていただいてます。
聞きました、このお話!昨年10月の時にワヤンさんから直接。
ラグラグオフィスで、妹と二人、顔を見合わせながら、へーすごいね!って感じで。
オフィスを出た後には、今のはこういう話だったよねって二人で確認。そして、やっぱりここではそういう事があるんだねって、普通に納得。
バリの魅力のひとつと思いました。
【2008/02/16 00:05】 URL | ふゆこ #-[ 編集]
★ふゆこさん

 お久し振りです!
先にワヤンから聞かれたのですね。
ほんとに、スゴイ!ですよね…バリって!
バリの人に「この話」を話すと、嬉しそうに
「そう、最近のビッグニュースですからね」
と言われました
そうか、”最近の”…だから、こんなニュースはしょっちゅうあるんだわ、
と改めて、やはりここには「次元の裂け目」があるんだって思いますね
【2008/02/16 16:56】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。