スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
その②信じるか、信じないか…でも本当の話
お寺の隅々まで知っている、お坊さんですから、
勿論聖なる木「カジュマロ…菩提樹」に異変があるのも一目で分かります


”それ”は木の上の高い所から時折、光を発しているのです
赤、黄色、白、黒と4色の光が木の上の物体の眼らしきものから放たれているのです

*新聞やテレビではそれを「石像」と報じられたそうですが、
お坊さんの話ではそれは「木像」で、神様の形を表していたそうです

それを見たお父さんである「お坊さん」は、腰を抜かさんばかりに驚きます
「これは一体何なんじゃ!!」
村中の人々、お坊さんもみんな集まります

まだ”この物体”が善しきものなのか、悪しきものなのか
分かりませんので
たくさんのお供え物を捧げて儀式が執り行い

村の中で一番偉いお坊さんが、その物体と交信します

お告げがありました

「木の上におられるのは、神様なり~~
世界で起こる、あらゆる災いや地球温暖化…と言われたかどうか分かりませんが…
などがもたらす天変地異を憂いて、バリを守るためにやってこられたのじゃ~~~

神様は木から降りたがっておられる。
”12時(正午)に二人の僧侶に迎えに来てもらいたい”

と神様からのお告げじゃ~~

しかし、気をつけねばならん。
神様の眼から発する光をまともに受けたら、われわれの眼は潰れるかもしれん
布を持って木に上がり、すぐに神様を包みなさい」


ふたりの選ばれたお坊さんが
神様を包むための布を持って木に登っていきます
木横撮り


…信じられます?大人がこの木の上に何の命綱も足場も使わず上ったのですよ

私達がウブドから”この不思議でありがた~~いお話”を聞くためにやってきた
と聞いて、
その時のお坊さんが、わざわざお寺に出向いてきてくれました

双子の姉妹のお父さんである「お坊さん」もやって来て下さって
その時の娘達の様子も詳しく話してくれました。

双子の娘達は、暫く熱を出して寝込んでいたそうですよ
…かわいそうにショックやったんやね!

私は「このカジュマロの木」を見上げて
”ぬいぐるみ”が、スルスルと木に登ったのも勿論不思議だけど
大の大人ふたりがあの高い木のてっぺんにある神様の所まで
足場も使わずに登ったことに、
「おどろ木、桃の木、カジュマロの木」…でして

私は質問します
「あの木に登っている時は、どんな感じでしたか?
何も使わずに登ったのですよね…怖くなかったのですか?」


お坊さんは、目を細めて
「ああ、あれはまるで夢の中にいるような気持ちだったのう~
怖くもないし、しんどいこともないし、
何かの力に後ろから押されるような感じで、なんとも幸せな気分じゃった」

とその時の情景を思い出しながら語ってくれました
お坊さんの説明
↑「そうじゃ、そうじゃ、あの上に神様がおられて…」と説明してくれる「双子の姉妹のお父さんであるお坊さん」

木の上から、二人のお坊さんに下ろしてもらった神様は
このカジュマロの木の前にある神殿に祀られました
神様の社

以前からこの村にある神殿は正面に観音扉があって
昼間はこのように南京錠で閉められています


神様を一目拝ませてもらおうと、大勢の人が昼夜を問わず訪れます
村でも24時間、交代で神様の警護にあたります

夜、お坊さん達が集まってお経を唱えるため
神殿の扉を開きました

すると神殿の中に祀られた神様に異変が起こりました

”ひとつ”だったはずの神様が”ふたつ”に増えているではありませんか

そしてその翌日はまた”ひとつ”に戻っています
ある時は、背が伸びたり、また小さくなったりと


お坊さんは言います
「これは神様が何か言いたいことがあるに違いない」と思っていた矢先の2日目の夜
大変な事が起こりました



あと1回続きます…
次回は「神様の写真」を一挙公開…お楽しみに


いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪


【2008/02/18 21:59】 | 未分類 | コメント(6)
<<その③信じるか、信じないか…「神様の写真」を公開 | ホーム | 信じるか、信じないか…でも本当の話>>
コメント
ぬぬぬ!奇怪現象ですね!
なんということなんでしょう。

ぬいぐるみから木像へ、そしてそれが二つになったり一つに戻ったり、背が伸びたり???

ありえなさそうな話だけど何か裏?理由?がありそうな感じでムズムズします。次の投稿楽しみにしていますね。
【2008/02/19 11:49】 URL | モトキ #-[ 編集]
これはね...(とジイサマが言いました)

神様があんたを試しているんじゃよ。
こ~~~んな不思議な話や あ~~~~んな怖い話
あんたが神様を信じているかどうか
それを試しておられるのじゃ。

不信心モノ、疑り深いヤツはこれでわかる。
そういうヤツを神様は相手にしないかって?
そ~~~んなこたあナイ!
不信心ものでも(だからこそ)神様は助けてくださる。
【2008/02/19 20:40】 URL | よし #-[ 編集]
ほんと~?と、チョビオと言いつつ見ておりました(笑)バリでは、起こりそうもない不思議なことが起きるのですね。ほんと、不思議。
大変なことってなんだろ~。
ワヤンさんに聞きたいのを、ぐっと我慢します。
【2008/02/19 22:30】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★モトキさん

 いつもコメント頂いてありがとうございます
話の続きを楽しみに待ってもらっていると思うと、がんばれます。
バリにいると「私の友達が…」という話が多いのですが、
今回は実際に体験されたお坊さんから話を聞いたので、私も興奮しましたよ


★よしさま

 いつも面白い切り口でコメント書いて頂いて
私も楽しんでいます。

「不信人モノ、疑い深いヤツ…」ドキッ!


★マチコさん

 チョビオさん!懐かしいお名前…お元気ですか? ほんま~~?と言いたいですよね。
お坊さんが言うんです「神様は今までで合計11回変化された」って・・・

マチコさん、まだダメですよ!ワヤンにこっそりは(笑)

 

【2008/02/19 23:09】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
ごぶさたしてます★mixiからやってきて、タイトルにおびえながら、、?でも興味しんしんと読ませていただきました。神様のちょこっと写真よりも、あの一個目の日記の聖山の写真の方がパワーが強くて、心臓バクバクしましたよ。すごいですね。
少し富士山に似た感じも受けました。
バリに行きたい思いを秘めつつ、楽しく読ませてもらってます^^
【2008/02/23 10:53】 URL | emi #-[ 編集]
★emiちゃん

 ひさしぶり!
emiちゃんが「神様の写真」見たかな、見てないかな…見てたら何か感じはったかな~と
思っていたところです…これって、すごい!以心伝心
でもアグン山(霊山)にパクパクe-265でしたか~
emiちゃんの感じるバロメーターの振り子の動き、これからも期待しています。
時々教えてね。興味深いです
【2008/02/23 16:10】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。