スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
上から降ってきた子猫
上から子猫が降ってきた

空から何かが降ってくるのは
聖書では黙示的な意味合いがある…とか


ミャーミャーと、どこからか子猫の鳴き声が聴こえてきました
無類の猫好きの私は、

どこにいるのかと鳴き声の聴こえるあたりを探します
オフィスの隅やソファのした?裏庭?…どうも違うようです
壁の向こうかな~表に出て隣の店に「猫いる?」と尋ねますが
お隣も「声は聴こえるけど、どこかしらね~」と…

突然オフィスの入り口の上からこの子が降ってきました
シロ&子猫

子猫1
↑今日は”愛らしいこの子”が主役です

2,3日前から天井裏をドタドタ、ガサガサ何かが走り回っている音がしていたのを
てっきりネズミが暴れているのだと思っていたら
子猫が生まれていたんだ~


はじめは不安そうに泣き続けていたけど
いつの間にか膝の上でスヤスヤ

膝からおろすと、まだ心もとない足取りで
フラフラしながら鳴き続けるので、
クッションで囲ってやると少し安心して眠ります
子猫ソファの奥


それでも温もりが欲しいようで
私とコマンが交代で膝の上に載せて
「オ~ヨチヨチ…」と可愛い侵入者にオフィスの中が和みます
シロ&子猫近く
↑シロも小さなこの子が、どうも気になるようです…優しい眼差しで
「表に出たら、あぶないからね」と見守ります


コマンがミルク買ってきてくれましたが
まったく飲みません。
私達の膝の上で眠って過した子猫

夕方、オフィスを閉めるので…「どうしよう?」
オフィスの皆も、お隣さんも、
表に出したら車に轢かれるかもしれないし、かわいそうだから
宿に連れて行ってあげてと…うれしいand優しい事を言ってくれますので
ニョマンカルサに連れて帰ったのはいいのですが

ストローでミルクを注ぎ込んでも飲み込もうとしません
ミルクを浸したパンを、吸わそうとしても、ペッと吐き出します

お腹がすいて食べ物探している風でもなく
膝の上に乗せていれば、いつまでもスヤスヤ眠ったり、
じゃれたりと、とてもくつろいではります

すっかり私の膝の上が安住の場所になって
離れませんので
私も身動きができません

そのくせ2回も膝の上でおしっこされて…

翌朝、人間にもニョマンカルサにも、すっかり馴染んで
気持ち良さそうに朝の光を浴びてゴロゴロくつろいでいる子猫

ニョマンカルサで子猫
↑ニョマンカルサで朝を迎えて

オフィスにシロと子猫と同伴出勤
結局何も欲しがらず、飲まない、食べないので
夕方オフィスを閉めるとき、やはり親猫の側に戻れるよう
裏庭に放すことにしました

他の動物に襲われないかなぁ~と、心配もありますが、
ここは自然界の摂理に託して祈ることにしました

天井裏と繋がっているのは裏庭か表のシャッターの所だけですから
まあ、表より裏庭の方が安全でしょう

外に出した子猫
↑裏庭に放すと、怖がって部屋に必死で入ってこようとします

もう情が移って私も、つら~~い!
でもね、お母ちゃんのところへお帰り…

心を鬼にして裏の木戸を”パタン!”閉めます
…後ろ髪を引かれる思いで、みんなオフィスを出ます

翌朝、オフィスに行くと、無事返還されたようです。
天井裏から親子水入らずの声が聴こえてきました

淋しいけど、やれやれとホッとしていたら
その夜、また子猫が降ってきました

”えっ~~またなん”と拾い上げようとしますが

今度は違う子のようで
落ちた先で、仰向けでひっくり返ったまま、
お腹を見せて小さな体の全身の毛を”ハリセンボン”のように逆立て
爪をむき出し、口を開けて”フゥゥゥ~~~!ブワァァ~~~!!”
全身全霊で凄まじい拒否表示手さえも出させてくれません


昨日帰った子猫から、私達によくしてもらった話、
聞かされてなかったのかな~~





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪





【2008/03/14 22:05】 | 未分類 | コメント(6)
<<何にでも効く…「不思議なオイル」 | ホーム | 「アジア最高の高さを誇る橋、じゃなかった橋」…>>
コメント
シロ、食べませんか??

しかし、きゃわゆい!!きっとラグラグにいっぱい人を呼んでくれますよ!!

私、今年の秋バリ行きます!断言しときます。叶うように!!だからいっぱい頑張ります!!
【2008/03/15 01:42】 URL | モナコ #-[ 編集]
★モナコ王妃

 おひさしぶり!のコメントありがとう!
昨年はNY滞在記で、笑わせてもらいましたよ。
バリでは、猫も犬も自然のままがいいみたい。
あまり人間が介入しない方が、いいのかも…ということで、ラグラグの猫にはなりませんでした。

今年の秋!よっしゃ!私もバリの(モナコ妃を待っている人達に)『必ず、きはりますからね!』と断言しときます。大歓待うけますからね

【2008/03/15 15:48】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
猫ちゃん、何匹生まれたんやろね^^;
見るからに痩せているんやけど、しっかりお母ちゃんのおっぱいをもらって欲しいなぁ~^^

いっちゃん!前になぁ、コテージ見に行ったとき私といっちゃんの後をずぅっとついて来る猫がいたなぁ~^^
覚えてる?!
めっちゃ可愛かったv-283
思わず連れて帰りそうになったね(笑
【2008/03/15 23:08】 URL | バンバン #-[ 編集]
★バンバンさん

 バンバンへのコメントの返事
間違って「アジア最高の高さを誇る橋ではなかった…橋」の
記事のほうに入れてしまったので、そちらで読んでね。
【2008/03/16 00:00】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
か、かわいすぎますっ!!
うぅぅ~、やられました。
子猫はもちろんだけど、子猫を見守るシロの姿にもきゅい~んときちゃいました。
シロの散歩に行きたいね~なんて、チョビオと話していました^^ いつかシロに会いたいわ♪
【2008/03/17 12:03】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★マチコさん

 動物の赤ちゃんは、どれでもかわいいですね。んっ!どれでも…かな?
シロは本当は猫と鶏を見ると、
追い掛け回すほど、シロの天敵なのに、
私達が大事にしていると思うとちゃんと
保護者になるんですね…そこが動物といえども
すごい!とこですね。

次回は是非シロに会ってくださいね。
【2008/03/17 16:37】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。