スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
サラスワティ…知識と自由を与えてくれる女神
バリにいても日本にいても、日常の生活の中で
なにかとストレスもあるし、心穏やかでない事柄もあります
できたら小さい事にこだわらずバランスよく生きていたいと思うものです

そうは思っていても、なかなか自分の力だけでは
上手くコントロールできない時は、

魔法の風がそよ~っと吹いてくれたら、
上手く波に乗って漕ぎ出せるかも…


そんな願いに見合うお守りを
とマンクゥにご相談したら

縛っている心を自由に解き放つ純真の女神
「サラスワティ」
の絵を部屋に飾りなさいって

サラスワティは知識の神様です
人間の生活には知識がなくてはならない

「サラス」とは「流れ」をあらわすそうで

知識は水のごとく流れる、それは人間が成長するために
とても大事なことなのだ、と言われます


バリでは1年に一度「サラスワティ…教育の神様の日」があります

学生にとってとても大切な日で、この日は本を読んではいけません。
本は全部神棚に祀ります…本にも神様が宿っていると信じられています
学生はみんな正装をして学校でお祈りをして
また知性を司る場所である仕事場なども特別なお供え物をします。

「心を自由に解き放つ」…うん、これや!
…ということで、私は

マンクゥの呪文入りの絵を買いました
サラスワチ
↑マンクゥさんのこの絵は「サラスワティ…教育の女神」
4本の手をもち、それは「知恵」「献身」「創造」「瞑想」を象徴しています

マンクゥ
「アンタのいつも目に入る場所に置くんだよ」
と言われたので

いつもすぐそばで、見える場所に飾ってあります
そして妙に安らぎを感じるんです

それから、ちょっと余談ですが…
私が興味を持って「マジック」のことを色々と質問するので
マンクゥは時々、おもしろそうに、そして少し心配そうな顔で
「アンタがマジックの勉強したいなら、ワシは教えてあげるよ
しかし…”それ”の勉強が始まったら、絶対、誰にもその事を話しては、いかん

…アンタがワシと”それ”の修行をしとることが分かったら、
ある邪悪なものが、ワシとアンタに危害を加えにやってくる
それはとても”あぶない”ものなんじゃ」

と声を潜めて真剣な顔で言われました

こういう呪術師の世界には、
時には黒い呪術師からライバル視され、相手のスキや弱点を敏感にかぎつけ
戦いを挑んだり、巧妙に罠を仕掛けてくることがよくあるそうです
それで命を落とした修行者もいるとか~~~


えっ~~~!…しません!しません!…結構です

ある意味
「あまり軽々しく”マジック、マジック”と口走らんほうが、ええ」
と釘を刺されたとも言えるでしょうね

それから、みなさん
もしどこかのマンクゥ(バリアン)のところへ訪問された時、
マンクゥに向かって「バリアン」と呼ばないほうがいいみたい

『バリアン』=『魔術師』とは呪術を使ってそれを商売にしている人のことで
正確にはブラックマジックも使う人も含めた総称ですね


神様から力を貰って、人のため、世のために
ブラックマジックや悪と闘ってくれる人は
敬意こめて『マンクゥ』というのだそうです


まあ、私もそのへんは正直よく分かりません
マンクゥの絵1
↑これらのマジック画が、それぞれの悩みや必要とした人のために売られています
恋の成就、夫婦円満、無病息災、商売繁盛、学問成就


『マンクゥ』もお布施と称してお金を貰っているし、
絵も売るし・・・お金が介入すると、どうもスッキリしませんが

この”あいまい”がバリなんかな~~??

それでも、確かなのは、私はこのマンクゥの絵「サラスワティ」から
ゆるやかで心地よい魔法の風を感じるのです




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪




【2008/04/08 23:29】 | 未分類 | コメント(6)
<<バリの庶民の男達の娯楽は「目を洗う」 | ホーム | バリの神々と共生する聖画>>
コメント
ここ数日のいつ子さんのブログを読んで、
マンクゥさんに会ってみたくなりましたよ。

「そう言えば」と、思い出すバリでの出来事が
いくつかありました。

去年のお正月、
バリでお世話になった時の事です。
観光地で休憩して地べたに座る時、
ガイドブックをお尻に敷いたら、
ワヤンさんが一言。
「本にも神様がいますよ」

また、あの時、私だけ
ダイビングに行った日があったでしょう?
潜った後に、鼻の頭が黒くなったのです。
これまで他の土地では
そんな事は一切ありませんでした。
で、冗談交じりに、
「誰かにブラックマジックかけられたから
鼻が黒くなったー!」
と、仲間に言ったら、
それを聞いたワヤンさんの顔色が変りました。
「マジックなんて!
そんな事を軽はずみに言っては駄目です」

今、いつ子さんのブログを読んで、
「そうだったのかー」と頷いています。
私ったら、バリの人にとっては
極当たり前なタブーを
やらかしてしまったのですね。
今後は気を付けたいと思います。
【2008/04/09 00:50】 URL | しゃお #-[ 編集]
★しゃおさん

 しゃおさんからのコメントは、
私のブログの内容に補足して貰っているようで、
すごく嬉しい
しゃおさんもいろんな国を訪れてられうので、
それぞれの国で大切にしている事が違うんだな~と、興味深く見てこられたでしょう

私はバリばかり関わっていても、まだまだ理解していない事、戸惑いがあり、それがストレスになる事もあります…それでもバリの何にでも神様が宿る、宗教観は現代の物質社会に生きる
私達には大切な事…ですよね。
【2008/04/09 10:38】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
わぁぁぁあ!!!またきました!でも今日のパワーは気持ちいいパワーでしたよ!!!!^^
体を揺らされて、ブランコに乗ってるみたいでしたぁ。
【2008/04/11 00:51】 URL | EMI #-[ 編集]
★EMIちゃん

 EMIちゃんは、「絵」に反応するのですか?
写真にでも、ぐわぁぁ~~ん、するんだったっけ?
私もこの「サラスワティ」とは相性がいいみたいで、最近穏やかになってきたようです…歳のせいかも…
【2008/04/11 10:33】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
うーん。自分自身なにに反応してるのか、さっぱりよくわかりません。けど、おじぃちゃんの描く絵は、いつ見てもなんか来ますね。今日も見てみたら、またブランコに乗せられたみたいに体が揺れたので、「またかよぉ」って感じでした(笑)あーバリかなり行きたいです!^^
ほんと、ときどきこの不思議な体験に戸惑うんですが、いっちゃんさんのことばにかなり救われます。
ありがとうございます!
【2008/04/20 21:56】 URL | EMI #-[ 編集]
★EMIちゃん

 おじいちゃんの写真でも反応しましたね。
バリで実物に会った時は、どうだったのかな…
いつも自分を隠さず
感じる事をオープンにできるEMIちゃんの感性
とてもいいと思います
バリで瞑想すればきっと神様に会える人かも


 
【2008/04/22 21:16】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。