スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「スピリチュアル・ビジネス」がちょっとしたブーム
世界が不安定な時代にあるからなのでしょうか
どこででも
「スピリチュアル・ビジネス」が盛況なようですね

バリでも随分前から、欧米人たちによって
「スピリチュアル・センターやビレッジ」が設けられ
ヨガスタジオ


世界的に著名なヨガ導師を招いて
ホテルやセンターで
ストレスのコントロール、自己啓発や「オーラのなんちゃら」みたいなのやら
食事療法も取り入れた体質改善も含め
多種多様なプログラムをメニューに入れた集中トレーニングが開催されています

「10日間で生まれ変わる…パッケージ・コース」のようなものが
お一人様料金:1,700ドルなど…

なかなかの料金です

勿論参加しているのは欧米人のグループが殆どです
ヨガクラス


話は少々ずれますが
私も友達も「ヴィラならここがNO.1やねぇ~」とお気に入りのヴィラがありまして
(ウブド街中からちょっと遠いのが難ですが)
「Villa Montana]
素敵なヴィラですので、ついでに画像もご披露
ヴィラモンタナ・リビングから
↑ヴィラの入り口に足を踏み入れると”わぁぁぁ~~~”この絶景が飛び込んできます

そしてそのお隣に、殆どロケーションが同じの
「Villa Orchid」というヴィラがあります。

そのヴィラのオーナーが(ドイツ人だった?かな…50~60歳位でとてもいい笑顔の男性)
ヴィラオースティ
↑Villa Orchid

「私達は、今アフリカに本部をおいて「環境保護問題」に取り組んでいるんだけど
今度そのプロジェクトの本部をバリへ移すつもりでこのヴィラを建てたんだ

ほら、随所に瞑想のためのスペースを設けているだろう

このヴィラ全体が”平和と癒しの空間…メディテーション”なんだ」
って

彼はとても優しい言葉で話してくれ、
顔からは見るからに”毎日が幸せ~”が溢れていました
こういう顔になれる生き方には、すごく憧れました
yoga.jpg
↑Villa Orchid の部屋に続く小道

瞑想像
↑ヴィラの敷地には、このような瞑想を表すオブジェがあちこちに置かれています

最近は日本のガイドブックなどでも
「スパ」に並んで「ヨガ」「瞑想」の施設やヨガグッズの店が紹介されたり、
ちょっとしたブームになっています

バリ島にも外国人によってスピリチュアルな産業の波が
押し寄せてきている気がします

あちこちで「ヨガ&メディテーション」教室を見かけますが
滞在している外国人や観光客を対象にしているようで
レッスン料もなかなか高いのです


私は「瞑想」に興味があるのですが、
こういったものは習って身につくものなのか、
自分で極めるものなのか…ようわかりません

それでも欧米人が持ち込んだ「スピリチュアル・ビジネス」に乗るのは
なんだかねぇ~~
バリのマンクゥ達のように自然な形で
心の平安を得られたら、と思いますね


「ボディワークス」「ゴッド・ハンド」を持つと言われているグル(師)
「MR.KETUT ARSANAクトゥット・アルサナ氏」
5日に1回メディテーションの場を開いていることを知りました。

そしてそれは、誰でも参加できるというのです
料金は?と尋ねると…『お気持ちだけ』
ほぉ~~良心的やないの…

バリでは心や精神的なことに対する代価は「お気持ちだけ」が本来の形です
いわゆる「お布施」ですね


「クトゥット・アルサナ氏」は、バリでも有名なカリスマ・ヒーラー

次回はその「アルサナ氏」
メディテーションに参加した時の様子をご紹介します



いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪

【2008/04/18 20:28】 | 未分類 | コメント(5)
<<カリスマ・ヒーラー”アルサナ師のメディテーション”講座へ | ホーム | バリの庶民の男達の娯楽は「目を洗う」>>
コメント
いつ子さんとはホントに趣味が似てますなぁ~
Villa Orchid
ドイツ人のビラ、相当に北のはずれで足腰の弱い僕にはどうしようかと悩んじゃうロケーションですね。環境と不便さを天秤にかけて~

【2008/04/19 17:27】 URL | よし #-[ 編集]
★よしさん

 今ブログ読み直して「Villa Crhid」のオーナーがバリ人ではないこと書いておかないとアカンなぁ~と思ったのですが、
ハテ?何人だったっけ?ヨーロッパ人は覚えているのですが、オランダ人?ドイツ人??
「まあ、いいやオランダ人に」と長く悩んだ末
書き込んだら、よしさんから「ドイツ人のオーナー…」…アチャ!
すぐ書き直しました。ありがとうございます!
でもご存知だったのですね、あんな人里離れた場所にあるのに
【2008/04/19 17:46】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
Ubud Botanical Gardenのオーナーもドイツ人。

ドイツ人=ケチ というイメージを持っていたのですが、どうもそうではないようです(ポリポリ)
中途半端な安っぽいロスメンを開く外国人オーナーもいるかと思えば、このように趣味にのめりこむ方もいるのですね~
他人ごとながら商売としては成り立ってないのじゃ?と心配です。
【2008/04/19 21:16】 URL | よし #-[ 編集]
★よしさん

 隣のVilla Montanaご存知ですか?
前のオーナーはアメリカ人で、料金は良心的なのですが、言う事がコロコロ変わるので、私達右往左往させられました。
でも造りはVilla Orchidより気持ちいいです
【2008/04/20 21:07】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
MontanaはHPだけは知っています。
ただ非常によく似た名前で2つHPがあり(単語の並びが違う)、その一つ(水色のトップページ)の方を見てコリャイカンと判断したことがあります。場所がKerta村とあったりAyung河ぞいだとあったり、あげくにウブドまで20kmとあったり(笑)それではウブドのビラとは言えないじゃ~ん。
今思うと、どうも造りかけのサイトをそのままにしているんじゃないかと。
もう一つのHPは茶色のトップページです。
でもいつ子さんの写真がなければ行ってみようかという気にならんでしょうね、このHPじゃ。
(私はホームページ評論家になろうかしらん)
【2008/04/21 20:17】 URL | よし #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。