スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
最新ニュース!”あなたの携帯に気をつけて!”
今バリを震撼とさせている怖~い現象が密かに広がっています

先週の日曜日(5月11日)ラグラグのコマンのダンナのお義父さんから
コマンに電話がありました
コマン
↑コマンで~す

*コマンのお義父さんの話は以前紹介した事があります
彼はウブドから車で3時間、バリ西部ヌガラという所に住んでいます

チリリ~~ン、チリリ~~ン
…コマンの着メロは本当はそんな音ではないけど…

電話の向こうからお義父さんの深刻な声が

「コマン携帯を使うの、すぐに止めれや!
携帯で人が死ぬんじゃぞ!」


コマンは最初義父が何を言っているのか分かりません

「えっ!何ですか?お義父さん…
何のこと?」

お義父さんの声はかなり切羽詰った声で慌てています

「ジャワのBANYU WAGIという島におる
わしの友達が、携帯の電話で死んだんじゃ・・」

「えっ~~!それ、どういうこと?」とコマン

コマンはまだ義父の話の要点が分かりません

「話に寄ればじゃ…その友達がテレビを観ていたら
突然携帯が鳴ったそうじゃ、それで誰からか分からんけど
知らんと ”ハロー…”と
それを受けたとたん、死んじまったというんじゃ!

その電話からマジックを受けて死んでしまったんじゃ!」


お義父さんの話では
…その島では、
もうすでに同じように携帯から発信されたマジックによって
2人が死んでしまった、と言うのです

更にお義父さんは、
「実はヌガラでも一人死んだ人間がおっての…
村で大騒ぎになっとる
緊急会議で村の皆が集まって…わしは今その集会から帰ってきたところじゃ

コマン、いいか、よく聞くんじゃぞ
今すぐ電源切って明日の1時まで使こうたらアカンぞ。
村でも皆怖がって電話の電源切ってるんじゃ

携帯が鳴っても取ったらアカンぞ!
電源切るんじゃぞ!」

とお義父さんはコマンに何度も念を押したそうですが、
コマンは私に言うのです

「その時はね、私あまりその話を信じてなかったの
ほんとうかな~?って

そしたら今朝テレビを観てたら
お義父さんの話していた事がニュースでながれて…
もうびっくりしたわ!

それでテレビで言ってたけど

始めはジャカルタから発信されて
それが
スマトラ、シェラワシ、ニアス…インドネシアのあっちこっちの島にあっという間に広がったそうですよ
今はマレーシアまでマジックの電話の被害が出ているんですって

”携帯が危ないから、注意してください”
”変な電話は絶対取らないようにしてください”

て警告してたわ」

コマンはお義父さんからその話を聞いてから
初めてテレビで観て”本当だったんだ!”と知ったけど
そのニュースはすでに、2日前から新聞にも載って
周りではその話題で持ちきりになっていたようです

それで今その新聞の記事を探したら

ありました!

BALI DWIPA という

5月14日付けの新聞に
magic新聞
↑これがその記事…写真の女性もマジックの電話を受けた被害者で、
その時、体感した怖さを語っています

SMS"Pembunuh" …意味は「死のSMS」…
という見出しで
その事が掲載され、注意を呼びかけていました

新聞の記事によれば

 最初はジャカルタから「ILMU SANTE」という名前のブラック・マジックが
SMSと携帯から発信されたというのです

そして、それを知らずに携帯を手にしたとたん
強い電流が手から身体に流れ込み
失神してしまう


記事に寄れば
「NO.0866 またはNO.0666 の番号から
「ILMU SANTET」という名前のブラック・マジックが発信されている危険性があるので
「SMS」と携帯電話は絶対取らないように!


新聞


もし着信音が鳴ってSMSまたは電話を開いたら、
貴方は死の危険にさらされる
と書かれていました

ワヤンが
私の持っているシンプルな送受信だけの携帯は大丈夫だけど
「SMS」と「INFRA MERAH」というカメラつきの機種が危ない
といっています
携帯


そして新聞に
インドネシアの各島々
更にバリ島内でも
バングリ、ギャニャール、カラガサム、シガラジャなどの県で被害が出て
それを受けた人は失神だけの人や意識不明の重体の人
ヌガラでは志望者が1名、と被害情況が載っていました


中には電話受けたら
「今からお前は死ぬという声が聞こえ
そのまま痙攣を起こして倒れた人もいるそうです

確かこんなホラー映画あったよね!

バリ版「リング」なんかなぁ~~!
とよそ事みたいに私にはまだ実感がありませんが

バリの人達は、これを

『新種のテロリストだ!』


「無差別殺人も携帯で簡単にできるんか!」

「コンピューターも危ないんじゃないか」

と、いまやバリでも多くの人が携帯を持っている時代ですから
人々の間に不安が広がっています

バリという島は「神々と共に生きる人達の神聖なところ」です
でもそれと同時に人達が最も恐れているブラックマジックも共生しているのです

いまやテクノロジーの発達で、マジックも電波で送ってくるんですね
怖い世の中になりましたね~~~





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪

【2008/05/16 19:59】 | 未分類 | コメント(3)
<<ついに「ニョマンカルサ」も大改装に… | ホーム | 街に息苦しくなったら…エコツアー>>
コメント
信じられない本当の話なんですか?
電波で人を殺めることができるんでしょうか?
半信半疑ですみません。
でも とっても興味深いお話でした。
リンク 私も彷彿しましたよ。

先日は ご来店ありがとうございました。
土日は 夜入っているので またいらしてくださいね。
【2008/05/21 23:57】 URL | GO-YU #-[ 編集]
★GO-YUさん

 先日はお邪魔しました
久し振りの「肉!」でしたv-16

韓国映画にも「着信」とか、こんな映画じゃなかった…かな?(観てませんが、テレビで予告編みたような)
ねぇ、嘘みたいな話でしょ。
でも毎日、新聞に被害にあった人が
大きく写真載ってその時の様子を語っているのですよ

でもある人は、携帯の中のバッテリーに問題あって
ショートして電流漏れして、
心臓の弱いものはショック死したのでは…という意見も・・まだ解明されていませんが、
バリではこのような類の話が新聞テレビで、ドカドカ報じられます
面白いところやね
【2008/05/22 15:42】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
]halloo nyoman pa kabar ya semuanya di bali dwipa pak wayan salam ya dan semuanya
sandy japan
コンバンワ 元気ですか
【2009/01/16 19:10】 URL | sandy #6pnqBxUY[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。