スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ライチの木の中に”ジン(妖怪)”が棲んでいるって
私がバリと関わってかれこれ15年とチョット
そしてラグラグの彼らとの付き合いも
15年一緒にやってきました

バリでは、彼等だけではなく
それはそれは多くの人達と
繋がって、助けられて、
ラグラグも私も”今”があるというのが確かなことです
lagu2.jpg


しかしいつも順風満帆できた…とはいえませんし

何かと常に問題はあれやこれやと起こってきます

日本にいると、どんなに困ったことがあっても
占いや、その方面の人達に頼るという事は
しない方の私です…が

バリでは
バリ人の殆どの人達が
病気や困りごと、
大きな問題から小さな問題まで
占ったり、病気を治してくれる呪術師のような人達に相談する
という事が日常茶飯事的に行われていますもんでぇ~~


とりわけ、ワヤンという人は
…以前も書きましたが
まあ頻繁に家族がブラック・マジックにかけられたりしているようで…

家の中がゴタゴタしたりすると、
呪術師や特殊な力を持ったマンクゥの所へ
飛んでいくような人ですから
次から次へと”そういう手の人”を見つけてくる能力があるのですね


私が問題を抱えている時は
「すごい人がいるんです!
その人が手伝ってくれますから、一緒に行きましょう」…


そんな特殊な人を見つけてきては
私に逢わせたがるんです


ワヤンのお陰で私も今まで幾人かの
そういう特殊なパワーを持った人とお会いしましたが
私としては、
信じるとか、頼るとかだけではなく、
バリのそういう人達が発する独特の
優しさや包容力で勇気付けてくれる自然なパワーや
すこしも偉そばらない謙虚な生き方に出会える事が好きなんです



先日ワヤンの高校一年の長男のプトゥ君
友達のバイクの後ろに乗っていて
事故にあいました

友達はヘルメットをかぶっていたのでかすり傷ですみましたが
後部座席でノーヘルメットだったプトゥ君
頭を打って、足を怪我したそうです

お父さんのワヤンは
「足の骨が折れているかもしれないのです。
頭も強く打っているので、これから検査受けて異常はないか調べるのです」
wayanndewa.jpg
↑普段は二人揃って陽気な彼等ですが

息子の怪我が気になって、仕事も手につかない様子
Wayan,bigunn
↑悩むワヤンに、付き合いのいいデワも「ウ~~ン」

そこでワヤンは
息子を助けてくれる、特別な力を持った人がいないか、
人に尋ねて歩きます

以前も書きましたが

裕福でない人達にすれば、
医者や病院での医療費は彼らの生活費からすれば
べらぼうに高いので
「お気持ち」だけで診てくれるバリアン…呪術師や、
特殊な力を持った人の所へ行くほうが
手っ取り早いのですね

そこで見つけた特別の力を持った人

彼がワヤンの息子の足をマッサージで治してくれたというのです

なんとか、やれやれ…もつかの間

今度はワヤンもデワの運転するバイクの後に乗っていて
外国人が運転していた車が停車したかと思ったら
突然ドアが”バーン”と大きく開かれ
二人の乗ったバイクはそのドアにぶつけられて転倒
デワは無傷なのに
ワヤンは足に怪我をしました

更にワヤンのお父さんが、壁を修理する土台から落ちて
頭と足に怪我をしたのです

1ケ月の間に家族3人が同様の災難にあったということで

当然、ワヤンのこと、この災難の因果関係は
どこにあるのか、知りたいところです

息子プトゥ君の怪我を治してくれた
デンパサールに住む
特殊なパワーを持った彼に尋ねました

彼はワヤンに言ったそうです
「あなたの家の前に小さな川が流れていますね
その横に古い”ライチ(果物)”の木があるでしょう?」


ワヤンはびっくりしました!
だって彼はワヤンの家に一度も来たことがないのです
それなのに、家の前に川があることも
ライチの木があることも知っているのですから!
raichi.jpg
↑ライチの木

そして彼は言います
「そのライチの木はとても古い。
その木の中には”ジン(妖怪)”が棲んでいます

その”ジン”が悪さをするのです」



「”それ”がちょくちょくあなたの家族に災難をもたらしているので
その木を切りなさい
そしてお供え物をして丁重に儀式をしなさい」


と教えてくれたそうで、
ワヤンは半信半疑もありましたが
彼の言う通り、古いライチの木を切って儀式をしました
森と石造


この人は、どうも透視能力に長けた人のようで
バリの中でも超有名人だとか

ワヤンの話に寄れば
彼の名前は「カトゥト」さん
kato.jpg
↑透視能力のあるといわれる「カトゥト」さん…ごく普通の人でした

バリの大手テレビ局で雇われています
しかし彼の仕事は、毎日会社には出勤しなくてもいいのです
家にいるだけで
お給料をもらえるという役どころ

なぜなら、彼はそこにいなくても会社の中が
どうなっているのか、人達が何をしているのか、
誰が不正をしているのか、誰が正しいのかが分かるというのです
それを毎日、会社に報告するのが彼の仕事なのです

会社から彼の携帯に電話が入ります
「今日は、10時から会社で会議をします。
会議の中で、誰が嘘を言っていて、誰が本当の事を言っているのか
見ていてください」


彼はそれでお給料をもらっているのです

うっそぅ~~~~~~?
ねっ、信じられます~~?


それで私は彼に会いに…



いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪


【2008/06/15 15:38】 | 未分類 | コメント(7)
<<「ジン…妖怪」を手下にもつ、すごい人! | ホーム | 底辺で力強く生きる彼らがいるんです>>
コメント
あら、ワヤンさんとデワさんだわ♪
なんて思っていたら、ワヤンさんやご家族にそんな災難が・・・
大事に至らなくて本当によかったです。
ライチの木が災難をもたらしていたのですね。
ほ~、不思議だわ。
カトゥトさんのお仕事、すごいですね~。

【2008/06/16 17:26】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
カトゥさんのお写真、 誰かに似てるなあ

あっ、加藤久だっ!(僕の年齢がわかっちゃううう)

そう思いません?
【2008/06/16 20:49】 URL | よし #-[ 編集]
★マチコさん

 いつも素早いコメント、テリマカシです!
ワヤンの家族…色々ありますね!
夫婦仲もジェットコースターみたいですからね~(笑)

マチコさん、今度この「カトゥト」さんに逢いに
行かれたらどうですか?
彼に関して、まだブログで続きますから、
お楽しみに!…ちょっとすごいです
【2008/06/16 20:54】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
★よしさん

 えっ!加藤久って、誰です!?

…年齢が分かるほど過去の人ですか?
わからへんわ~~マジで
【2008/06/17 15:44】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
気になります~!
続きが~。
続きがー!
【2008/06/17 16:16】 URL | ヤキコ☆ #-[ 編集]
加藤久(ひさし)
30年前は読売クラブ(ベルディの前身)・清水エスパルスで選手をやり、その後ベルディ川崎の監督を一時やってました。
現在は京都パープルサンガの監督です。(弱っちいなあ)
http://www.sanga-fc.jp/club/profile/
選手のドマンナカで写ってるヒゲのオッサンがそうです。

それはともあれ、カトゥさんの話をききたい!
【2008/06/17 18:29】 URL | よし #-[ 編集]
★ヤキコさん

 この「カトゥト」さんの話期待していて~~
きっと逢いに行きたくなる…かも~かな?


★よしさん

 ご丁寧にヒゲのカトウさん,貼り付けて頂いて
ありがとうございました…すっきりしました!
気になっていたもんで。
「カトゥト」さんの話、結構引っ張りますので…
退屈しないよう、よろしくお願いします
【2008/06/19 09:41】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。