スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
命の恩人が残していった”一粒の飴”
前々回から紹介しています
特殊な力を持つ「カトゥさん」の話が続いています…

それで、最初に書きましたように…

何かと、あれやこれやと起こってくる、私達の問題の相談のため
私とワヤンとデワだけで、カトゥさんのお宅へ再訪問しました

その時、カトゥさんは色んな話をしてくれまして…

信じるか信じないかは別として
面白い話だったので、
ご紹介しますね


彼はバリ人でありながら、クリスチャンだったそうです


インドネシアはヒンドゥー教、仏教、キリスト教、イスラム教
この世界の4大宗教が
全部そろって共存している珍しい国です

バリの宗教は基本的にはバリ・ヒンドゥーですが 、
他島からの移住者も多いのでイスラム教もキリスト教もいます。
勿論圧倒的に多いのはヒンズー教徒

バリ島内のクリスチャンは7~8%だとか


それでぇ~~
カトゥさんが、
人とは違った自分の能力に始めて気が付いたのが
16~7歳の時でした
息子アップ
↑…「ちょうど彼くらいの歳だった…」とカトゥさんの長男のプトゥ君を指差して
自分が他の人とは違う事に気づきだした頃を振り返って話されました

カトゥさんの長男の「プトゥ君」
とても素敵な少年なんです…弟や近所の子供たちを、穏やかな笑顔で面倒を見ていました
彼から、それはそれは優しいオーラーが満ち溢れていて私は何枚も彼の写真を撮りました
息子と


カトゥさんがプトゥ君の歳くらいの頃、
周りに何となく違和感を覚えます
普通では見えないものが、ちらちら見えるのです

それは部屋の隅にうずくまっていたり
道の角を曲がった端っこに立っていたり
木々の狭間からこちらを見ていたり
人のすぐ後ろに隠れていたり
庭の隅に


それは人のようでもあり、確かに人ではないものでした


でもそれを周りに話すと変に思われるので、
自分でも気にしないようにしていたし、
信じないようにしていた、といいます

彼はどこにでもいる、やんちゃな高校生

女の子のマンディ(沐浴)を覗くのに竹の木に登ったり
…ここでも不思議な事に気が付きます

バリの竹は日本のものとは異なり、とても細いのです
それなのに、
自分がスルスルその上に登っていくことができたのだというのです…
竹アップ
↑バリの竹は、細くすんなりと伸びたものです

自分の気に入っている女の子が
ワルン(屋台)で他の男の子と親しくしているだけで
腹が立って、
ワルンのテーブルの足を紐で結んでその先を
バイクの後ろに結わえて発進させ
ワルンごとひっくり返した事もあったよ…て楽しそうに話されまして

そら、ワルいわ~~!

カップル屋台で
↑話とは関係ないけど、屋台でデートする高校生のカップル…イメージのために

ついでにワルンの裏側も↓
屋台
↑屋台の裏は、ワン公たちの溜まり場


カトゥさんの、何か特殊なものが見える力も
時には楽しいこともあったようです

その人は、ちゃんと服を着ているのに
服を透(トオ)して体が透けて見えるというのです
その人の体がどうなっているのか、時にはその人の抱えている病気も見えるときもあったって

女の子を見るとき…ほぉぉぉぉ~~~~~^^
楽しかった!って…笑わはるんです

その当時
彼はビジネスが大好きでしたから
高校卒業してから、海老の養殖をてがけます
それはとてもいい金儲けになったそうです

そして幸せな結婚もして…子供も儲けます

しかし、そう物事は何でも、うまくだけは運ばなかったようで
ある日、海老が全滅して、
多額の借金が残ってしまいました

日本円にすれば、700万円くらいだったようです

その事業の失敗で抱えた借金の解決策もなく、八方塞で
毎日がストレスと焦りの日々

そんなある日、彼は自動車事故を起こし
道を踏み外し崖の下に転落

意識をなくして倒れていたら
誰かが自分を助け出しているではありませんか

その人が言いました
「貴方には力がある
これからは人の役に立つ生き方をしなさい
貴方の力で人を助けなさい」


そして、こうも言いました

「貴方はいまからヒンズー教に改宗しなさい
そうすれば、貴方が持っている力が何のためのものか
分かるでしょう」…


そしてカトゥさんの手に一粒の飴 を手渡したのです

カトゥさんが目を覚ましたら、
グチャグチャに壊れた車がすぐ側にあり、
身体はあっちこっち痛かったけど、
どこも怪我はしていないので
驚きます

意識朦朧としている時
自分を助け出したのは誰なのだろう

あれは夢だったのだろうか…
そうだ夢にちがいない…

と思い直したとき
自分の手の中に一粒の飴が握られていました

えっ!そんな!…

カトゥさんは、話されました

「それでも、信じられない思いのまま、家に帰ってね
その一粒の飴を妻と子供と分け合って
食べたんだよ

そしたらそれはね…」


と暫く間をおいて、なんとも言われない幸せそうな顔をされて

甘かった    と

その数日後、カトゥさんは自分を救い出した人の正体を知って
腰を抜かすほど驚いた!…というのです


まだ続きます…ね…スンマセン






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪

【2008/06/26 00:21】 | 未分類 | コメント(7)
<<飴をくれた”インドの超人”…そして魔女ランダが | ホーム | 「ジン…妖怪」を手下にもつ、すごい人!>>
コメント
うわぁ~、気になる気になる!気になります~。
カトゥさんに会ってみたいわ。
でも、なんでもお見通し~はちょっと怖い気も・・・(笑)
プトゥくん、本当に優しいオーラが出てますね。
すごく優しい穏やかな笑顔♪
【2008/06/26 10:09】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
さぶいぼ出ました!
早く続きが知りたいです~~~~!!!
【2008/06/26 10:17】 URL | ヤキコ☆ #-[ 編集]
うっひゃー。
いいとこでコマーシャルに入られましたな。

そんな気分です。(笑)

プトゥくん、可愛いですね。
穏やかさが顔に出てますね。
【2008/06/26 13:12】 URL | しゃお #-[ 編集]
☆マチコさん

 今度バリへ行ったら、
カトゥさんに逢ってみてくださいな。
「私達夫婦はこれからどうでしょう?」って(笑)

プトゥ君優しさ写真からも感じますか?
カトゥさんの家にいる間
プトゥ君の動きに目を奪われたのですよ
”こんな優しくって素敵な少年…いまだ見たことない”…ってね


☆ヤキコさん

 「さぶいぼ」出して楽しんで頂いている!!
ありがとうぉ~~~!!

もうちょっと待ってね…でも信じられるかな~~




☆しゃおさん

 ごめんね。カトゥさんの話書き出すと長くなるもんで…どこでブレイクタイム入れようかと
思っていたら…気をもましますね

しかし、しゃおさんはいつも長文を一気に書かはるようですね
…私には真似できましぇん~~

プトゥ君の弟がまだ4歳くらいなんだけど、
これがやんちゃで、ごねると止まらない。
それをお兄ちゃんのプトゥ君がずっとニコニコして
面倒見てるんです
お風呂入れたり、飲み物与えたり、
その世話の仕方がたまらなく優しいの。
あんな少年の存在が奇跡のようでした

 
【2008/06/26 16:44】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
続き読みたい!!!!
しかし、ほんま凄い人やなぁ~v-237

今度バリに行ったら会ってみたいわぁ!
ちょっと怖い気もするけど^^;
【2008/06/27 01:40】 URL | バンバン #-[ 編集]
☆バンバンさん

 お久しゅ~ございます

ベニドリさんからダイジェストに聞いてる?

カトゥサン、凄い人なのに、普通の人。
そこが凄いとこです

物事の流れを何かが堰止めていることって、あるんや~って実感した気がします

バンバンも会ってみて!
【2008/06/27 11:28】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
私、プトゥー君がいいです!!
犯罪かしら......??
【2008/07/08 02:29】 URL | モナコ王妃 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。