スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
飴をくれた”インドの超人”…そして魔女ランダが
ひどい車の事故を起こした時
夢なのか現実なのか…

誰かがカトゥさんを救い出しました

その人はカトゥさんに
「あなたの力を人のために使いなさい」というメッセージを残して
一粒の飴を手渡しました

その飴をくれた人は…誰だったのか

カトゥさんは、ある日、訪問した家の中に
変わった風貌の人物の写真が飾ってあるのを見ます

「えっ!こ・この人誰?!」

この特徴のある顔・風貌をカトゥさんは、はっきり覚えています

その家の人は言いました
「この人はサイババだよ。知らないのかね」
saibaba_19.jpg
↑知る人ぞ知る『サイババ』氏

「サイババ」…インドの超人(聖者)で、
素手から白い粉を出したり、指輪を出したり、
病気を治したり出来る人、として
昔、日本でも話題になり、テレビでも賑わせました

インド南部の超田舎”プッタパルティ”という小さな村に
アシュラムという道場(修行場)を構えていて、
今でも世界から多くの人達がそこで修行しています


また彼をひと目見ようと毎日のように訪れる人達が絶えないそうです
…もうかなりの高齢(84歳位かな~?)だそうですが…

バリの家庭にも、時々彼の写真を飾っているのを見かけます

その「サイババ」の写真を見て
自分を助けた人は間違いなくこの人だった!

…と確信はするのですが、
それでも、あまりにも現実味のないこと

やっぱり夢だったのだろうと、すっきりしないまま
数週間が過ぎました

身体は無事だったけど、
借金もメドは付かないし

夢の中で助けてくれた人の言葉も、
何となく、気になるけど…
現実問題それどころじゃないんや!

と思いながら、ぼんやりと表を眺めていたら

家の前に停めてあった車が、
いきなり炎に包まれて燃え出しました

そして、車の火を消してからか、消す前かどっちか知りませんが
また「サイババ」さんが、現れて

「あなたは、これで私の言ったことを信じるでしょう」
と言ったそうです

「はい、信じます~~
…でも私には多額の借金があるので、その借金を返すため
お金の工面に労を費やしないとダメなんです

その借金の返済が終われば、
貴方がおっしゃったように、私は人の役に立つよう頑張りますから…

もうちょっと、お待ちを…」


みたいな事を言ったら

「貴方の借金の事は、心配しないでいい
私の言う通りに、人を助けるために貴方の力を使いなさい」


「サイババ」さんは更に強く言葉を残して去っていきました

”借金の心配はしないでいい…”なんて言われたって
そうはいかないので
シガラジャ(バリ北部にある町の地名)の借金をしている会社に
お金の相談をするため出向いていきました

「…私の借金の事で相談に来たのですが…」
と言うと

「貴方の借金はもう払われていますよ
もう残っていませんよ」って

「えっ、誰が払ったのですか…!?」

誰が払ったかは分かりませんがもう借金はないということでした

ここまでの話、信じられます?

…サイババが払ってくれたのか
…そのお金は本物だったのか
…ただ借用書から数字が消えたのか


そして、もう少し話を遡っても
インド南部に住んでいる、サイババが
時空を超えてバリまで瞬間移動してきたのか…?

現実的に探りを入れれば、謎だらけですが

でも、私はカトゥさんのこの話を聞いたとき
思い出したことがあるのですが、

すご~く昔に読んだ本ですが
日本人の著者で
インドへ導かれるように行くことになった経緯が書かれていました


その人の本の中にも
同じような事が著者の身にも起こっています

自動車事故をした時、
サイババが現れて助けてもらったって

それでその不思議な体験と偶然が重なって
インドへ旅立った話を…
そんな本を読んだことがありました


カトゥさんが、その本を読んだとは考えられないし…

そのサイババって人が、国籍問わず、常にそういうことをしている人…なの?

そういうことを紐解こうとすると、
疑ってかかる事ばかりになるので

とりあえずは、彼の話を素直に聞くことにして…

というか私は実際に、ちょっと驚く事がありまして

かなりカトゥさんのことは信じるんです

カトゥさんも、そのサイババさんから、
こんなにたくさんの恩恵を受けたのですから、
もう知らんぷりはできないでしょし


クリスチャンからヒンズー教に改宗するためもあり

「プラ・ダラム」という名のシワの神様のお寺で、
数日間寝泊りする事にしました
寺院


その3日目の夜
シワの神様の妻であるデゥィ・ドゥルガという神様が現れました

ここでバリの神々をちょこっとご紹介

*バリの神々の世界は
実に多くの神々が名を連ねていますが
中でも特別な存在である3大神は「ブラフマ」「ウィシュネ」「シワ」
3大男神とその妻たちの3大女神です

この6人の神々がもつ力と性格が、
それぞれの役割を持ってこの世と繋がっているのです
IMG_2948.jpg


シワの神の妻である「デゥィ・ドゥルガ」シワ神とともに
破壊と変革をつかさどります
バリでは魔女たちの女王ランダが「デゥィ・ドゥルガ」にあてはまるのです

このデゥィ・ドゥルガという神様は強いマジックを使い、
恐ろしい顔を持っていますが、
バリヒンドゥー教の基本概念である
二元論を表すひとつとして信仰の対象となっています

bv281.jpg
↑『バロン』バリ・ヒンドゥーの二元論はこのバロンとランダを象徴

話は戻って、
お寺で寝ていたカトゥさんのところへ
この「デゥィ・ドゥルガ」の神様があらわれて

彼の手にパワーを入れたというのです

それ以来、彼の手は特殊な力を発したり
手から、目に見えないものを読み解く役割をするようになったといいます
客人と
↑病気を治してもらう人達も頻繁に訪れます

私達が、彼のお家を訪問している間も

彼の携帯がひっきりなしに鳴ります

彼の所属している会社の社長からだったり、
助けを求める様々な人達から…
カトット&携帯
↑携帯を握る「カトゥ・ライ」氏

バリの知事からも電話がありました

知事から
「今から会議がありますので
その様子を見ていてください」
という要請がありました

カトゥさんが私達と話している間、
彼は右手の平にちょくちょく目をやります

そして、暫く手を眺められて
「ちょっと失礼、会議が終わったみたいなので…」

と私達に言われた途端、彼の携帯のベルがなりました

知事から電話です
「今会議が終わりました」

まさにオン・タイム!
びくりしました!

さて、いよいよ私達の問題をカトゥさんに相談する番です

その話は…次回に






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪






【2008/07/01 18:39】 | 未分類 | コメント(2)
<<カトゥさん、ラグラグ・オフィスへ来店 | ホーム | 命の恩人が残していった”一粒の飴”>>
コメント
あら、やだ。
またコマーシャルですね。
いつ子さんの人を惹き付けるテクニック、
天下一品ですね。
私は読者に優しくないブロガーなので、
自己完結で、書きたい事、一気書きです。
貯めとけない、我慢弱い性格です。
次が早く読みたいぃぃ。
お忙しいとは存じますが、
早めにお願いします。m(__)m
【2008/07/02 20:02】 URL | しゃお #-[ 編集]
★しゃおさん

 いつも本気で読んで頂いてありがとうございます。

書いていると脱線する傾向がありますんで…
なかなか終わりませんね(笑)…自分でも困っています

お察しの通り、今とても忙しくって、
ブログ書き上げたら、やれやれって感じで
次回が長くなっています

日本では考えられない話が、
バリでは、マジで溢れかえっていますね。
本当に面白いところです
【2008/07/03 15:15】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。