スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
カトゥさん、ラグラグ・オフィスへ来店
続いています
さてさて、私達がカトゥさんに何を相談したいか、

日本にいても、どこでも多かれ少なかれ問題はあります
ましてや、国が違えば
どんなに気をつけていても、あちこちに落とし穴がありまして…


インドネシアという国の体制もビジネスに対して
なんか昨日までアバウトでOKだったのに、
急に規制が厳しくなって…
というより
…殆どが賄賂目的からの手入れだったりが、やって来るので、
うかうかしてられません

他には、ですね~~
ラグラグのオフィスも賃貸契約しているのですが
更新の際に
家主の間に更に契約人がいまして、
この契約人にマンマと、してやられまして、
結局、家主直接契約より高くで再更新せざるを得なかったり

…なんだかマヌケな事をやるはめに・・・

ラグラグ
ラグラグ・オフィス…なかなかいいオフィスでしょ!

というような対外的な問題もあるし

また、どこの会社でも、家庭でも
なんなと問題は尽きないものですが

私達のところも
つまらない事でも、ゴタゴタやっているようです


…やっているようです…というのは
私が不在がちなので、私の見えないところで、
色々あるんですね~~これが…


4人しかいない彼らの中にも不協和音が・・・

私がバリへ来ると
不在中の出来事の報告を
いくつも台風が押し寄せてくるように
皆それぞれが、それぞれの目線で言うものですから
私は時には、内容によっては大混乱を起こすわけでして…

カトゥさんが所属しているテレビ局の社長の心境で

「誰が本当の事を言っているのか…
えっ、まさかこんなことで嘘は言わんやろう…」


みたいな事は、
15年も苦楽を共にしてきた彼等に対して
探りを入れるのは
何にも増して心も痛いし、
たいそう疲れるもんです

先程も書きましたが
どこの会社でも、どこの家庭でも、どこの人間関係でも
人達が集まると、必ず起こってくる問題ですが、
バリは…私が日本で感じるそれとは
ちょっと感触が違うんですね~~

まあ、バリの文化も習慣も価値観も人達の気質も
日本のものとは微妙に異なりますから

時には、「日本のものさし」は何の役にも立たない事だってあります


それで、カトゥさんは
私があまり多くを語らなくとも問題の大筋は分かっているようで

私は、ラグラグのみんなの写真を見せました
まあ、ワヤンはよく知ってくれていますが
他の者とは全く面識がありません
…私は以前の写真を見せましたから
現在は辞めているスタッフ達までが写っている写真です

写真を見て、彼らの特徴や意外な面まで言い当てましたね!

それで
「ラグラグのオフィスの場所に問題がある気がする」
といわれまして
びっくりです

人間関係のごたごたは
人の意識でしか改善されないと思っていたのに
その場所も作用する事があるというのですね~~

場所の周りにあるものが悪さをし
人と人の間にも確執を引き起こす…
へぇ~~~~~ですね!


「じゃあ、あさってにでも実際にその場所に行って
何が問題か観てみましょう」

と言ってくれまして

ひっきりなしに、鳴り続ける彼の携帯
少しもゆっくりできない、超忙しい人が
ハイキングにでも行こうや♪
という軽快なフットワークで
「ウブドへ行こうな~~♪」
4歳の息子に語りかけています

この4歳の次男坊マデくん
長男のカデェ君とは正反対のやんちゃ坊主で、
少しもじっとしていません
*名前の訂正…前々回には、心優しい長男を「プトゥ君」と紹介しましたが
訂正させてください彼の名前は「カデェ君」でした…スミマセン!

兄弟
↑左から「カトゥさん」、次男坊「マデくん」…どうです、利かんきそうでしょ?
そして優しさいっぱいの長男の「カデェ君」

お父さんであるカトゥさんが
お客さんとどんなに大事な話をしている時でも
お父さんの頭の上に乗ったり、引っ張ったり
あれ飲みたい、これ食べたい、
遊んで~~~~~~ぇぇ~~
要求が通らない時は大声で泣いたりと
とかく話の邪魔をしてきます

そんな時の、なだめ役はお兄ちゃんのカデェ君みたいで
急いで、やんちゃ坊主の注文の飲み物を作ってきて
優しく飲ませてやります

それでも
ゴネは収まらず
バタつかせた足が飲み物のコップを倒して床に全部こぼれてしまいました

しかしお父さんもお兄ちゃんも、
全く動じることなく、たしなめるでもなく
彼を懐深く受け入れているのです

勿論、次男坊はバツ悪そうにテンションが
シュルシュル~~と下がりましたが

お兄ちゃんは、相変わらず優しい笑顔を絶やすことなく
床を拭いています

それは、すごいな~~と私は痛く感動したのです

人はどんなに笑顔を作っていても、一瞬の出来事の際に見せる表情で
とっさの心の動きが出るものです
もう~~!…とか…チェッ!とか…

このお二人からは、
まったくそれが、ありませんでした
兄弟2


話は横道にそれましたが

2日後、ワヤンがカトゥさんを迎えにデンパサールへ

カトゥさんは次男坊のマデ君を連れて
自宅から出発して20分後、
カトゥさんの携帯が鳴りました

またバリの知事からで
「もしもし…わしの家内が病気でなー、すぐ家に来てもらいたいのだがのぉ…」

と、お呼びがかかりました

「今大事な用事でウブドに向かっていますから、
申し訳ないけど、行けません。
またデンパサールへ戻ったら電話しま~す」

と返事されて

「ああ、よかった~~
もう少し出るのが遅かったら、ウブドへ行けなかったね♪」


彼は何だか、息子と一緒にウブドへ来るのを
相当楽しみに来てくれているみたいです

知事の頼みを蹴って、ラグラグへ来てくれるのを
痛く感激してお礼を言ったら

「心配しないで…
私には、”何かが特別”はありません
一番も、上も下もないのです。私は普通の人間ですから


すご~~~い!

オフィスに着かれた、カトゥさんはすごくリラックスされています
かとぅさん店で3

次男坊のマデ君は家にいる時より、
借りてきた猫状態で、おとなしいです…今のところは…

シロも一応お二人に挨拶して
いつものスタイルで、即ゴロ~~ンと寝てしまいました
siro.jpg


カトゥさんはオフィスを眺めながら
「う~~ん、いいオフィスですね。
誰でもここに入ってきたら、とても好きになる場所です。

でも…1週間もすれば、居心地が悪くなってきて
ここに居る事に飽きてきます」


衝撃的な言葉が…

「それは何故かというと、ほら、ご覧なさい」

オフィスの表に目をやって
ある方向を指差して話し出しました

…多分次回で終わりです





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
【2008/07/06 18:45】 | 未分類 | コメント(6)
<<ジン(妖怪)達まで「ラグラグ・オフィス」にやって来た! | ホーム | 飴をくれた”インドの超人”…そして魔女ランダが>>
コメント
うっわ~、なになに?!
オフィスの前に何があるっていうの!!
ラグラグのオフィス、とてもいい感じ♪と思って訪ねていた私ですが・・・
あ~、気になりますぅ。
コマーシャルに入っちゃったわ(笑)
楽しみに待っていますねー^^
【2008/07/07 10:13】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
えええええ~!
早く早く続きをお願いします!
気になって気になって!
【2008/07/07 10:17】 URL | ヤキコ☆ #-[ 編集]
★マチコさん

 ありがと~~ね♪
ラグラグを親身になって心配して頂いて・・

…それはバリ自体もそうですね
テロや津波や地震やら、次から次へと
落ち着いた頃にまた何か…
ラグラグも共鳴しているみたいでした

でももう大丈夫ですからね…安心してね。


★ヤキコさん

 ず~~っと読んでくれてはるんですね♪
楽しみにしてもらって、おおきに!

ヤキコさんもこ「の手の話」好きでしょう~~
世の中には人の力が及ばない、
裂け目みたいな場所があるんですね

まっててね!
【2008/07/07 18:29】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
店の表に何があるか大予想!(なんか前にも似たようなこと書いた気がする)
三叉路に出る直前の曲がりで、店の反対側にあるものといえば
  ①「氷」の看板の喫茶店
  ②その奥にあるナントカ言う宿
  ③「飲んでかない?」というニーチャンのコーヒー屋
  ④えーっとその隣は何だったっけな?
僕の神様は①だと言っておりまする。

【2008/07/07 20:09】 URL | よし #-[ 編集]
ふぁ~~~~~~!!
いつも、エエ所でとめはるわ~~~~(><)
しかし、ナカンが言うことが一番正しいです!!
【2008/07/08 02:24】 URL | モナコ王妃 #-[ 編集]
★よしさん

 めちゃ楽しい推測ありがとうございます

しかし、なんでそんなに
あの界隈というかウブドの隅々まで把握されているのか
それが不思議です

そういえばありましたね「氷」の看板の店
UBUD VILLA の前だったけ・・・・


★モナコ妃さん

 プトゥ君名前変わって「カデェ君」やけど、
年齢も間違っていてなんと、14歳!これ狙ったら犯罪!

ナカンがいいんか~~?
これやったら持って帰っていいよ
【2008/07/08 09:35】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。