スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
突然ですが…私調子悪いんです…
日本の猛暑に喘いでられる皆さんには
申し訳ないですが
南国のバリは今”大変涼しい”です

日中気温が上がっても乾燥しているので
汗ばむ事がありませんので、とても過しやすい気候です

日が落ちたらぐっと涼しくなってきまして
朝はジャケットに包まり靴下欲しいな~というくらい肌寒いのです

こんな快適な避暑地のようなバリで
数日前から、どうも私は体調がパッとしません


…というような”しょうもない話”ですが、
デワの恋人の話をする前にちょっと挟ませてください


とりあえずだるく、体に錘をつけたように
足運びが重くてたまらんのです

この不調はとても不安

階段も数段上がってはフーフーフー呼吸が乱れます
Raka rai dariatas
↑今度の宿は小さな渓谷に向かって下りていきますので
階段の上り下りが必須です

2日前、宿の石段、
後2段という所で踏み外して落ちました
荷物もたくさん持っていましたからバランスをなくしたようです

ドテッ!!
思い切り両膝を打ち付けて
宿の管理人の奥さんが飛んできてくれました

大丈夫ですか?
怪我はしてない?歩けますか?
階段
↑この階段の後2段という時、不覚にもドテッ!


何しろ体が資本、もし骨に問題があったらどうしよう?
焦りました
両膝から血は出てますが、割と痛みはありません

ちゃんと歩けます

やっぱり骨組みはしっかり鍛えてんや…よかった!
と安心はしました

しかし、このヨレヨレの自分にショックを受けまして

そんな日が3日続いた後の日曜日
オフィスも久し振りにお休みにしましたので
私も今日は一日宿でゴロゴロ休養しよう~~と
決め込んで、ゆっくりしていました
Raka rai1
↑今の私の宿です「低姿勢のニョマン」がいた宿を更に奥に
まるで同じ造りの宿があります
室内のインテリアもそっく同じですが、完全別経営です
モンキーフォレスト通りのど真ん中に位置するのに
小道を奥まで通り抜けるとこんなに静かな宿があります

あたり一面の緑に囲まれ
すぐ下を流れる川のせせらぎの音はこんなに心地いいのに


…でも何だか熱っぽいな~
シャキッとしない

2時頃横になって本を読んでいると
ブ~~~ン、ブ~~~~ン

大きな蜂が部屋の中に入ってきて
大きな羽音をたてて飛び回っています

蜂は怖いですから、私は重い体を起こして何とか蜂が出て行ってくれるよう
扉をいっぱい開けて待っていますが
一向に外へ出て行く気配はありません

日本でなら迷うことなく
キンチョールをシュワ~~ブアァ~~とかけまくり
容赦なく殺しますが
ここはバリ皆が殺生をしませんので
何故か私も二の足を踏みます

できるだけ外へおびき寄せるようにシャツで煽ります
それでもあっち行ったりこっち行ったり

いつもまにかチッチャ(小さいヤモリ)も同じように蜂を追いかけて
あっち行ったりこっち行ったり
私の手の届かない上はチッチャに任せるとして眺めていますが
相手は飛びますからチッチャも大変苦労しています
トッケー2
チッチャ…ヤモリですが”チチチッ”と鳴きます。
バリでは話していること考えている事がまとまった時「チッチャ」がその時鳴けば
「それはその通りだ!」という意味だと信じられています


しかしこの蜂こちらを攻撃する気配は全くありません

私とチッチャで捕獲作戦1時間
出て行ってくれませんし、チッチャの手にも負えないようで

仕方ない、下降して来たところをバスタオルでバサッ!
床に倒れこんだところを
横にあった薄手の大きめのノートで
エイ、エイエイと叩きのめしました

お腹を見せて完全に死にました…お~~やれやれ

バリで殺生はなんか後味悪いけど
このままではゆっくり落ち着けないので
わるいね~ゴメンゴメンと,謝って

そのノートでそぉ~~とすくい上げ
そのままバルコニーから下の庭に向かって捨てました
rakaraisiro.jpg


もう3時あまり食欲ないけど
なんか食べに行こうとシロと出かけます

サンドイッチを食べて少し歩きますが
やっぱりフラフラしますので部屋に戻ってきました

あたりは日が落ちかけて、少し影がバルコニーを覆います

見るとバルコニーに備えたディベッドの下に小さな黒いものが
さっきの蜂です

仰向けにお腹を見せて足を硬直させたまま蜂が転がっています

え~~上から下に投げ捨てたはずなのに

下に落ちたと思っていたら風で戻されてここに落ちたんだな

と解釈して
部屋の中のベッドで横になりながら本を読んでいると
たまらなくしんどくなってそのまま眠ってしまいました

2時間近く寝たでしょうか

ブ~~ンブ~~ンの羽音で目を覚ましました。

体はとてもしんどいので
夢かな~幻聴かなと思いながら目を開けると

もうあたりは真っ暗

でも羽音はブ~ンブ~~ン聴こえます
あわてて電気をつけたらなんとまた蜂です

急いでバルコニーのデェベッドの下を覗きに行ったら蜂の死骸がありません

もうびっくりです!殺したはずの蜂
ひっくり返ったまま4時間後、息を吹きかえして
またわざわざ私の部屋へ入ってくるなんて


部屋の電気を全部消して
バルコニーの明かりだけにして出て行ってもらうのを待ちますが、
蜂はすっかりこの部屋が気に入ったみたいで
明るい所へ行こうとしません


しかも私はメチャクチャ気分が悪い
食べたサンドイッチがこなれないまま胃まで重たい
動くとあげそうなほど最悪の体調になっています

もしかして
…あの蜂はレアックかブラックマジックなのかもしれない
そして私に呪いをかけているんだ


と本気で信じてしまいました

暫くブ~~ン~~ブ~~ン部屋を飛び回っていましたが
いつもまにか音もしなくなり、
部屋のどこかでおやすみになられたようで
とてもおとなしい

そして朝
レアックと化した蜂は、もう見当たりません

オフィスへ行って、ラグラグの皆に言ったら
皆大笑い
・・・蜂がレアックになんて聞いた事がない
それは蜂が気絶していただけです・・


と皆にばかにされて笑われましたが
私は気が済みません。

その足で、またカトゥ・ライさんの家に

彼にも、…やっぱり笑われました

あなたの体調が悪いのはこの気候のせい
そしてここ数日間の体調を全部言い当てられました

体が重かったでしょ
少し動くと息が切れたでしょ
食べたものが合わなかったので胃に負担がかかっています
何を食べたらいけないのか自分で知っているのに
食べているでしょう…


翌日すっかり治りました

病は気から
「大丈夫!」と笑って言ってもらうだけで
本当に元気になりました


私もこんなことでカトゥさんの家に飛んでいくなんて

殆ど病気!…ですね






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪


【2008/08/03 13:09】 | 未分類 | コメント(6)
<<デワの結婚と家族事情と村組織 | ホーム | デワにまで異変が…?>>
コメント
いつ子さん、はじめまして。
いつも興味深く拝見させていただいてます。

「はじめまして」と書きましたが、じつは私、いつ子さんのお顔を先月下旬パダ゛ンテガルのロスメンに滞在中お見かけしました。
行きつけのARY SATYAランドリーに行く途中、ブログ中で何度か登場しているシロ君を連れた女性の方を見て、2006年12月31日にヌガラのプリ・ダジュマコテージで開催された、「スアール・アグン」のカウントダウンコンサートの会場でお見かけした方と同一人物だったからすぐにわかりました(笑)(以前の記事でUPされてたので)
あの時は本当に感動的な演奏で、ジェゴクの力強い音色は、波の音も潮風を含んだ風の音もかき消していましたね。
団員の方に誘われるまま、ジェゴクのセッションをしたり、みんなで輪になって踊ったり、その場に居合わせた地元の住民の方たちと新年のカウントダウンをした時間がとても懐かしいです。

今お住まいのロスメンも数年前に1泊だけですが滞在しました。(低姿勢のニョマン君の部屋もいつ子さんと同じ部屋でした(笑))
シロが寝そべっているバルコニー。手前には、たわわに実るパパイヤの大きな木がありますよね♪西側にちょっと背伸びをすると、ライスビュー♪  子供達も大きくなったでしょうね。。。。
お身体ご自愛くださいね♪

初めてなのに、長々と書き連ねて大変失礼いたしましたm(__)m
【2008/08/03 20:32】 URL | frangipanni_incense #PFXLmyCU[ 編集]
具合は如何ですか?
ラグラグさんは最近は日曜日もフル稼働だったのですね。
お疲れだったのでしょう。
お大事に。
でも、蜂は本当に不思議ですね。
【2008/08/04 04:53】 URL | しゃお #-[ 編集]
いつ子さん、お身体の具合はどうですか?
階段を踏み外して、大きな怪我をしなくて本当によかったです。
ラグラグがにぎわって私まで嬉しいけれど、どうぞお身体にだけは気をつけてくださいませ♪

モンキーフォレスト通りにはあるとは思えない宿ですね。緑が多くて魅力的^^
それにしても、蜂のお話はとっても不思議。
【2008/08/04 21:50】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★frangipanni_ince さん

 はじめまして。frangipanni_ince さん
コメントありがとうございました。

それに密かに私を知っていてくださって(笑)
ありがとうございます

鎖を付けた太った白い犬をを連れているだけで
なんだか名物オバサンみたいに目立ちますよね
今度私に出会いましたら
是非声をかけてくださいね

ジェゴグコンサート
「低姿勢のニョマンの宿
『今の宿…かなり私達って接近していますね


★しゃおさん

 ご心配かけてすみません
今回ずーと体調思わしくなかって
私の今の宿、私はすごく気に入っているのですが
ワヤンが部屋の下に川が流れているので
川には「川の人というお化けが棲んでいるのと
パワーが強いから気をつけろ
て怖いこというんですv-356


★マチコさん

 ご心配かけました。
こんな体調悪い、体調悪いと書くと
心配させてしまいますよね

今はもうバッチリ大丈夫!です
でもあの蜂、不思議でしょ!

【2008/08/05 12:02】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
ご無沙汰しています。東京は相変わらずの猛暑です。逸子さんもお疲れなんですね。あまり無理なさらず、気を付けて下さいね。1月、一応、飛行機もとれました☆ またバリに行けそうです。
【2008/08/08 09:11】 URL | MASAYO #-[ 編集]
★MASAYOさん

 コメントありがとうございます
そして私の体調を、ご心配頂きありがとうございます

でもごめんなさい「MASAYO」さんって…
この間バリでご一緒だったまさよさん?…ですか?

違っていたらごめんなさい!
【2008/08/09 22:40】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。