スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
弟さんは怒っています!
またずいぶん間が空いてしまいましたね
すみません

早速話の続きですが

なんだかんだと、良くないことが次から次へと起こるデワの家
それは
生まれてまもなく死んだ赤ん坊の霊

自分の葬式まだや~~!葬式してえな~~
サインを送っていたとはね~~

お父さんはその事をマンクゥ(呪術師)に言われて、
初めて弟が生まれていたことも、その後まもなく死んだことも知ったのです

なぜならその時デワのお父さんは、
まだ2歳位の子供でしたので、弟が産まれたことも亡くなった事も
全然覚えていなかったし、
誰からもその話しは聞いたことがなかったそうです

家に帰って親戚の年寄りに聞いたら、

「おお、そんなことがあったの~
そうじゃ、その子は男の子で、生まれたけど
そう長くは生きてなかったわ~

…うん?葬式?
確かしてなかったはずじゃ
その頃は赤ん坊もよく死んだ時代じゃから、
葬式しない家も多かったしの~」


と、親戚のおじいさんが、おぼろげに覚えていたのです

なんとね~!

身も知らないお坊さん(マンクゥ)が、それをちゃんと知っていたというのですから
デワの家族は、びっくり仰天で
死者のメッセージもそりゃ、信じますわ!


それでデワのお父さんは、
たくさんのお金をかけてちゃんと彼のためのお葬式を出しました

でもデワのお父さんは、
その弟のお葬式のためにお金をかけたけど
死者からお金を戻してもらえるなんてことは信じていませんでしたし、
望んでもいませんでした

しかしその後、不思議なくらいお金が入ってくることが起こりました

デワの家には「サラック」という果物の木がいっぱいあって、
お家にお邪魔すると必ず、
どっさりと出してくれて
どっさり持って帰るように言われます
8026.jpg
        ↑サラック

見た目には、果物とは思えない、茶色の蛇のウロコのような表皮に
トゲトゲまであって
別名「スネークスキン」とも呼ばれるこのサラック
私は、ちょっとなんです(甘くない果物は好きじゃない方なもんで)
…多くの日本人はちょっと苦手そうですよ

およそジューシーには程遠く
硬い皮の下は白い固い実でリンゴの酸っぱさと若すぎる柿の渋みに
似てるかな~~
というようなお味ですかね…

でもこれが好きという人も結構私の友達にいるんですね

デワの家ではこれを湯がいて出してくれる時があります
すると苦味が消えて甘くなるんです(ゆりねみたいに)…ほぉ~なかなかいける!


1年中バリでは見られますが、やはり雨季がおいしいし、
デワの家があるバングリのような比較的涼しい場所が、おいしいサラックの栽培に適しているそうです

アグン
       ↑アグン山が見える過ごしやすい気候に恵まれた「バングリ」

デワの妹で空港で勤めている人がいます
彼女がある日
サラックをオーストラリアに輸出する
と言う話を持って帰ってきました
契約もとんとん拍子に進み商談成立!

お葬式で使ったお金は、あっという間に約束通り戻された!
…と、いうことになるんでしょうかね?

そこでまたデワのご家族は「はは~~」と信じますわね

それからもお父さんやお母さん達は、
弟のための祭壇を作り毎日お菓子や時にはシャツ、おもちゃなどを買っては、
供えることを絶やさないでいたそうです

それで火事の話に戻るのですが
「どうして家が燃えるようなことになったんじゃろう…」
とお父さんが、サンスクリット語しか話せないマンクゥにたずねたら

「死んだ弟が言っている」と、
お坊さんを通じて語られたところによると

死者の赤ん坊は怒っているのだそうだ


その話は、また今度!




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪

【2008/10/30 17:56】 | 未分類 | コメント(2)
<<赤ん坊の…報復? | ホーム | 死者からのメッセージ>>
コメント
おぉ~、弟さんは本当にお金を返されたのですね。すごいなぁ。
火事の話、気になりますー。

サラック、私は大好きで~す♪
あの渋みが何ともいえないわぁ。
サラックジュースも美味しかったですよ!
【2008/10/30 23:10】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★マチコさん

 もうお腹大丈夫ですか?

家事の話、デワに聞きそびれたみたですね♪
よかったぁ~~
じゃあ、私の話を楽しみに待っていてくださいね

サラックお好きなの?マチコさん、
だんだん味覚、バリ化してきましたね。
【2008/10/31 18:21】 URL | #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。