スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
アフリカンな「マラリバー・サファリロッジ」

前回の続き…

閉館時間5時を済むと、一斉に入場者が帰っていきます
パーク内には仕事を終えた若いスタッフたちの、
のどかで楽しげな笑い声があちこちから聞こえてきます

そうそう肝心の
バリ・サファリ&マリンパーク内の宿泊施設
マラリバー・サファリロッジをまだ見ていなかった!と思い出しました

皆広い敷地をあっち行ったりこっち行ったりで
相当お疲れ…それにお腹もすいて…ふらふらのワヤン

ワヤンと象


「えっ~~~今から行くのですか~~!?」

「そう、行くの!」…
ここまで来て見に行かないは、ないやろう~

ロッジのマネージャーはとても愛想がよく
案内してくれる気満々!はりきって
「行きましょう!」

私も疲れてへとへとですが、こういう時は
テンションの元気な案内人がいてくれると
俄然楽しめるものです


動物たちが自然のなかで暮らす草原に囲まれたロッジ
robi.jpg
   ↑マラリバー・サファリロッジのロビー

部屋もシンプルでいてロマンチックな雰囲気に作られています
室内

ロッジ

バルコニーから夕刻の陽が落ちかけた淡い色彩に溶け込むように
シマウマや象が散歩している風景を眺められました
バルコニー


料金も、1室US$135から、
6人まで利用できるファミリールームでUS$280と
お手頃価格
ロッジ2


ここはアフリカ?…
そんなバリとは思えない
憧れのアフリカの大草原にいる気分を味わわせてくれる世界
朝目が覚めてバルコニーに出ると、
象やキリンやシマウマが、ゆった~~り散歩
そんな姿を眺めながらとるブレックファースト

ああ、のどかやな~
いつかここに泊まりたいな~~


そんな夢み心地な気分に浸っていると

ウオォォ~~~~アオゥゥゥ~~~~!
キィキィキキキ~~~~~

一斉に始まった猛獣たちの恐ろしげな声が
地面から轟き
夕空に響き渡ってきました

もしかしてこの大合唱は「夜明けまで、逃がさぬぞ!」と
恐怖に眠れぬ夜を演出してくれる…つもり…?


「あの…ライオンとかタイガーが部屋に遊びに来たりとか
しませんよね…」

と、そんな心配をされる方のために

★肉食獣エリアは鉄製のフェンスが2重になっていて
内側と外側の間隔を狭くしてあるので、
もし内側を乗り越えても
外側のフェンスには助走して飛び越えられないように
安全対策がとられているそうです


今回、
アジアで一番大きなサファリーパークがバリにできたよ」

…じゃあ、一応見に行っておこうか…

バリの人って、なんでも”バリにできたもの”を
「○○で一番大きい」「○○で一番高い」とか、すぐ言うもんね~
ほんまかいな~~?

そんな気持ちで訪れた
「バリ・サファリ&マリンパーク」でしたが

ここでのプロジェクトの質の高いポリシーに
バリからこんなことを発信してるんや
と喜びと感動も味わえた
意義のある視察ツアーとなりました

そして「バリ・サファリ&マリンパーク」だけではなく、
日本中の動物園、そして世界中の動物園や協会など
動物に携わる関係者や研究者の多くの人たちが
こんなにも
動物のこと、自然界のこと、地球環境も含め
日夜まじめに研究を重ねながら

”どうしたら人間と動物が、この地球上で一緒に幸せに暮らせるのだろうか”と

悩み、模索し続けている人たちがいる…ということ

わたしらは忘れたらあかんなあ~


ふくろう
       ↑おとぎ話に出てくるような「ふくろう」は幻想的でした

お腹がすいて倒れそうなワヤンやデワと
すぐ近くにあるサバビーチの「イカン・サテ…魚のつくね焼き」を食べてウブドへと戻っていきました
イカンサテ
   ↑イカン・サテ





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
【2008/11/30 18:22】 | 未分類 | コメント(2)
<<お金がなくたって「駆け落ち婚」があるさ | ホーム | 動物たちの生息地にお邪魔して…>>
コメント
いつ子さん、こんにちは~♪
少し前にTBSの「情熱大陸」で、名古屋の東山動物園で400億円をかけて動物園の再生計画をするというのを見ました。
そこの企画官の方が、動物たちに本来の姿を取り戻してあげたい、そんな姿を子供たちにも見せたい、というような事を言っていました。
この、サファリパークの動物たちは生き生きとしてるんだろうなぁ。見てみたいです。
ロッジもいい感じ^^
【2008/12/01 11:07】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
マチコさん

 お久し振りv-290
そうなんですよね
日本の動物園でも、
動物たちのトレスを軽減できるように
大変な努力していますよね。
そういう人たちの苦悩や動物たちへの思いを知るだけで
動物園へ行った時の見方が変わってきますね
【2008/12/05 12:20】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。