スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
やっと来ました「レンボガン島」
さて、やっとこさ~で迎えた
みんな揃って出かける「レンボガン島」への旅の日がやってきました

朝7時半ラグラグ・オフィスからブノアに向かって出発

ブノア港の乗船ロビーには、
甘くて瑞々しいマンゴやパイナップルやパパイヤのフルーツ、
そして飲み物のサービスが用意されています

船


ブノアから船に乗って1時間半、

快晴、波は静か、コバルトブルーの海を大きな帆を張った、
セェール・センセーション(別名カタマランヨット)がすべるように進みます
船内にはコーヒー、紅茶、クロワッサンやデニシュパンのサービスまであり、
優雅に過せるんです。

ワヤンは時々、ゴホン、ゴホン、ゲホッ~~と咳き込んではいるものの
ご機嫌で、飲んだり食べたりに夢中です

ヨカッタ、ヨカッタ!

美味しいパンをほうばっていると、コマンが呼びに来ます

「上のデッキに行きましょう
音楽もすごくいいのがかかっているし、
とてもハッピーな気分になれるんですよ」って

階上のマストの周りのデッキには欧米人らが、
寝そべったり日光浴を楽しんでいます

心地よい音楽と風に吹かれながら、
青い海、思いっきり広がった青い空、

2220Villa_thumb.jpg

対岸のバリ本土にはアグン山、バトゥール山、バトゥカウ山の姿が
白い雲を裾にまとい優美にそびえています
快適な船の旅

海①


あっ、イルカの群れだ!
くつろいでいた乗客が「ドルフィン!ドルフィン!」と目ざとく見つけて大喜び
すぐ傍をイルカたちが笑いながら手を振っているように、
ジャンプしながら通り過ぎていくのです

はじめてみました!海老って水面を走るんですね
どこまでもどこまでも水面を走る海老の愛嬌に
「あれ、見て!海老が走っているよ!」…と、他のお客さんも
楽しそうに和んでいます

レンボガン島はバリ南部東岸から12kmの沖合いに浮かぶ
透き通る青い海と空、白い砂浜、
サンゴ礁に囲まれた素朴で美しい小さな島。

私達の宿泊先はいつものボロ宿ではなく、
レンボガン島随一のハイセンス・ビーチリゾート、
島西部のサンヒャク湾の丘の上に建つ
「ヌサ・レンボガン・リゾート」!!なのだ。。。

花と緑に溢れた庭園には
全室オーシャンヴューの茅葺きのヴィラが建ち並び、

バンガロ


バルコニーからは青い海青い空、対岸の海に浮かぶバリ島の
アグン山まで見えちゃう~


大理石のお風呂に大理石の床、
お姫様ベッドの白い天蓋蚊帳付きベッドに、
オーディオセットにエアコン、冷蔵庫に電話、
お洒落でナチュラルな雰囲気のインテリア。
ここに2泊するのだ!

ヌサレンボガン部屋


ラグラグの皆も、普段山側のウブドにいるので海を見るのは大好きだと言います
よかったね、みんな来れて

ヌサドゥアやクタ、ロビナなどバリ本土の海とは比べものにならない
綺麗なエメラルドグリーンの海

ホテルからヌサレンボガン

ダイナミックな波が打ち寄せる世界有数のサーフポイントや、
美しいサンゴ礁のダイビング・スポットでも知られるこの島は、
物売りも来なければ、
観光客にしつこく構う正体不明のジゴロ風ひま男もいませんし
あこぎなボッタクリもであったことはありません

人々はいたって礼儀正しく、ピースフルなのです
そして車も驚くほど少ないので、空気がとてもきれいなんです


わたしは、実は「レンボガン島」への宿泊は、今回で2度目
前に来たときは5年前ですが、
バリ本土の海側は年々増える、お店や車やバイクの騒音や
マナーの悪い、物売りや、しつこい声かけヒマ男にうんざりさせられていたけど

バリ本土から、船でたった1時間半でたどり着いた離れ島は
手付かずの自然がいっぱいで
こんなに美しく、こんなに優しい空気で満たされているんだと
心救われる思いで、いっぺんに好きになったものでした

その時の印象と今も変わることなく、
素朴で穏やかで、海も空も空気もとても透き通った島です



ゆっくり「レンボガン島」を散策してきます…






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓

【2009/02/26 18:40】 | 未分類 | コメント(6)
<<レンボガン島の「アガル・アガル」と「ガーラ・ガーラ」 | ホーム | やれやれ…の後は”心にポッと花が咲きます”>>
コメント
すっごくきれいですね~ いつもUbudに滞在してて飽きないのですが、たまにはこんなきれいな海のあるところもいいですね♪ 
いつ子さんにいろいろきいてみたいこともありますが、確定申告終わってからにしますね!

私のblogにlinkさせてもらいました~。

【2009/02/27 05:22】 URL | anne #-[ 編集]
★anneさん

 コメントありがとうございます!

私もウブドは大好きなところですが、
ウブドにいると、つい日常の生活になってしまい、
閉塞感を感じるので、ときには果てしなく広がる海を見たくなります。
バリはその点いいですね、海も山も手近にありますからね。

またいつでもお尋ねくださいませv-290
【2009/02/27 10:58】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/02 19:32】 | #[ 編集]
いつ子さん こんにちは。
ホントにv-10
目が覚めるような美しい海v-237
絶対!行きたくなってきましたぁ。。。レンボガン島 ここで、一人でボッーとすると最高でしょうね。
ところで…ウブド好きの皆様に悲しいお知らせがあります。ウブドから少し北へ行ったクデワタンにある老舗のホテル『チャハヤ・デワタ』が4月1日でクローズするみたいです。v-406
ウブドでも有名なナイス・ビューのレストランがあるホテルです。
いつ子さん。。。ご存知でした?
どこかの国の大富豪がホテル買い取って、復活してくれませんかね~ 大好きなホテルでした。
ねっ!いつ子さん。
【2009/03/03 16:54】 URL | Natsue #-[ 編集]
Natsueさん

 Natsueさん、また行ってみたいところ増えますね。

私も訪れたけど、滞在していないので
是非泊まってみたいところ、まだまだあります。
またインドネシアの他の島にも行ってみたいな~と
思っています。

チハヤデワタ…
あらら、あらら…あらまぁ~~ショックです!
こだわりの執念のお気に入り部屋があるのですが、
最後に、その部屋で泊まりたかったのに~~
まあ、あの大勢のスタッフ達はどうするんでしょうね?





 
【2009/03/03 18:17】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
ヌサレンボンガンリゾート 数年前に
ここに旦那と一緒に宿泊しました。海綺麗ですよね。毎日シュノーケルに行っていましたが
海が異常に冷たかった思い出だけがのこってます。ただ冷たいのと水の流れが速いので
普段シュノーケルでは見た事のないお魚がいました。最近はこんな高いホテルに泊まっていないので懐かしいです(笑)
【2009/03/07 20:39】 URL | だいちゃん #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。