スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
レンボンガン島の朝、コマンはどうしちゃったのだろう~
滅多に泊まれない高級ホテルからの「1泊ご招待」をgetしたものですから
それじゃあ、自前でもう1泊してゆっくり島内を見て廻ろうじゃないかと
みんなでやってきた「レンボンガン島」

目の前には澄み渡った青い空に、透き通ったコバルトブルーの海
心地よい潮風に包まれながら、幸せな朝食のひととき


レンボンガンレストラン


わたしにとっても、ラグラグのみんなにとっても
日頃の疲れや、垢を洗い流し、
なんかちょっと最近、仲の悪そうな誰かさんと誰かさんも
少しはくつろぎながら、楽しんだらええやんか~との思いもあって
やってきた小さな楽園への旅

そんな「レンボンガン島」の滞在の第2日目の朝
平和なすべり出しを見せたのも”つかの間”
早くも、ややこしいことを言う人のお陰で
雲行きが怪しくなってきました


さあ~今日の予定だけど…と
島内を色々探索しようと計画している矢先に

「私とワヤンさんは夕方の船でウブドへ帰ります」
「あとは3人で楽しくやってください」


いきなり
並んだテーブルの上のご馳走をひっくり返すような発言


朝ごはん

えっ!?暫く開いた口がふさがらなくって。。。
横を見ると

コマンの目が釣りあがっています
こんなコマンを見るのは珍しいです

「3人で楽しくって、ですって! と言ったかと思うと、
みるみる目が真っ赤に潤んで…
下を向いたり横を向いたり、怒りを抑えているのかと思っていると

コマンの目から大粒の涙がボロボロボロ。。。
ガタン!突然椅子から立ち上がり、どこかへ消えてしまいました

あ~あっ~~~あれあれ。。。。

今度は、残されたデワもワヤンもナカンも私も
コマンのこの感情的な表現に、唖然

デワはというと、
”そんな深い意味で言ったわけじゃないのに
なんでコマンさんはあれほど怒るんですか!”…とショックを受けて

「私が何か間違ったこと言いましたか?
コマンさんが、泣くような悪いことは言ってないのに!」


と、デワはデワで、コマンの態度に
だんだん腹が立ってきているようです

2泊の予定できているのに
どうして急に帰りたいのか、利用を聞けば、

自分のバイクをラグラグのオフィスの中に入れずに
シャッターの前に置いてきた事が気になるというのです
誰かに持っていかれたら困ると心配しているんです

それが気になっていて帰りたいというのです

シャッター前
     ↑ラグラグ・オフィスもシャッターが閉まった後は子供のの遊びになったり…

「じゃあ、ワヤンも一緒に帰るとはなんなの?」

「あっ、ワヤンさんは病気がまだ治りきれていなくて、
しんどいんです」
とデワがワヤンの帰る理由を告げます

「そうなんです。昨夜も咳ばっかりして殆ど寝てないんです。
それに、島を見て廻るのも、私やデワさんもいなくても
3人で見てきたら十分じゃないですか」


ワヤンも、
ここにいても、そう面白くもないし、
家で寝ている方が楽だ…というようなことを言うのです

ワヤンのゲホゲホッ・ゴホンゴホン~~~は、しんどそう…それはわかる
家で気兼ねなく寝ていたいんだろうなあ~…うん、それも分からなくもない


「でもデワのバイクは、気になるんだったら、隣の店の人に電話して
夕方、お店閉める時デワのバイクを一晩だけ、隣の店の中に
入れてもらうように頼めばいいんじゃないの?」

と提案したけど、
デワも「そうですね~!」とは、なかなか言いません

昨夜ふたりで「明日帰ろうね!」と団結したようで
あれやこれやと理由をつけてグズっています

わたしはね…みんなと一緒にゆっくり過したかったんだけどな~~
それに、みんなが楽しんでくれてると思ってたけど
”私達だけ先に帰ります”なんて事言われると、
なんかね、悲しくなってしまう

てな…ようなことを話していると

だんだんデワとワヤンの顔には、
雨があがった後のような爽やかな笑顔になってきて

「そうですね、よくわかりました」
「ごめんなさ~~い」

「じゃあ、今日の予定は?今からどこへ行きますか?」ルンルン

 …えらい、あっさり急展開です~~…

どうもワヤンとデワはすぐにつるむんですね
…というか、デワはあまり自分の意思がない人ですから
ワヤンに先導されて、
ワヤンが「右!」といえばデワも”わたしも右です”
「左!」といえば”やっぱり左にしようかな~~”
デワはそんな人ですから…

デワワヤン
↑日頃から、こんなに仲良し…でもたまに、はた迷惑な喧嘩もするんです

この4人は、外回りのワヤンとデワ、オフィスの中にいるナカンとコマンの2派に別れて
たまにパチパチ…密かに火花が飛び散っているように見受けられます…

まあ、こういうことは仕方ないです…
今わたしが頑張って彼らを修復さそうと思っても
その場しのぎの特効薬では効をなさない
臭い物には蓋をして…ボチボチ様子をみて

今は。。。取りあえずは、先に進もうか…

しかし、コマンはどうしちゃったのだろう~~~



いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓



【2009/03/22 14:23】 | 未分類 | コメント(2)
<<マングローブの聖地へ | ホーム | 楽しい朝食の時間が、一瞬にして…>>
コメント
この間は有難う
又ゆっくり遊びに行かせて下さいまし
いっちゃんのブログ読むとバリにめっちゃ行きたくなるから辛いんやけど、デワやワヤンの屈託のない笑顔が想像され微笑みながら読んでます
【2009/03/22 15:21】 URL | バンバン #t50BOgd.[ 編集]
★バンバンさん

 先日はようこそv-238

ワヤンがいつも「バンバンさんは、いつ来るんですか?」と待っとりますので、
すぐ行ってやってくださいませ…だといいのにね~~v-8

なんですか、不治の病にみまわれてはるとか…?
心配してます
【2009/03/23 09:52】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。