スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
チュニガン島に足を踏み入れた!
ジュングッバトゥ村のはずれにある「マングローブの聖地」を後にしてから

マングローブ3


レンボンガン島のガイド兼ドライバーのワヤンさんに
「チュニガン島」へ行きたいのですが

とお願いしました

何かのガイドブックかに、
”「チュニガン島」にはとてもきれいなビーチがあるから、
そこでひと泳ぎするのもいいだろう


というようなことが書かれていたので、
よぉ~~し!そこで泳ごう!と密かに水着を付けてきたのです

「とてもきれいなビーチがあるそうだけど、他に何か見る所ある?」

「う~~ん、別に何もないですけど…」ちょっと困ったような返事

「島に渡るということは、またボートとかに乗るの?」

「いいえ、橋があって、それを渡ると「チュニガン島」へ行けますよ。
かんたん!

と言ってくれるので

「チュニガン島」へ向かってレンボンガン島の南部へドライブ

「チュニガン島」は
レンボガン島とペニダ島の間の小さな島で
吊り橋を渡って行き来できるのです


吊り橋

車を吊り橋の手前に止めて、みんなで歩いて渡りました

この橋錆びてるし、ガタガタだし汚いし~
歩くとギシギシ音がして、先を見たら遠いし、
下を見たら木の板に隙間があってその下の海が見えるし~
…しかも皆が渡るのでゆらゆら揺れてくれて
大丈夫かな~この吊り橋


昼下がりの暑い中辿り着いたときは、はあ~~疲れた!

「チュニガン島」
レンボガン島に面した側にしか道はなく、
島の殆どが木々に覆われています

渡りきった所に
飲み物やお菓子やちょっとした日用品も売っている、小さなワルンがありました

水やティーを買って店の人に尋ねます

村やきれいなビーチまで、どのくらいかかりますか?」

「歩いたら、30分位かかるかな~」

ひぇ~~まだここから30分!
遠いな~~と思いながら少し歩きます

椰子の林が続く、細い道をテクテクと歩きます

のどかな雰囲気。
宿泊施設や食堂とかお土産屋さんなどは、ないようです

レンボンガン島のガイド兼ドライバーのワヤンさんが
「べつに何もない」と言ったのも蘇り
みんなもダラダラしているし…なんか疲れてきたので、戻ろうか…
またあのなが~い橋渡らなあかんしな~~

『チュニガン島に足を踏み入れた!』
だけで満足することにして、
軟弱にも「チュニガン島探検」は挫折したのです

わたしらって、「何もないよ」って言われたら「何もない」と思うのが変ですね
そこには、その場所にしかない人々の生活や、
においや空気、何かの出会いだって…あるのにね…

母子


なんて思いながら、次の目的地
ガイド兼ドライバーのワヤンさん、お奨めのドリームビーチへ向かいました

いい響き「ドリームビーチ





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓



【2009/04/12 14:29】 | 未分類 | コメント(0)
<<地球は美しいよ”ドリーム・ビーチ” | ホーム | 短い時間の旅のなかにも、豊かな感動があります>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。