スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「カジャンクリゥン」の日
今日はバリの暦で「サセカナム…Sasih Ke Enem」の日です。
この日はバリの神様が、
バリが平和で安心して暮らせるように、
悪霊たちを鎮めるため
2ケ月間かけてバリのなかを清めて廻られた最終日の
「カジャンクリゥン…Kajeng Kliwon」の日にあたるという日なのです。

「カジャンクリゥン」とは悪霊の活発になる日なので
悪霊のためのお供え物を祀り儀式をします。

お供え物の名前は「スゥガン…Segan」といい、
ジンジャーやニンニク、ラワール
(数種の野菜や香辛料そして鶏、アヒル、豚、山羊などの肉、
内臓などを細かく刻んだものに椰子の汁や
肉の生血を混ぜあわせて軽く蒸したもの)など
匂いの強いものを供えます。
飲み物は「アラック」などバリのお酒を供えます。

各村々ではこの日のため何度も準備の儀式が執り行われてきました。
そして最終日の今晩は盛大な儀式と共に大行列で収められるのです。

昨日の夕方と、今日の昼と夜の3回
長い行列がパダンテガルからモンキーフォレスト通りを
ねり歩きました。

先頭には黒の正装を身にまとった各村の警ら隊の男性達が
ピピピィーーーと笛を鳴らし交通整理しながら
行列を誘導していました。

いつになく彼らの緊張と、ここそこへと目を走らせる視線に、
真剣で厳しいものを感じました。

その後を大きな日傘を持った男性達と、
ガムラン楽器のグループが先導していきます。

身体に心地よい刺激を与えるガムランのゆるやかな音が突然
激しく迫力をともなって響き渡ります。
この音には胸を掴んで引き寄せられるような魔力があります。



小さな女の子達がきらびやかな衣装に華麗で妖艶なメークを施し
ひときわその場を輝かして歩く。
20061216180816.jpg





少年達がバリスダンス(戦士の踊り)の衣装を身にまとい
手には槍を持って
凛々しく続く。

20061205162105.jpg



そして色とりどりの果物を高く積み上げた
お供え物を頭にのせて女性達が歩く。
その姿は見とれるほどの色気と清楚をもちあわせた、
実に美しいバリの女性の姿でした。
20061216180746.jpg




張りぼての黒い牛と白い牛などの作り物。
真っ白な顔と衣装の大きな人の形や
バロンなどなどを豪華絢爛に飾りつけ、
聖なるシンボルたちを崇め祭りながら村人達が担いで通る。
500人以上のスケールで繰り広げられる大行列に
観光客がカメラで何度も何度もシャッターを切っているのが見えます。

再度のテロが起こってから、
警察官も大勢でて、
交通整理と警備に真剣に取り組んでいるのが感じられます。

ガムランの轟く大音量ときらびやかな行列が、
夜の闇を黄金色に染めていく。
バリの平和と安全を願う人々の心が、
空から大地から神々へ向かって確かに届くのだと、
信じられた思いでした。
20061216180730.jpg



”ポチッ”もヨロシク♪


【2006/11/28 16:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<バリへ導いてくれた”インド”旅行 | ホーム | プロローグ>>
コメント
ブログ開設おめでとうさん♥
スタッフの楽しい、、面白いお話し、、、
これからも楽しみにしてまぁ~す。(^O^)/
【2006/11/29 23:10】 URL | benidori #-[ 編集]
石原真理子の『ふぞろいな秘密』
藤原紀香の結婚
サトエリと海老蔵
若槻千夏の休養のワケ
夏川純と美容師のその後
などなど…芸能界の噂と真実を書き綴ってます

http://baiagla.blog49.fc2.com/
【2006/12/16 21:12】 URL | #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lagulagu.blog84.fc2.com/tb.php/2-660d92aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。