スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
サヌールでリゾート『スガラビレッジ』
バリのリゾートは、サヌールが発祥地なものですから
多くのホテルには歴史があり、ホテル内には緑が溢れ
のどかな空気が漂っています

観光客も落ち着いた雰囲気のリゾート地として選んでいるので、
欧米人や年配の人が多いように思いました

サヌールのキャッチフレーズとしてよく使われる
「大人の隠れ家
…ちゅうんやろうね

私が今回ラッキーにもリゾートしたホテルは
「スガラ・ビレッジ・ホテル」
「タンジュン・サリホテル」
わたしにとって、こんな高級ホテルに宿泊するなんて事は、滅多にないチャンス
これも親しい友人に紛れ込んで…のお陰


「スガラビレッジ」は以前から何度となくお客さんを迎えにきたりとかで訪れていました

画像 014
  ↑「スガラビレッジ・ホテル」の入り口

敷地が広く、部屋の点在する空間もゆったりしていて、
しかも海に面してます。
白砂のビーチがどこまでも伸びて、条件的にはとてもいいホテルなのに
部屋が古びて、バスルームや戸棚のなかにゴキブリの死骸が…

いい環境条件なのに、なんか…ちょっとね…と憂いていましたら、
昨年、すっかりリニュアルされて、とてもステキなホテルに生まれ変わったのです

スガラビレッジロビー
 ↑ゆったりしたロビーには老舗の趣がまだ残っています

スガラビレッジ庭
  ↑ホテル内の庭園は、広々として開放感があってとても気持ちがいい
   この広さのおかげで、宿泊客がひしめいている感が少しもしないのがいいですね

スガラビレッジ・バー


プールは3つもあるし、部屋はエアコンが効いて涼しいし、
部屋は清潔だし、お湯はちゃんと出るし、テレビもあるし、
冷蔵庫も電話もあるし…

画像 023


いつもウブドで使う”わたしレベルの宿”と比べたら
何不自由ないリゾートをしたわけですが

スガラビレッジ部屋
↑泊まった部屋の外観

今思い起こすと、多分わたしのなかでは

ただ、単にリゾートだけのホテルはそう求めていないかも
しれないな~

ビーチでリゾート
  ↑今回、こんなことも、しなかったな~(しかし、西洋人はゴッツイな~~)

いつも山間部のウブドにいると
無性に海を眺めたくなります
ボォ~~~と
でもホテルの規模はそんな重要じゃないんですね

サヌールには、ビーチに面していなくても、
とてもステキなホテルがいっぱいあります

タナバレ


でもわたしにとっては、ビーチエリアで宿泊するなら、
ホテルと海が一体となっていることが、望ましいかな…

サヌールは東に位置しているため夕陽は望めませんが
早朝には朝日を浴びながら漁師が網を引いているのが見られます

朝のビーチ

なんか風水によれば、
「昇る太陽からエネルギーを受けるのは、とてもよい」…そうです

サヌールの土地自体が
海からの朝日によっていいパワーをもらっているので
訪れた者を心地よくしてくれている気がします




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓




【2009/07/05 15:04】 | 未分類 | コメント(2)
<<歴史を包み込んだ老舗ホテル…「タンジュン・サリ」 | ホーム | サヌールにエールを!>>
コメント
素敵なホテルですね♪( ´▽`)
老舗がリニューアルしたら
新しくてサービスも行き届いて
最高ですね♪
サヌールのまったりした海を見ながら
ぼーっとして お腹空いて
ご飯を美味しく えなっ‼と食べ
また ジャランジャラン
チャペー~とスパにいく
そんなリゾートしたいです( ̄▽ ̄)
【2009/07/05 23:49】 URL | マイシャ #-[ 編集]
★マイシャさん

 マイシャさんのリゾートスタイル、いいですね
何の予定も入れず、時間も気にせず、
本能のままに動く
”ああ~なんか1日が過ぎたな~”

忙しい日々を送っている人には、
たまらなく”やりた~~い!”
リゾートですね
【2009/07/06 09:27】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。