スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
歴史を包み込んだ老舗ホテル…「タンジュン・サリ」
今回初めて「タンジュン・サリ」宿泊してみて、根強いフアンがあるのが納得できました


最近の新しいホテルは、
また古いホテルでもリニュアルする時は
快適なリゾートホテルを、とかく目指している気がします。
どこへも出かけなくても
ホテル内で十分楽しめるよう、施設やスパを充実させています。

flower.jpg


まあ、それはそれで、日常の生活から開放されて
リゾートを楽しみたい人達にとっては、
至れり尽くせりのお部屋や施設
のんびり、ゆっくり快適に過ごせるホテル、そりゃあ~~いいですよね

IMG_0358.jpg
↑豪華なヴィラには、こんな贅沢なプライベートプールも付いた部屋もあります

ほんとうに、バリはホテルを楽しむのにも、
魅力的な島です
手ごろな値段で、贅沢に空間を持って配置された部屋
南国の色とりどりの花が溢れた庭、
目移りしてしまうほど、素晴らしいホテルが満載

でもね~~、なかには”別にバリでなくっても
ウブドでなくっても
サヌールでなくっても、いいんじゃないの~
このホテルがハワイに建ってても、そう変わらないんじゃないかな~~”

と、ついつい思ってしまう単なるリゾートホテルも多いです

比較的ウブドは、ウブドの深い緑や渓谷の自然を生かして
うまく調和させているホテルは結構あります

しかし、海側はついリゾート感覚を優先させるので
その土地の空気や香りを含んだ
その場所と、一体感を持って存在しているホテルは、少ない気がします

前置きが長くなりましたが、
「タンジュン・サリ」には、

バリの、そしてサヌールの空気とうまく溶け合った
老舗の匂いというか…
歴史が感じられたのです

もう15年以上前でしたか
初めて「タンジュン・サリ」を訪れたとき

他のホテルにはない空気がありました

ロビーには歳いったおじいさんスタッフが
バリの装いに身を包み(これがまた似合うんですね~~)
テキパキではなく、そろ~りとした動きで、

にこやかに出迎えてくれました
それは客を迎えるというより、まるでもっと前から知っているかのような
親しみが込められた迎え入れ方でした

タンジュンサリ・ロビー3


ロビーの端っこに吊り下げられた大きな「バランガンジュール」
ぼぉ~~ん~~~~!と打ち鳴らされ
”いらっしゃいませ~~”と歓迎の音で、迎え入れてくれました
心地よい旋律がロビーに響き渡ります

鐘
   ↑バランガンジュール

ロビーの床に腰を下ろして、老眼鏡をかけて
のんびりバリの暦を熱心に眺めているおじいさん従業員が
眼鏡の上目越しに、ニコッと優しい笑顔を黙って向けてくれて
そのまま、また暦に目を落とします

タンジュンサリ・ロビー2


なんだか昔の『南の島バリ』のホテルに
初めて足を踏み入れた旅人のような
夢見るような感覚にとらわれたものでした



話によると、
ミック・ジャガー、
オノ・ヨーコ、リンゴスターやエイザベス女王…
そして先日惜しまれて惜しまれて、亡くなったマイケル・ジャクソンまでもが
訪れたといわれる

いわば「元祖・隠れ家ホテル」には、
多くの人たちに愛されるべき安らぎが漂っています


タンジュンサリ部屋前


ホテル内には殆どの従業員が年配の人たちばかりでした

バリの、サヌールの歴史を眺めながら働いてきた人たちなのでしょうね
こういう人たちのかもし出す空気は、
新しいホテルでは太刀打ちできない重厚さがあります

今は社長が息子の代に変わり、おじいさんスタッフは少なくなって
若い初々しい青年や女性も入り混じって働いています

タンジュンサリレストラン
↑ひなびた感じのレストランが、またとってもいいのです

それでも、最近どんどん快適なリゾート化したホテルが増え始めている中
タンジュン・サリホテルの持つ、スタッフの人たちは
ほのぼの温かいのです

それが今回友達グループと
宿泊した日が、たまたま大ラッキーだったのですが
素晴らしい歴史と遭遇できたのです

次回に書きますね






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓

【2009/07/12 15:28】 | 未分類 | コメント(2)
<<タンジュン・サリで…歴史との遭遇 | ホーム | サヌールでリゾート『スガラビレッジ』>>
コメント
いよいよあさって出発のナミ平です~!マイケル様までもタンジュンサリにお泊まりされたとか!?アイポットにマイケルジャクソンも追加してもって行かなきゃ!タンジュンサリも、レンボンガン島も、戻ったらいろいろご報告いたします!ラグラグの皆さんに合えるのも楽しみです!
【2009/07/13 18:01】 URL | ナミ平 #-[ 編集]
★ナミ平さま

 ご出発前の忙しいときにコメントありがとうございます
そうなんですってね~~マイイケル・ジャクソンやマドンナ、著名な人たちご用達の宿とか・・・

マイケル様v-238いつまででも見てたい彼のパフォーマンスや歌、ダンスですね

彼を偲んで「タンジュン・サリ」へ、CDだけでもを連れて行ってあげてください

バリ旅行楽しんできてくださいね~~
【2009/07/13 19:36】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。