スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
誰が自分を躍らせてくれているのか…
グイグイと一寸の隙もなく自分のペースに集中させていく
厳しいイブラカ女史の真に迫ったお稽古のあとは
…彼女のレッスンを受けたら、才能ある子はめきめき上達するでしょうね…

打って変わったような、物静かな物腰、優しいまなざしの
イダ・バグース・オカ・ウィルジャナ氏…通称「グス・アジ」のお稽古が始まりました
レッスンを受けているのは
グス・アジ氏のような線の柔らかい、上品な少年?…青年かも


お稽古をつけていた舞は
「クビャール・ドゥドゥック」

ワークショップIMADE


「クビャール・ドゥドゥック」のドゥドゥックとは「座る」という意味で、
立ったり座ったり、時には中腰の姿勢で長く踊るので
強靭な足腰が求められます
扇子を手に、長く残した腰布の裾をはためかせ、
座る時はその裾が美しく床に延びなければいけない。
など高度なテクニックを要する舞なのです

ドゥドゥク


雑誌からの抜粋になりますが

「バリで良い舞踊家の条件は3つ。
まず踊りがその人本来のキャラクターに合っているかどうか、
次に衣装を着けて舞台に立った時に輝いて見えるかどうか、
最後に踊りの技術」
グス・アジ氏は言います

普段目立たなくても、舞台の上に立ったときから
光り輝くオーラーを、内面から放つ姿が大切で
技術は二の次だとか


グス・アジ氏が20代〜30代のころ
当時の初代スカルノ大統領に気に入られ、ジャカルタの官邸にたびたび踊りに呼ばれます

その時「お金ではなく友達を増やしなさい」とスカルノ大統領に言われました
彼はその言葉を忠実に守って生きて来たといわれています

年齢、国籍を問わずたくさんの友達を持っていて、
潔いほどに金銭や持ち物に執着をしませんでした

彼から稽古をつけてもらった舞踊家が、差し出す謝礼も受け取ってもらえないので
困惑した、というような記事がありました

そしてグス・アジ氏は言われたそうです

「30分踊っていくら、1時間教えていくら、なんて考えていたら
良い結果が出るはずがない。
誰が自分を踊らせてくれているのかを忘れたら、
その踊りはテクニックだけのつまらないものになってしまう


扇子

やはり芸を究め、それなりの歳を重ねた人のなかには
揺るぎない哲学が根付いていくのでしょうか
それとも
そういう哲学を持った人だからこそ、
芸を究めることが、できたのかもしれないですね

今回の『巨匠達の特別公演とワークショップ』の持つ意味は

昔の名声と、伝統を頑固に押し付けようとするのではなく
移り変わる時代と歩調をあわせながら
そして、いまなお現役で舞台に立ちながら
これからバリ舞踏の未来を背負ってたつ踊り子達に、
古典舞踏の精神を継承しようという気迫のアプローチなのです

そして、バリの伝統的社会、伝統芸能のなかに流れる
「神とともに生きる」哲学に
改めて深い感動をおぼえました

”誰が自分を躍らせてくれているのか”を忘れたら
その踊りはテクニックだけのつまらないものになってしまう







いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓





【2009/08/16 16:09】 | 未分類 | コメント(1)
<<巨匠を取材する女性に魅せられて | ホーム | 「私がここにいるうちに、すべてを渡さなくては」迫力のワークショップ>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/12/03 02:23】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。