スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ギャニャールの海へ行こう!
ウブドのような山間部にいると
時々「海が見たい~~!」と思うのです

毎日見飽きるぐらい海の側にいる人でない限り、
人は誰でも
時々無性に「海」が恋しくなるものですね。
20070117235503.jpg


ウブドから近い海、
そしておいしい魚料理といえば、

ギャニャーの”サテ・イカン”(魚のつくねを串に刺したもの)
「海へ行こう!」「サテ・イカンを食べに行こう!」
ウブドから車で東へ20分
バリ中東部に位置します
ギャニャールはバリを日本に置き換えた場合の、
県にあたるので
『ウブド』はギャニャール県ウブド市となります

ギャニャール県の県庁所在地であるギャニャールには
警察庁、裁判所、大きな病院もあります。

私はここの警察庁にも裁判所にも病院にもご厄介になったことがあり
通いなれた馴染みの街でもあります

織物(イカット)の中心地としても有名で、
たくさんの工房も立ち並んでいます

電気製品、
食料品、衣料品など生活用品はなんでも揃います

でもここは、観光客は殆ど見かけない
地元の人達で賑わう
大変ローカルな色合いの街

夕方4時頃から並ぶナイトマーケットは
いろんな種類の屋台が軒を並べます
20070117235608.jpg

豚の丸焼き、串焼きのサテ、ナシチャンプル、
バナナの衣揚げやホットケーキ風お菓子、
20070117235706.jpg
  ↑豚の丸焼き

バリの生菓子やカキ氷入り寒天、
妖しげなジャワの伝統的治療薬ジャムゥから
子供達のおもちゃ(日本の昔懐かしいおもちゃ。セルロイドの
お面やブリキのねじ巻きお猿などもみかけます)
20070118093052.jpg
   ↑ヒヨコ

衣料品など所狭しと立ち並び、
ちょっとした小銭で食べたり、買い物したりと
20070117235629.jpg


夕方には地元の人達が
どやどややって来て瞬く間に活気付きます。
白熱灯やオイルランプの揺らぐ灯、
ひしめき合う屋台
アジア特有の匂いと風情が漂う
『庶民の憩いの場所』に人が溢れます
20070117235541.jpg



さて肝心の「海」「サテ・イカン」ですが
賑やかな街から海岸に向かって少し車を走らせると
地元の人に連れてきてもらわなければ、
殆ど知る事のできない
”レビ村”という素朴な漁村があります
20070118093107.jpg



黒砂のビーチに沿って「ジュクン」…バリの伝統的な帆船
が何台も並んでいます
20070117235906.jpg


その奥
店内には砂の上に敷物を敷いただけの
簡単な屋台風の
”サテ・イカン…魚のサテ”のお店が並んでいます
20070117235757.jpg

20070117235741.jpg


ジンバランの「イカン・バカール」のような
ちょい高級シーフードではなく
素朴で美味しいくって
そして驚くほど安いのです!!
20070118001012.jpg


魚のつくねのスープ…ピリ辛で、ウマイ!
サツマイモ入りご飯…栗ご飯みたい
カンクン(青菜)を湯がいてピーナツと香辛料で混ぜ合わせたもの
魚のサテ8本&バナナの葉で包んだ魚の「ペペス・イカン」
これだけ揃って:1万ルピア…140円
20070117235840.jpg


ビーチの一番前に突き出たお店が
海を眺めながらの特等席なので
そこに陣取りました
20070118001133.jpg
     ↑ナカン&デワ

魚が運ばれてきたら、猫も寄ってきます
20070118093035.jpg


遠くで聴こえていたガムランの音が
すぐそこまでやってきました
ビーチが何だかとても賑やかになってきました
すごい人です!

       ↓
    次回に続きます

”ポチッ”もヨロシクお願いします♪



【2007/01/18 00:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5)
<<”水の神様…ヴィシュヌ”ギャニャールの海にて | ホーム | 『コモド島アドベンチャー』からの帰還>>
コメント
ここが、以前から聞いていたお勧めシーフードですね!
思ってたより風通しのいい気持ちよさそうなお店で行きたくなりました。

ギャニャール、懐かしいなぁ~、屋台に行ったらラグラグさんが必ず買うお団子がとても食べたくなりました。
ゴールドもなつかしぃ~。
しかし、えげつない色のひよこが可哀想(;_:)
なんの目的でこんな色になってるの?
色つけただけで寿命縮まりそうやん。
【2007/01/18 15:22】 URL | benidori #-[ 編集]
☆Benidoriさん

 コメントありがとう!
言うと思った予測が2つありました。
ギャニャールの『ゴールド』 とひよこの『着色』
よっぽど書こうと思いました
「私の友達でギャニャールのゴールド屋が好きな人がいて、ちっちゃいゴールド1個買うのに、
ウブドからギャニャールへと2,3往復はしますねぇ~」…とちょっと誇張気味に書こうかなっと思ったんやけど…

ヒヨコは幼稚園や小学校が買うそうや。
算数に使うんかな~?ウロチョロするのに…ね
【2007/01/18 17:03】 URL | ラグラグからBenidoriさんへ #-[ 編集]
いっちゃんの予想通り、私もひよこに反応するわ~><;
可哀想や~、、ギューギュー詰めやし;;

でもこのサテとスープの味!美味しかったわ~^^食べきれへんくらい量もあって!
お店というよりビーチ小屋みたいな素朴なところもええよね☆
【2007/01/19 03:01】 URL | バンバン #-[ 編集]
☆バンバンさん

 まいど!です
コメントありがとう!

バンバンもBenidoriさんも、その上の
「豚の丸焼き」はかわいそう違うんか?(笑)
裸にされて焼かれて食べられる運命と、
かわいい色つけてもらって、
これから子供達にかわいがられて生きていく運命…どっちがいい?
まあ、ひよこも後で大きくなったら
食べられるんやけど…
ひよこはジャワから来たそうです。

【2007/01/19 11:52】 URL | ラグラグからバンバンさんへ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/02/02 21:20】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lagulagu.blog84.fc2.com/tb.php/21-c78fdf06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。