スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
存在感を持った食器「ジェンガラ・ケラミック」
少し前の記事「サヌールにエール!」でご紹介したレストラン
Cafe Batujimbar(カフェ バトゥジンバール)…では、食器はぜ~んぶ「ジェンガラ」を使っているのですよ、ってご紹介しましたね

サヌール・カフェ・ジンバル
↑ Cafe Batujimbar(カフェ バトゥジンバール)


バリでは、随分昔から、高級レストランや高級ホテルが使う食器は
「ジェンガラ」のもの、と決まっていたほど、有名な陶器…
サヌールでのお話の最後に「ジェンガラ」のことを書きますね

ちょっといいレストランやホテルで食事したとき
お皿を持ち上げて「やたら重たいな~~」と感じられたことがあると思いますが

不思議と目につくというのか
存在感を持った食器、それが「ジェンガラ・ケラミック」

この「ジェンガラ・ケラミック」
1976年、ニュージーランド人の陶器デザイナー・ブレンヘスリン氏(Brent Hesselyn・1950-2002)とインドネシアのホテル経営者(Waworuntu父娘)によって創業されました。

hesselyn.jpg
↑陶器デザイナー・ブレンヘスリン氏

それ以来、世界各国から優れた陶芸家やデザイナーが 参加して、
シンプルで独創的な陶器がつくられてきた、という歴史を持っています


そしてこの「ジェンガラ」の窯元が初めてお店をオープンしたのが
サヌールでした
「サリブミ」という名前の小さな食器店として1軒だけ登場しました

本当に随分昔、お客さんが
「サヌールにある、サリブミというお店に行きたいのです」
と言われたのですが、

それは何のお店?サヌールのどこにあるのですか?

その頃、私はまったく情報を持っていなくて、
どこだ、どこだ?!と
サヌールの街を、あっち行ったり、こっち行ったりで探した末に辿り着いた小さなお店

かわいいデザイン、ぽってりと重みのある陶器
ああ、これは「カフェ・ロータス」が使っている!
前から、欲しいな~と思っていた、
淡いブルーのキャンドルスタンドや調味料入れ

ここの陶器だったのか~~と感激したものでした

いつの間にか、多くの人を魅了した「ジェンガラ」
数年前には、ジンバランにも
Jennggla Keramik「ジェンガラ・ケラミック」という大型店舗をオープンしたのです

娘
Jennggla Keramik「ジェンガラ・ケラミック」のオーナー。
彼女はブレンヘスリン氏と共同で創業したインドネシアのホテル経営者の娘の「Ade Waworuntu」さん

モダンでセンスのいい大きな店内には

華やかな色彩の棚に、さまざまな食器や花瓶や灰皿など
3500種類もの商品が美しく並び、夢溢れたディスプレィは見事です

今や2500のデザイン&200色のカラーバリエーションがあるとか

最近は、禅スタイルのデザイン、、デザイナーに日本人デザイナーも名前を連ねていて、同じデザインを造りつづけるだけでなく、ジェンガラのイメージを守りつつ常に新しいデザインにも挑戦しているのでお店に行くたびに新しい発見があります。
bamboo-bath.jpg
↑バリ島で最もおなじみの植物『竹』から、デザインした洗面グッズ

写真撮影はダメですよとカメラを向けた人は注意されますので、気をつけてね

プリバユ&ジェンガラ 002
↑私も買ってきてラグラグ・オフィスのカウンターに置いてみましたが、あまり似合わないですね

ジェンガラ(デルタ)
↑これはウブドのスーパーマーケット「デルタデワタ」の陳列ケースにしっかり鍵を掛けて売られています
乱雑なディスプレイにジェンガラのオーナーが見たら泣きますね

きれいな色と独特の厚みを持ち、
蓮やバナナの葉っぱの形をモチーフに柔らかな曲線を描いたお皿
葉っぱ

ちっちゃなカエルがちょこんと座っていたり
象やカメのかたちのポットやカップ
巻き貝や、花をモチーフにしたりと、
バリ島の女神や豊かな自然や生き物などをモチーフにユニークで 遊び心に富んだ陶器は
よけいに親しみをもてるし温かい

こんなのを家の食卓に並べて、こんなお料理で盛り付けして…と想像して
重いのについ買ってしまうんですよね


女神




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓


お断り:機内にあったガルーダの雑誌から写真と記事を抜粋しています
【2009/08/30 12:38】 | 未分類 | コメント(4)
<<バリの犬はしあわせ?…そしてシロは | ホーム | 巨匠を取材する女性に魅せられて>>
コメント
いつ子さん、こんにちは♪
私、食器が大好きで、ジャンガラの器も興味があるんですけど、
ジャンガラのことは名前を知ってるだけで全然知らなかったので、
今回も興味深く読ませていただきました。
去年はサヌールのアウトレットのお店で、白いシンプルな花器を1つだけ買ってきましたよ~。
いつか、ジンバランのお店にも行ってみたいな~。きっと素敵なんだろうな(お値段も 笑)
【2009/08/31 13:24】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
好きです!ジェンガラ!
いいですよねー。
ジンバランにも、サヌールのアウトレットにも行きました!
サヌールのアウトレットもデルタデワタに負けず劣らずでしたよ(笑)
ジンバランとは大違いで、本当にジェンガラかな?って思いました。

【2009/08/31 18:39】 URL | しゃお #-[ 編集]
> ★マチコさん
>
>  わたし、この間ジンバランのお店に行ってきました。
> な~んにも買いませんでしたが、
> カラーもデザインも増えていて、見ているだけでも楽しかったです。
> でも、わざわざジンバランまで足を運んで、何も買わないのはちょっと淋しいものがありますよね
> …お値段、そんな高くないですよ
> マグカップ、欲しいな~と思っていたので9ドルでした・・まあまあの値段ですね…それより、重いのと持って帰る際の「ワレモノ」への手間考えると…ね~~
>
>
> ★ナミ平さん
>
>  そうなんですか~~ナミ平さんは、ネットで揃えられるほど
「ジェンガラ」のファンなんですね。
> 素敵な食卓なんでしょうね
> 小さい子供さんと食器屋へは,行けませんよね
> わかります!わかります!
> わたしも、普通のスーパーへ行ったときも、
> よく足に間に子供を挟んでレジでお金払ったものですv-356

ナミ平さん、ごめんなさい!頂いたコメント、手違いで削除になっちゃってすんません~~
>
>
>  
【2009/08/31 19:09】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
★しゃおさん

 やっぱりね~v-352きっとしゃおさんも「ジェンガラ」お好きだろうな~と思っていました。

サヌールのアウトレットのお店は行かなかったですが、夢ある食器はディスプレイによって、
購買意欲が違いますよね
【2009/08/31 19:16】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。