スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
”シロ”は酔っぱらい?…そしてべらぼうに高いバリの医療費
バリの犬の平均寿命は5,6年だそうです。
栄養状態も悪いし、病気もすぐに蔓延するし、
交通事故も多いしね
病気したって獣医へ連れて行くなんてことはよっぽどの金持ちか、
血統書付きの犬を意識で飼っている人たち…かな?

そういうバリの事情も分かっていますので
デサのご家族に、重い責任を感じてもらっては気の毒なので
「シロももう年寄りだし、死ぬときは死ぬ…自然の摂理だから、
もし、何かあっても一切責任なんか感じないでね」
とは言っていますが

そのシロにも…とうとう異変が

今年の2月頃からコマンの代わりにデサがラグラグ・オフィスで仕事をするようになりました
コマンの話は、またいつか書きますが・・・

desak.jpg
↑デサ…私がバリにいない時、シロはデサの家にいます

私が日本にいる時、そのデサからメールが来まして

「シロに少し問題があります
歩くとき”酔っぱらい”みたいです
まっすぐに歩くことができません。でもご飯もちゃんと食べるし、元気です」

という、あっさりとしたシロの近況を知らせる内容でした

だいたい、デサという人は、コマンとはキャラが正反対で
サバサバした、あっさりキャラ。
メールの内容も、コマンと比べると文量も三分の一位で、簡単、明瞭

でも優しくって、明るくって、正直で
彼女ほど信用の出来る人を、バリで探すのが大変なくらいの貴重な人です

私とはもう15年の付き合いです


私は常々、寿命が短いといわれるバリの犬のなかでも
シロは13年も生きて愛させてくれて、私を守ってくれてきたし…
いつ天に召されても仕方ないかな~と
心の中では、いつも覚悟はしていました

犬も寿命がくるとまず足腰が弱るそうですから、とうとうその時がきたのだな~

覚悟はしていたものの、やはりショックで
早速電話をして詳しく症状を聞きました

私が「もうシロも歳いっているからね~」と言うと

デサは
「近所の犬はまだ若いのに、シロと同じように足がぐらぐらで”酔っぱらい”みたいな歩き方をするの。
バリの犬にはよくある病気みたいですよ」

と言うのです。

「まあ、取りあえずはお医者さんへ連れて行って診てもらって欲しい」
ワヤンにもお願いしました

またワヤンからメールが来て、
「お医者さんへ行ったら、3日に一回連れてきなさい、と言われました。
それで薬ももらいました
私はこれから、シロさんが治るように一生懸命お医者さんへ連れて行きますから
心配しないで下さい。
薬も飲みますから、きっとシロさんは、よくなって長生きしますからね
シロさんは、赤ちゃんの時から今まで私もずっと一緒でしたから、
シロさんが”酔っぱらい”みたいな歩く姿見ると、とても悲しいです
治るように毎日お祈りしますから、
イツ子さんは心配しないで下さいね」


と熱い熱いメールをよこすものですから、
私は”ウッウッ…”と胸が詰まって

ワヤンありがとう!ありがとうね…シロをお願いね!

ワヤンという人は、人をホロッとさす、温かい言葉を持った人なんですね

わやん2


暫くして、またデサからメールです

「シロをお医者さんへ連れて行って
薬もらうたびに”150,000ルピア”要るんです。週に2回行きますから
1週間で”300,000ルピア”でしょう。イツ子さんのお金かわいそうです。
…バリでは、”かわいそう”という表現は、”もったいない”という意味も含みます…
近所の犬がミルクを飲んでよくなったので
デサがそのミルク飲ませますが、どうですか?」


300,000ルピアと言えば今のいいレートで約3000円ですから、
バリの物価から考えてもえらい高い!!

だって、1ケ月のお給料が300,000ルピアの人だってざらにいるのですから
しかも週に1回…
これは医者のぼったくり…かな?と思ってしまうほど

デサの云うとおり、それは高いし、医者の言う通りしていたらきりがないかも…

シロもまだ若くての病気なら、治せるものなら治してやりたいですが
なんせバリ犬の平均寿命をはるかに越えて生きているのだから
自然のままが、いいのかも…



ニョマンカルサでシロ





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓




【2009/09/27 14:16】 | 未分類 | コメント(7)
<<シロの治療費より、バリの人の現状はもっと大変 | ホーム | バリのブランド犬…そしてシロ>>
コメント
うぅぅ、私もシロの事が心配です~。
実家にもシロと同じくらいの歳の犬がいるので、
他人事とは思えません。
ずっとずっと一緒にいたいけど、やはりそれは無理な話ですものね。
頭ではわかっていても、なかなか気持ちがついていかないです。
シロがよくなりますように☆私も祈っています。

私たちが行く時には、コマンちゃんはいないのかしら・・・
あーん、とっても残念です。会いたかったな~。
【2009/09/27 20:36】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★マチコさん

 マチコさん、いつもいち早く読んでくださってるんですねv-238
テリマカシ・バニャ!です
シロの事ご心配頂いてありがとうございます。

どうしても動物の方が寿命が短いですから、
いつまでもいっしょ、とはいきませんね。
でもまだデサの家で楽しそうに生きてますので、次行った時に会えて、その次も…と祈るばかりです

コマン…彼女は今大学生です
また戻ってきますからね
ありがとうございます、みんなを愛していただいて、感謝ですv-353

【2009/09/27 23:24】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/03 16:50】 | #[ 編集]
8月のおわりに直接ラグラグオフィスへ伺い、ホテル手配でお世話になりました、Kです。
ブログで拝見していたスタッフの方々の本物さんにお会いできて嬉しかったですv-22
あの時、「あなたがコマンさん!?」と言いかけて、躊躇したのです。わからなかったんです、ご本人か別人か!
ようやく今、わかりました~(笑

シロちゃん、早く良くなりますようにv-237
高価な薬の効き目が気になります。。。
【2009/10/03 18:21】 URL | koko #-[ 編集]
ほんの少しの時間しか会えませんでしたが、デサさんのお家でシロ君は広い敷地の中v-301を子供達やほかの動物と一緒に自分のペースではしゃいだり、のんびりしたりしてすごしてました。シロ君は13年間いろいろなものをみてきていていますから、人間の長老のように穏やかに悟っていて、周りの人が心配しているよりもマイペースに体の変化も受け入れられているのかもしれませんね。
それにしても、ワヤンさんらしい心のこもった温かい言葉、、、デサさんの肝っ玉母さんぶり、、、私まで涙してしまいました。彼らの身近にいるシロ君ですからきっとしっかり気持ちも伝わっていますねi-228
【2009/10/04 03:42】 URL | ナミ平 #-[ 編集]
★kokoさま

 コメントありがとうございました。
”コマン”の名前、ちゃんと覚えて下さってたのですね。
はい、彼女は「デサ」です。
よろしくお願いしますv-290

シロのご心配ありがとうございます。
命は永遠とは違いますから、覚悟はしているのですがe-263
【2009/10/04 12:18】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
★ナミ平さん

 そうでしたね。デサの家でシロに会っていただいたのでしたね。ちょっと見ていて辛いものがありますよね。
ナミ平さんのご家族が遊びに来てくれて、
デサの家の子供たちと、一緒にワイワイ遊んでいる活気がシロにとっては元気の源になる気がします。
シロは分かるのです「あっ、日本人の人たちや!」って・・・
ナミ平さん、テリマカシィ!


【2009/10/04 12:56】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。