スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
とっておきの離れ小島”ギリ・ナングゥ”
「以前に”ギリ・メノ””ギリ・トラワンガン”に泊まったことがあるので、
今回は”ギリ・アイル”に泊まってみます」と言ったら

ロンボク島のエージェントの社長が
”ギリ・トラワンガン””ギリ・アイル”は誰でも知っているけど
殆どの人が知らない、とっておきの島があります。
あなたが素朴で静かで自然が好きだったら、きっと気に入りますよ。
なんせ海の透明度は他と比べ物にならないくらい抜群に澄んでるからね」

とえらい自信を持って、連れて行ってくれたところが

「ギリ・ナングゥ…Gili Nanggu」

子供
↑船着場には人懐っこい子供たちが寄ってきて写真を撮って欲しくてポーズを…
ギリ・トラワンガンなど3島への船着場には、物売りや
ペットボトルに水を入れて、観光客の足についた砂を洗い流して、チップをもらおうと
商売する子供たちで溢れていますが、ここはやはり観光客が殆ど来ないので
商売の子供たちはいないみたですね

小さな離れ島「ギリ・ナングゥ」は、ロンボクの南西に位置します
空港から約1時間のレンバル港からチャーターボートで20分

レンボンガン島へのクルーズでひどい船酔いにあったので、
心配していましたが、波は穏やかで快適でした

nangu 海の上


島に近づくに連れて、海水の透明度がぐんぐん高くなっていきます

nangu island
↑ここにも小さな島があります。人は住んでいないけどお寺があるみたいです

バリ島とロンボク島は約50kmしか離れていません。
でも海の水の透明度、ホワイトサンドビーチの美しさはバリより数段上ですね

島に上陸すると、島の人がボートを引き寄せ出迎えてくれました
おおらかでのんびりとした動き、見るからに人の良さそうな素朴な笑顔

エージェントの社長さんとは顔なじみのようで
「やあやあ」とにこやかに話を交わしています

nangu beach 3


言葉を失うくらいにきれいで静かな島

nangu baach2

取りあえずお腹が減ったのでお昼ご飯を
殺風景なレストランで、わりと味の薄い…そう美味しくない食事をとりました

bangalow 並ぶ
↑ビーチより少し奥まった所にバンガローが並んでいます
だあ~~れも入っていません

heya no naka
↑室内

hotel.jpg
↑ビーチに面して2階建てバンガローが並びます…ここには数組の欧米人のお客さんが滞在していました

予定をしていなかったので、今回はこの島には泊まりませんが

このきれいな海で、泳いでみたい

カニ

とっておきの知られざるこの島の浜辺は、太陽に照らされてキラキラ輝いています
岸から少し泳いだだけで、カラフルな魚たちと出会うことができました
ほんとうに静かできれいな海~~

「もう少し沖に行ったら海ガメが見えるよ」と
ず~と暇そうにロンボクのエージェントの社長と話しながら
私たちについてくれている島のおじさんが言います

Lomok Yujin
   ロンボク島エージェントの社長さん↑  ↑ギリ・ナングゥの住人のおじさん

限りなく透明な海と真っ白い砂。それにしてもこの静けさはなんだろう

宿は1一軒だけ、レストランも一軒だけ。
島の住人は15人だけ。そして皆ここののスタッフだと言います

勿論車もバイクもチドモもないし、テレビも音楽もない。
あるのは澄み渡る空と海と風と優しい人たち。
満天の星の下で奏でる静かな波の音が眠りをいざなう。


nangu ocean



島からの帰り、とてもきれいな夕陽に出会いました…ロンボクの夕陽はまた格別美しい
ギリナングの帰りの夕陽







いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓

【2009/12/13 14:27】 | 未分類 | コメント(4)
<<心は「フローレス島」&「カナワ島」へ | ホーム | インドネシアは魅力的な島がいっぱい!>>
コメント
うわ~~~、とってもキレイな海ですね!
私の場合、あまりに静かで人がいないと、
ちょっと寂しくなっちゃうけど(笑)
でも、こんな静かな海で、誰の目も気にせず
のんびり泳いでみたいです♪ 憧れだわ~
【2009/12/14 16:22】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★マチコさん

 そう、私たちは美味しいレストランやちょっとしたお買い物ができる環境が必要ですね。

でも欧米人は、こういった自然そのもののなかで、
うまく時間を過ごしますね・・・

いつか「ギリ・ナングゥ」行こうと思っていますv-518v-520
満天の星が見てみたいです
【2009/12/14 16:37】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
初めまして。以前から愛読させていただいておりました。
ギリナングー、今年の夏から気になってました。写真を見るのは初めてですが、やはり美しいですね。。確かここの近くにインドネシアで初めての水上コテージがあるそうですが、そちらの情報はご存知でしょうか?
陸路で行くと空港から2時間近くかかるそうですが、レンバールまで行くのだったら同じようなものかなと思ってるんですが、やはり違いますか?
しかしナングーなどの小島がトラワンガンみたいに人気スポットになるのも切ないような^^;
【2009/12/23 16:09】 URL | dua #-[ 編集]
duaさん

 コメントありがとうございました。
そうなんですか~水上コテージの情報は知りませんでしたが、今バリにいますので、ラグラグのスタッフに調べてもらいますね。

先日ヨーロッパ人のファミリーが3泊してこられて、最高だった、とてもリラックスできたと申されていました。
こういうところで、買い物もスパも車もなしで自然を満喫できるようになりたいですね
【2009/12/23 18:05】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。