スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
心は「フローレス島」&「カナワ島」へ
急激に寒さが厳しくなって寒さに弱い私はガタガタ震えながら
南の島に思いを馳せています

と、いうことで明日から、バリへ行きます

そして、今回以前から行ってみたい、行ってみたいと思っていた
インドネシアの他の島へ行く予定をしています

今更ながらですが
インドネシアについて,ちょっと…

面積は約194万平方キロメートル(日本の約5倍)で、人口は世界で4番目に多い2億2千万人
赤道をまたがる1万8,110もの数え切れないほどの島々を抱えた国です
そのうち約6000の島に人たちが住んでいるそうです

島々によって異なる文化、宗教、言葉、そして人種など
それぞれの島やエリアが様々な顔を持っています
どの地方にも独自の文化があって、固有の動植物が生息しています。

バリやジャワは殆どの人に知られていますが、
知られざる魅力のある島はまだまだいっぱいあって
それらは観光化されていない島や地域が殆どです

交通やホテルやレストランなどが全然揃っていない島
自然や風俗が昔のまま残っている原始のような生活を営む島も多くあります
既存の観光地に飽き足らない人にとっては
ワクワクするような島がいっぱい

私も若くて元気なら順番に回ってみたい~~ところですが
ペニスケースや腰ミノだけを身に付けて自給自足の生活を営む
「パプア(イリアン・ジャヤ)」も興味あります、が!体力要りそう…

map_indonesia.gif



最近人気が出てきたのが
コモド島で【コモドドラゴンに会いに行くアドベンチャーの旅】

【コモド島】は国立公園の一部になっていて珍しい動物がたくさん住んでいます

面積は 390 平方キロメートル、人口は約 2000 人。
島の住民は、島に追放された元囚人の子孫や、
スラウェシ島から来たブギス族との混血の人たちで占められています

なんといっても人気者は恐竜の生き残りといわれている
野生のコモドオオトカゲ約2000頭が自然な状態で生息しています

そのドラゴンを見に行こうと、
辿り着くまでのかなりの時間と手間が掛かり、
しかもこれがホテル!か?・・・というお粗末な設備での宿泊も覚悟の上での
アドベンチャーへの旅に出かける
勇気ある日本人の人たちも増えています



20070114122106.jpg


以前は欧米人ばかりだったのが、最近は日本人の若者にも人気があるのには驚きです

コモド島へ行こうと思えば
デンパサール空港から約1時間30分のフライトで
フローレス島にある「ラブハンバジョ空港」へ到着します

「ラブハンバジョ空港」を経由してコモド島へと向かうのですが
残念ながら私はまだ行ったことがありません
「ラブハンバジョ港」から「コモド島」や「リンチャ島」へとボートに乗って周って行ききますので
船酔いに弱い私には無理!


フローレス島は、ポルトガル語で【花の島】という意味だそうです。
”フローレス”という音の響きに何故か惹かれていたのですが
その意味を知って更に心は「フローレス島」へとぐんぐん向っていきました

それで今回は念願の「フローレス島」と、スピードボートで30分でいけるという

【ギリ・ナングゥ】のような限りなく天国に近い自然の島
透き通った空気、透き通った海の色はとてつもなく美しいと謳われる
KANAWA島という小さな島への滞在を計画しています
ラグラグのワヤンも連れて行きます

とうことで、またご報告しますね。

現地からはネットのアクセスが辛気臭いので
帰国してからになりますが…ごめんなさい

view20from20hill.jpg
↑カナワ島…KANAW ISLAND






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓





【2009/12/19 16:04】 | 未分類 | コメント(2)
<<明けましておめでとうござます | ホーム | とっておきの離れ小島”ギリ・ナングゥ”>>
コメント
1月1日はフローレスに滞在なんでしょうか?いいなあ
こちらは猛寒波でふるえております。

【2009/12/31 21:25】 URL | よし #mQop/nM.[ 編集]
★よしさん

 早速新年一番乗りでコメントありがとうございます。

はい、無事フローレスから戻ってきて、
まだまだ頭はフローレスi-185
すみません。一人いい思いしています

ネットのアクセス辛気臭いので、
帰国したら、いっぱい報告しますね。

いい年になると、なぜか素敵な予感がしています
本年もよろしくお願いします
【2010/01/01 19:17】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。