スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
”トリック”か”HAPNOTIS”なのか…
以前「この手」の話を聞いたことがありましたが、
今回初めて、生々しい実際の話しに出くわしました

今回のバリ滞在のなかで、色々お話したいことはありますが、
これからバリに出かけられる方にも、
早く知っておいてもらいたいので、「この話」からしますね

そして、「この話」の当事者である「A子さん」からも掲載に当たっての許可は得ていますし、
彼女からも、バリヘ行かれる方たちには知っておいて欲しいとのことですので

夕方4時頃、私はワヤンといっしょにカンポンカフェのマデさん
彼のお店で会っていたときのことです。
Campung Cafe1


ワヤンの携帯に、ウブド滞在中の友人A子さんから電話がありました。

ワヤンが「A子さんが、これからクタへ行きたいので、
私にいっしょに行って欲しいといっているのですが…

それで今から”A子さん”がオフィスに来るそうなので、
私たちも今すぐ、オフィスに戻らなければなりません」


車でオフィス近くまで来るとまたワヤンの携帯が鳴ります

「”A子さん”が、もうオフィスに来てます」とワヤン

「こんな時間からどうしてクタへ行きたいのかな~
明日からフローレス島へ行くのに、どうしてかな~~」

何となくワヤンは変だな~という感じで話します

オフィスへ着くとA子さん

「わたし、もしかしたら大変なことに巻き込まれたかもしれない
今クタから戻ってきたところなんだけど…
もう少ししたらまたクタへ行かなければならないので
ワヤンさん、いっしょに行ってもらえるかな~」



「えっ、クタから戻ってきたところなのに、また今からクタへ行くの!?」


少し不安そうに、それでもパニックしている風でもなく落ち着いている彼女
それでも、どうして今からクタへ行くのかと少し不思議でした


【クタ】とは、バリの中でも一番賑やかな繁華街
店やレストラン、ディスコなどがひしめき合って、バリ島の持つ清らかなイメージとは
そぐわない「無国籍無法地帯」って感じかな~~


Kuta.jpg


kuta街中

彼女の話は…こうなんです

今日の朝、突然思い立ったように「クタ」へ行こうと決めたので、
シャトルバスに乗って一人でクタへ行きました

それで、クタの街を歩いていたら、現地の女性が人懐こっく話かけてきて

「あら、素敵な服ね。どこで買ったの?
とても似合うわね。それに、あなたきれいね。日本人なの?」


相手が女性だということもあり、なんとなく安心して歩きながら話していると

「実は私の妹が、もうすぐ日本の病院へ研修に行くことになってね。
ほら、看護士の仕事で…」


最近、日本でもニュースで

”日本の医療や介護施設で深刻化している人手不足を補おうと、
インドネシアから看護士の候補生がやって来て
日本の病院や施設で働きながら実地研修を行っている”


というニュースも報道されているので

”A子さん”もなんとな ”ああ~~それね”とすんなり話を受け止めたと言われました。

「それで、私の母がね、妹が日本へ行くことをとても心配しているの。
日本の治安はどうなのか…よかったら家に来て母に安心できるように話してもらえない?
実は母は心臓が悪くって、過度に心配すると倒れてしまいそうで…」


人のいい”A子さん”は
「少しの時間ならいいわよ」と引き受けます…ほんとうに彼女は優しい人なんです

鹿
↑話には関係ないですが「カナワ島」の鹿

「それなら、私の車そこに停めてあるので。
いっしょに乗って家に行ってくれますか?
また、ちゃんとここまで送り届けるから」


と、そんな話の流れに押されるように、彼女の家に向いました。

ジャワ人女性の名前は【エバ】と名乗ったそうです

くねくねと小さな路地をいくつも曲がってエバの家に行きました

…今もう一回行けといわれても、全然覚えられない場所だった…と、”A子さん”は言います

危ない予感がしますよね

長い話になりますので、すぐにこの続き書きますね…絶対”すぐに”!です!

beach.jpg

↑クタのビーチはは美しいのですが…




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓


【2010/01/17 15:38】 | 未分類 | コメント(4)
<<”トリック”か”HAPNOTIS”なのか…その② | ホーム | バリは只今停電期間>>
コメント
私も同じ経験したことあります。
クタではなく、ウブドで。

ガベンを見学した帰りだったので腰にサロンを巻いていたら、英語で
「そのサロン素敵ね」と声をかけられ、
「日本人?妹が今度日本に研修に行くの。大阪よ。
良かったら日本の事を詳しく教えてくれないかしら?」
と、お茶に誘われたのです。
彼女は自分はマレーシア人だと名乗りました。

もともと人見知りの私は、面倒くさいと思い、
「急いでいるの」と、断りましたが、
mixiのコミュでも同じ内容のトピックを見た事があります。
結構多い手口みたいなので、絶対に気をつけた方が良いと思います。

A子さんは難を避けられたかしら?
続きが気になります。
「すぐ」お待ちしております。
【2010/01/17 18:54】 URL | しゃお #-[ 編集]
★しゃおさん

 まあ~!そっくりな話じゃないですか!!!

こんな身近で、またもやそんな「話」…
「すぐに」続き書きますね。


【2010/01/17 22:00】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
はじめまして。私にも同じことがありました。
10年近く前のことです。マタハリデパートの中で、マレーシアから来たという女性に持ち物をほめられ、妹が日本に行くのに母が心配しているから、家に来て母に、日本は安全だと話してほしいとのことでした。私は仕事でパリに行っていたので、本当に忙しく、断りました。そしたら、とにかく明日、電話してほしいと電話番号を渡され、迷惑に思いながら、電話だけはしたのですが(今から考えるとお人よしです)、電話すると何か取り込み中のようで(他にカモが見つかって騙している最中だったのかも)それきりになりました。こちらのブログを読んで、もし私が暇で、もしついていったならどうなっていたんだろうと恐ろしくなりました。続きを早く読みたいです。お願いします。
【2010/01/19 17:15】 URL | ミリ #-[ 編集]
★ミリさん

 はじめまして。
コメントありがとうございました。

すごいですね!10年前から同じ手口で…
バリとはいえども、古典的な手法が未だに通用しているのも腹が立ちますね!
でも付いて行かれなくて、よかったですね。

貴重な情報ありがとうございました。

続き待っていてください
【2010/01/19 20:00】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。