スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
”トリック”か”HAPNOTIS”なのか…その②
前回の続きなのですが

声を掛けられたジャワ人女性【エバ】といっしょに、
くねくねと小さな路地をいくつも曲がって彼女の家に行きました

彼女の家にはお母さん、それから
船乗りをしていて、台湾とかのカジノでディラーをしているという
60歳くらいの叔父さん…名前は【アントン】がいました

【エバ】の家族はにこやかに温かい笑顔でA子さんを迎え入れます
…バリでは、どこの家でも始めてお邪魔するとき、とても温かい笑顔で迎えてくれます…
 それもあって、警戒心がなくなるのですね

妹はまだ帰ってこないのでちょっとご飯でも食べて待ってくれますか。
【エバ】は”A子さん”にお昼ご飯をすすめ、
みんなで食事を囲んだそうです

ディラーをしているという叔父さん【アントン】が

「今から中国人のお客がやってきて、
カードをするのだけど、あなたも一緒にやらないか」
と誘います。

A子さんは、「カードなんかやったこともないし、やらない」と断ります

自称”ディラー”の【アントン】叔父さんは
「今から来る中国人は、えらい金持ちなんだけど、たいして上手くないんだ。
それでも遊びたがってるから、こっちにすればいいカモなんだなあ~。

大丈夫!私はプロだからね…ちゃんと横からサポートするよ。
私の言うとおりすれば絶対勝てるようにしてあげるから

この家も母親の治療費とか、妹が日本へ行くとかでお金に困っているので、
中国人から上手く巻き上げ、この家を助けてやらないとね…」


そんな会話をしながら食事を終えた頃

その金持ちの中国人がやってきました

ヤクザ映画「南の帝王」とかに出てきそうな
上から下まで真っ白い服を着て、いかにも”その手の中国人”というキャスティング

A子さんはディラーの叔父さんから、何度か誘われます
「どう?やってみない?掛け金は私のお金使っていいよ。まあ遊びだと思って…」
と言いながら自分のポケットから幾らかのお金を出します

それでもA子さんが断ったので

A子さんを家に連れてきた【エバ】がディラーの叔父さんのアドバイスを受けながら
中国人とのカードゲームを始めました

何回かゲームが進みます

負けこんでいるので、
少しイライラしている中国人の様子がA子さんにも分かるようでした

その中国人は話し方からと話の内容から、どうもホモのようだとか
…この”ホモらしい”という、彼のキャスティングが
この場の雰囲気を和らげ、A子さんを安心させたようでもあります

「わたし、彼を待たせているのよ。早く終わらせたいわ!」とか何とか言いながら、
それでも、”このままでは引き下がれない”という苛立ちも出しています

カードをオープンしたら中国人の負けが見えているので

その中国人は「このままでは面白くないわ!
そこで見てる彼女となら続きをやってもいいわよ」
と言い出しまして

結局A子さんは、おじさんが絶対勝たせるからという言葉を信じて
このゲームに参加をしてしまいました

”この場の状況を楽しい、とさえ思うような、高揚した感覚があったし
はじめは第三者という立場で見ているだけだったのが
だんだんエバの家族に肩入れしていく気持ちの流れから
この家族を手助けしたい、という思いも沸き起こっていった”


その時参加までしてしまった、自分の行動を振り返ってA子さんは、そう言われました。

…私にも、何かそういう気持ちが痛いほど解るような気がします…

あと4回だけで終わらせようという事で、
A子さんと中国人とのゲームが再度始まりました

3回まで進み、明らかに自分が勝っているのも明白で
気分はますます高揚していったそうです

4回戦のうち3回まで進み、あと1回でオープンというところまできたら

焦った中国人は
「カードをオープンするには、ちゃんとお互いの現金を見せあうのがルールでしょ!と言って

机の上にドーンと100ドル紙幣の束を乗せました

A子さんは、今掛け金が幾らになっているのか、分からなかったけど、
中国人の置いたお金の額からして、多分すごい金額になっていたようだ…と


まだ、続きます…スンマセンもうちょっと待ってくださいね


猫4
猫3
猫2
猫1
↑「カナワ島」の猫…キミはいいよね~~ゴロゴロ、のんびり、マイペース
こういう話には世情とはかけ離れて見える動物の画像が和みますね






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓

【2010/01/20 11:04】 | 未分類 | コメント(3)
<<”トリック”か”HAPNOTIS”なのか…その③ | ホーム | ”トリック”か”HAPNOTIS”なのか…>>
コメント
ありゃー!また続きですね(笑)

クタに比べて穏やかなウブドでも詐欺の勧誘を受けるのですから、
犯罪や危険と、平穏な日々は背中合わせだと感じますね。
旅先は気がゆるむので尚更ですね。
私もマレーシア人とお茶に行けば、トランプ詐欺に勧誘された事でしょう。
今後も「知らない人にはついて行かない」を徹底します。
まあ、私は見知らぬ人を初めから疑ってかかる極悪な性格ですが、
心優しい方は本当に気を付けて
楽しい旅を過ごして頂きたいものです。
【2010/01/20 13:00】 URL | しゃお #-[ 編集]
あれれ~、まだ続くのですね。 この先が気になります。

私は初めてバリに行った時、セントロの前でお兄さんに声をかけられました。
アンケートに答えると豪華な商品がもれなく当たる!みたいな。
でもなぜか、場所を移動しなければいけないとかで・・・ 
怪しくてついていかなかったけど。 これも怪しいですよね~。
【2010/01/20 14:42】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★しゃおさん

 ごめんなさ~いv-421
また続きになって…
文章を書く、まとめるに、なかなかさっさとできない方なもんで・・・

しかし、狙われているのはそんな初心者の
旅行者ではなく、ちょっと旅慣れている風な人、
バリヘの警戒心を持っていないような人に声掛けていますね。

「神々の島」「平和で優しい島」で、
こんな事件は腹が立ちます


★マチコさん

 また、続き~~!と言われるのを覚悟で
続きにして・・すみません!

私って、書き出すとなるべく事細かく、と
思ってしまいまして…長いんですよね~~分かってるんですがね~

何かが当たるとかいうやつの
アンケートは多分問題ないと思います。
私も何度ももらいました・・バリ人といっしょに

でも新手の詐欺もありますから、気をつけないとね!
【2010/01/21 00:32】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。