スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
”トリック”か”HAPNOTIS"なのか…あとがき
【私の妹が日本へ…】で始める声かけから
親しそうに、いい人そうに近づいて、家まで連れて行くという”騙し”

その話をバリ人にすると

「それはマジックですよ!
何か一緒に飲み物飲んだり、食べたりしませんでしたか?」


「そうでしょう!その飲み物か食べ物に、マジックを入れたのですよ」

nasicampl.jpg

という「マジック説」
これは、飲み物などにマジックを入れると
飲んだ人は、その相手の言いなりになってしまうというのです。
例えば好きなタイプでも全然ないのに
何故か好きになって離れられなくなるとか…

握手したときに、相手からマジックの薬を手の平に塗られることもある・・とか・・・

ウソのような話ですが、バリではとっても有名な【ラブ・マジック】

また別の説は
「ああ~~、よくあるんです。ジャワ人がよく使う手なのです…

例えば、初対面だけど、何となく話している間に
自分の持っている色んなものを、その人にあげているのです。
われに返ったその頃には、相手はもういなくなっています」


「それは"HAPONOTIS”というのです」とは、多くの人が言いました

これらはテレビや新聞でも盛んに報じられているそうです(最近多発しているとか)

HIPONOTISME.....催眠術
HAPUS...........消える


辞書で引くと…こういう訳で出ていますので、多分「催眠術」のことだと思います

それから、バリ人は何かあるとすぐに
「そんな悪いことをするのは”ジャワ人”だ!」と言いますが…
どうもバリ人は、バリヘ入ってくるジャワ人を信用していない節があります

それで”マジック””HAPNOTIS”にかかったかな?…と思ったら術を解く方法があるそうです

「おかしいなあ~と思ったら、相手の目を見ないで額の中心を注視しなさい。
それから、靴を脱いで、素足を地面に下ろしなさい。
そうすることで、からだの中に入った”マジック”や”HAPONOTIS”を
足の裏から地面に流すことができるから」
…だそうです

ティルタエンプル
↑バリの人たちは、悪いことが起こると「ティルタ・エンプル」の聖なる水で清める。
もっともポピュラーな方法です

この記事を載せてから、

同じフレーズ【私の妹が日本へ行くことになって…日本が安全かどうかを
家族に教えて欲しい…】
と声を掛けられたことがあります」と、数人の方から、情報頂きました

しかも10年前から、この手口で誘い込んでいるみたいですよ

こんな古典的な手口が未だに通用しているということは
結構な確立で成功しているということなのでしょうね

その時の、それぞれの人の事情や心理的な状況によっては
”私も…もしかして付いて行ったかも知れない…”という事だってあり得ますよね

門

私も昔々、まだ単なる旅行者だった時
友達と一緒に
「タクシー、タクシー!」の呼び込みで乗った、
白タクの運ちゃんと色々話をしている間に、すっかり和み、彼の家にまで行きました。
素朴なバリのお母さんや、幼い彼の弟や、ごちゃごちゃと色んな人が出てきて
にこやかな笑顔で温かい歓迎を受け
お昼ご飯まで呼ばれました。
すっかり気をよくした私たちは、そのあと、彼の薦めるギャラリーで
高い絵を、それも気持ちよ~~く買ってしまった、経験があります。


family.jpg

”HAPONOTIS”や”マジック”でなくっても、ギリギリのところで
危ない橋を渡っていることだってありますし、高い買い物をさせられている事だってあります

その時のタクシーの運転手とは、ラグラグを始めたあとに偶然出会うことがあって

「あっ!あんたは、あの時の運ちゃんや!」

と別にもめることなく、今も親しくしていますが…

わが国でも頻繁に報道され、警察や銀行の懸命の対策にもかかわらず
被害がいっこうに減らない“振り込め詐欺”
「わかっているのに何故だまされるのか?」
という現象に対して、分析された記事を読んだことがあります

いったん「これは○○に違いない」という思い込みが脳のなかで確立されると
冷静さが失われて、理性的判断はできなくなるそうです

人は、ただならぬ状況のなかにいると、
脳の「扁桃体(へんとうたい)」とよばれる部位の働きによって
脈拍が上昇したり、汗が出てきたりという体の変化が起こります

この「扁桃体」の活動が活発化すると
そのあと”えっ、もしかして騙されている?”という思いがよぎっても
理性を鈍らせ、判断を狂わせる…そうです


それでも、だまされかけたときに備えて「われに返る」タイミングを用意することで被害を防げるともいわれていますので
【私の妹が、日本へ・・・】の言葉を聞いたら
詐欺だ!と脳が教えてくれるという用意をしておいて下さいね。

少しでも、役に立てることを祈ります
A子さんが被害にあった日の翌朝

ワヤンが青い顔をして
「昨日の夜、クタで日本人女性が殺されたのです。
今朝の新聞の載っていました。
同じ犯人と違うかな~~A子さん、命があってよかったです」


それを聞いた私も身震いがしましたが、事件は別のものでした。
最近続けて「クタで日本人女性が殺される」という事件が起こっています
十分気をつけてくださいね


それでも、やっぱりA子さんに「マジック」が入っていないかが気になりますので
プンゴセカンの呪術師「カトット・リエール」さんのお宅へ行きました

IMG_3175.jpg
↑久し振りにお会いした「マンクゥのおじいちゃん」…次回は近況を




いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓


【2010/01/31 15:22】 | 未分類 | コメント(5)
<<【マンクゥ】の家には、不思議で幸せなオーラーが | ホーム | ”トリック”か”HAPNOTIS”なのか…その③>>
コメント
私も10年くらい前にクタのマタハリデパートの中で
「私の妹が日本にいて...」みたいな感じで話しかけられた
ことがあります。
その時は「あっ、そ。」と軽くあしらったんですけどね。
詐欺だったのかどうかは不明ですけど、ネットでこの手の
話を知って、もしかしたらと思ってしましました。
【2010/01/31 23:44】 URL | 黒ばらのたいこ #-[ 編集]
私も6年位前にクタビーチの前の通りを歩いているとマレーシア人という中年女性から声を掛けられました。
始め、私のことを中国人?韓国人?と日本人と思って声をかけてない風でした。(それがかえって怪しいなと思いましたが。)
それで日本人だとわかると、妹だか従妹だかが日本に行くので~良かったらここでお茶でもして話聞かせてほしいって目の前のハードロックホテルを指さして言いました。
私は「妹が日本に~」ってのをガイドブックで読んでたので、これから約束があるからって断りました。バリの人じゃなさそうな人が声をかけてくるパターンもあるようです。その人は格好もマレーシア人風でしたし、身なりも綺麗でお金持ちそうな感じでした。
今でもそういう方法で声をかけてるとは驚きです。
違うパターンでマジックにかかったら裸足で地面に立とうと思います。
【2010/02/01 14:10】 URL | STY #Wa8vY8KE[ 編集]
★黒ばらのたいこさん

 お久し振りです♪

10年前ですか…私もこの声掛けの話を聞いたのも、随分昔でしたから、たいこさんに声掛けてきたのは、きっと詐欺だと思いますね。
しかしこの手口「ロングラン」ですね。

わが国の振込み詐欺も巧妙になってきているので、本当に気をつけないと・・・
「新手」もそろそろ現れそうです。

皆さんから、これだけ、貴重な情報頂いているのですから、
被害に合わないよう気をつけて欲しいですね



★STYさん

 貴重な情報ありがとうございました。

こうして、いろんな方が「わたしも、ありました」と
情報下さると、いかに頻繁に
「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」方でやってるんですね。
マレーシア人というのも多いようですね。
A子さんが連れて行かれた家も、
お金困っているという割りに、いい車が置いてあったり、家も大きかったそうですよ・・・

「催眠術」とか「マジック」掛けられたら、危ないですね。
はい、素足を地面にですよ!

 
【2010/02/01 15:53】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
v-392いつこさんv-290
久しぶりにおじゃましまっす。

”HAPONOTIS”v-363

怖いですね…私も先月バリでそれをはじめて知りましたが、バリの人たちは揃ってそれを言いますね。

”HAPONOTIS”v-363 と。

お互いにバリを愛して日本の人たちに繋いでいく運命の私たち。。。v-353
意味深い話ですね。。。まったく。

もぅバリに行きたいですよ~ いつこさんv-10 ラブマジックv-238探しにいくかなぁ。。。アハハ~



【2010/02/03 20:22】 URL | Natsue #-[ 編集]
★Natsueさん

 「私の妹が…」の手口なら「あっ、そう」と知らん顔でkるけど
"HAPONOTIS"なら目を見ているだけで、コントロールできなくなるのだから怖いですね!

ラブマジック…Natsueさんウインクする人に気をつけてねv-8


 
【2010/02/03 22:41】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。