スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
”ジュリア・ロバーツ”がマンクゥの家に来たそうじゃ
「この間ジュリア・ロバーツが爺ちゃんの家に来て
映画の撮影をしたんだよ」
と言う話から

この映画のストリーは実話に基づくもので
マンクゥとの関係も重要な役割を果たしているので
マンクゥの家が実際のロケに使われたということです

マンクゥにも出演の依頼があったそうですが
「腰も痛いし、疲れるから断ったんじゃ。
そしたら爺ちゃんの役の変わりにジャカルタから本物の俳優が来て、爺ちゃんの役を演じてね」


「ああ~~彼女は(ジュリア・ロバーツ)とってもチャーミングだったよ。so beautiful girl 」
と夢見るような幸せな顔で言われました

51428_4Julia.jpg

2009年9月~10月にかけて
「ジュリア・ロバーツとブラッドピットが撮影のためウブドで滞在していた」という
話をすでに知っておられる方も多いでしょうが

アメリカで大ベストセラーになった
”Eat Pray Love”という本の映画化のためウブドで撮影されました
著者【Elizabeth Gilbert…エリザベス・ギルバート】の自伝的小説です

内容は:
エリザベスは、ニューヨーク郊外で、誰もがうらやむような生活をしていました。
素敵な家に素敵な夫、そして彼女の作家としてのキャリア。
全てがそろっているように見えるのに、
エリザベスは、その生活に「息が詰まる」「夜も眠れない」と
不安な日々のなかで悩み苦しみます
”いったい私って何なんだろう”
そして自分の中の「神」との対話を求めていきます
作家としての成功も捨て、離婚と失恋を経て、自らを立て直すため、
そして人生を探すために旅に出る…まあ「自分探しの旅」なんでしょうね
という内容だそうです。


題名の通り、
イタリアで、Eat…食べる
インドで、Pray …祈り
バリで、Love …再び愛を見つけるのです


この自伝小説、700万部を超えるベストセラーになり
日本でも近日発売されるとか…
「食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書」というそうです
えらいベタなタイトルですね


実際著者のエリザベスが「自分探しの旅」でたどり着いたバリ島で
【この爺ちゃん…マンクゥ】の家を訪れます

彼女は【マンクゥ】に尋ねます

「こんな私でも、また愛と出逢うことはできるでしょうか?」

【マンクゥ】は言います
「大丈夫だよ。あなたの愛はすぐ近くにあるから、もうすぐ出逢えるよ」

マンクゥが予言したとおり、エリザベスはその後すぐに
愛する人(ウブドに住んでいる男性…ブラッド・ピットが演じます)に出会い、
恋に落ちて結ばれたのです。


すごいですね!…私は思います【マンクゥは「愛の人」】なのだ、と


マンクゥも高齢ですが、どんなに疲れていても、人を温かく迎え入れてくれます。
そして親身になって相談者を安心させてあげます

広くて深い愛の力で、傷ついた人を包み込める優しさを持った
ほんとうに素晴らしい人です

お薬を持ってきたドイツ人の客人も
みんなマンクゥにいつまでも元気でいて欲しい
私たちが訪れたとき、ここにいてて欲しいと、心から願っているに違いないです

私もお暇する時、そんな思いが強く込み上がってきました
それ程、バリになくてはならない、神様に近い方だと思います


IMG_3175.jpg

いつまでもお元気でいてくださいね









いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓

【2010/02/14 13:26】 | 未分類 | コメント(1)
<<さあ【フローレス島】です!【カナワ島】です!その① | ホーム | 【マンクゥ】の家には、不思議で幸せなオーラーが>>
コメント
初めましてラグラグさん

私は11年前にリエールさんに絵を習ってましたが以前はバリアンでしたがいつからマンクゥになったのですか?私は映画の原本を先に読んでて、リエールさん出てないけれど映画も見ましたが期待外れでガッカリでした、やはり当の本人が出てないとリアリティーに欠けますね 

今年久し振りにお客様として再会しましたがお歳のせいか、すっかり忘れられててショックでした…それだけ映画で紹介されてから急激に多くの人々を視てこられたからかと…

占い自体は昔聞いたままで進歩無く、これまたガッカリ 同じ事の繰り返し、やはり1人に対する時間を掛けたくないのか!?

お歳は105才だとか!! 本人は本当と言いましたが、11年前は65才と嘘ぶいてましたが、もはや彼には歳は関係ない次元みたいです 

あの日はえらくご機嫌で、お手て繋いでの日本語バージョンで歌ってくれました
私にはあの場所が観光化してしまったのがとても残念で堪りません

リエールさんのお孫さんや息子さん、義理の妹さんにも昔お会いしましたがお孫さん達はお若いからかとてもクールな対応でしたが息子さんは優しいし、イブは何かと世話を焼いて下さいました、今回はイブに会えなくて残念でした

バリ人て結構忘れっぽい人達が多いですね、若い人は何人か覚えてくれてましたが…(苦笑)

毎年行く度にウブド中心部の変化には驚かされてます次回からはウブド郊外に足を伸ばそうかと考えてます
【2013/07/29 16:04】 URL | Akemi #dKxlb/JY[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。