スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
”ジェロ・マンクゥ”…お皿一枚
これは”神の手を持つ”ジェロ・マンクゥ…前回の続きです

ジェロ・マンクゥは
私達が行くたびに

「私の事は決してビジネスには使わないで欲しい。
私の力は神様からもらったものです。
それは神様が人のために使うようにという意味なのです
私の力は微々たるもので、
私の指が悪い場所に触れると、
神様が自然とパワーを送ってくるのです。
もしそれをビジネスやお金のために使ったら、
神様からのパワーはなくなるのです」
と本気で言っていました。
20070128144245.jpg
↑治療を受けるお客さん

彼の話では、ウブドにある有名なレストランの
アメリカ人のオーナーが、
マンクゥのマッサージに惚れ込んで何度も訪れてきているそうです。
先日そのオーナーのアメリカ人が
「私と一緒にアメリカに来てくれないか」
と誘っているというのです。

そのアメリカ人はアメリカにいる時も
マンクゥを専属で雇っていたいようです。
それに、きっとマンクゥの技なら
アメリカでかなりの評価を得られるだろうし、
他の人達も喜ぶだろう

皆にも紹介したいので、
どうだろうか?
という話だそうです。

勿論それに伴うお金を払うし、
渡米費用も滞在費用も全て面倒をみるという、
魅力的なお誘いだったそうでしたが

マンクゥは即答で、お断りされたそうです。

「私のパワーは私のものではないのです。
神様から頂いたものです。
それをお金で代えることは出来ないのです。
私がここを離れると、私の助けを要る人達はどうなるのでしょう。
私はお金だけで私の力を使うことはしません」と言い切ります。

また、あるドイツ人がやってきて、
「貴方のドキュメンタリーを撮りたい。
勿論相当の御礼をします」
と頼みに来たそうですが、
マンクゥは
「プロモーションのような事に関しては
協力できません。
私の時間は、
私の治療を必要としている人達のためにあるのですから」と。


決して豊かではない家、身なり、普通のおじさん。
いかにも、という風ないでたちもしていません
(時々いますよね。胡散臭い、いでたちで、
それらしく振舞う人。
やたらテレビなどで演出されて)
20070128142347.jpg
↑マンクゥの治療部屋


私は質問しました。
「ジェロ・マンクゥは以前は大工さんでしたね。
その時はお金に不自由されていたと聞いています。
今では次から次へとたくさんの人が訪れて、
時には私達のような外国人がやってきて
たくさんのお金を置いていきますね。
でもジェロ・マンクゥはお金のためではなく、
人のために貴方のエネルギーを使っていますが、
本当にお金持ちになりたくないのですか?」
と尋ねたんです。

なぜなら彼はお布施のように受けたお金は殆ど、
お寺のため(神様ごと)に使うそうです
自分達の生活が豊かになるためには使わないそうです
20070128142924.jpg

すると彼は
「誰でもお金は必要ですね。
見てください。あれを…」
治療しておられる向かい側のベッドの上に、
売り物の服が積み上げていました。
(バリの現地の人達のお店などに、よく置いてあるような、
ぺらぺらの生地のカラフルなシャツや巻きスカートなど)

「あれは私の以前の仕事でした。
大工だけでは生活が大変なので兼業としてやっていました。
でもテロや災害などあって、
物は売れないし”バンクルット…(破産)”です。
折角持っていた車も手放さなくてはなりませんでした。
このように、
人には自分の意思だけではどうにもならない運があります。

金持ちになるか、ならないかは神様が決める事です。
今私には、神様からパワーを貰って”
人のために役立ちなさい”と、
そういう役目を貰っているのだと思うのです

それをビジネスや、自分の生活の為に使う事はできません」
と言うのです。
20070128142240.jpg


それでも私は尚食い下がって
「私もみんなにお給料あげるためには、
お金の事を考えなければならないし、
時々お金の事でストレスになります。
お金を作るのは大変ですよね。

いまバリは何でも値上がりして
みんなの生活は大変ですね。

そんな時もっとお金があれば、
みんなにお給料も上げてあげられるのにと
考えると本当にもどかしいです。
あなたも、
お金があれば
娘にいい学校へ行かせられるのに、とか
テレビも買えるのに、とか
家もきれいに出来るのにとか、
思ったことがありませんか?」と尋ねたら、


マンクゥは笑いながら
「人は誰でもお金が必要です。
でもそれは、どのくらいあれば満足するのですか?
少しだけと思っていても次はもっと、またもっと。。

だからいつも自分に問います。
これだけで十分でしょ?と

食べ物は”お皿1枚で十分”です。

欲張っても死ぬ時には、何も持っていけませんから」

また続き書きます

”ポチッ”もヨロシクお願いします♪


【2007/01/28 14:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8)
<<”魂に触れる治療”…ジェロ・マンクゥ | ホーム | 神の手を持つ”ジェロ・マンクゥ”>>
コメント
神の手を3度ほど味わいましたが、長い冬眠から覚めたような晴れやかな感覚は、すばらしいとありがとうの二言。
きっと彼はあの場所に変わらぬスタンスでやり続けることができるからこそ指先に神を宿せるのでしょう。
日記を読んで再確認しました。
【2007/01/28 15:27】 URL | 息子 #-[ 編集]
☆息子へ

 初コメントありがとう!
マンクゥのように、普通でいながら
人のために惜しみなく力を分けてくれる人
だから私達のなかに
自然に響くものを残してくれるのでしょうね
【2007/01/28 17:11】 URL | ラグラグから息子へ #-[ 編集]
面白い話ですね。
そうなんですよね。
人間の欲望って、求め始めるときりがないですよね。
それをよく自然によくわかっている。
すごいです。
【2007/01/28 21:51】 URL | スライム #jhHw6g8s[ 編集]
☆スライムさん

 コメントありがとうございました。
スライムさんのいつも1本筋の通った姿勢、
それも「すごい!」と感服しています
物質社会にいながら”欲”をコントロールするのは、至難の業です

テレビや本や講演など
偉い人達が「正しい事」たくさん教えてくれます。
でも地位も名誉も持たない人の口から出る言葉
が、こんなに力強いとは・・
【2007/01/28 23:28】 URL | ラグラグからスライムさんへ #-[ 編集]
次回は長く滞在してマンクゥさんのマッサージをもっと受けたいです☆
食べ物は一枚のお皿で十分の話は妙になっとくしてしまいました。
ブログにアップされるの楽しみにしてますo(^-^o)(o^-^)o
【2007/01/29 09:58】 URL | kae #-[ 編集]
ラグラグさんお久しぶりです。
お元気でしたか?
実は私もこの話を、最近読み返しては、すごいなぁ~と
思っていました。
本当にいい話を聞かせて頂いてありがとうございます。
続きの話、期待してます。
【2007/01/29 12:47】 URL | ヨシオ #-[ 編集]
☆かえさん

 コメントありがとうございます!
ゴメンね、勝手にかえさんの写真使わせてもらって…痛くても顔崩さず、妙に色っぽいので(笑)
かえさん、ウブドにはまってるんですって?
【2007/01/29 17:41】 URL | ラグラグからkaeさんへ #-[ 編集]
☆ヨシオさん

 お久し振りです
コメントありがとうございました。
ジェロマンクゥのところへ行くと
何故か、ワヤンとヨシオさんの話を
マンクゥにしています。
それから、コマンとの話題にもヨシオさんの事が登場します…

【2007/01/29 17:47】 URL | ラグラグからヨシオさんへ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lagulagu.blog84.fc2.com/tb.php/24-d40912a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。