スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【フローレス島】のこどもたち
清らかな【カナワ島】に別れを告げて、またエンジン音のうるさい小さな小船で
【フローレス島】の西端にある港町のラブハンバジョへと向います


Natsue 1


この周辺には小さな島がたくさん連なってありますので
荒波から守られているように、波はとても静かです
美しい海に、ぼんやりと浮かぶ島の姿は、幻想的で
眺めているだけで穏やかな気持ちになります。


ラブハンバジョ港

【ラブハンバジョ】に到着!
情緒漂うアジアの漁村
【コモド島】や【リンチャ島】に行く中継点となっているので、小さなフェリーやボートが停泊
建物が低いせいもあって、空の青さと海の青さが広がり
この港町が輝いて見えます



港に着いたらすでにエージェントの社長さんと
濃い顔のガイド見習いの男性がお出迎え
社長さんの名前は:ARAT さん
社長自らがドライバーですって

【ラブハンバジョ】にはバスターミナルがなく、
港から船が道添えにお客さんを拾って東の【ルーテン】へ移動するようです。

私たちは【フローレス島】1日ツアーと称して
チャーター車で【ルーテン】まで行きます

ちょっとお腹すいたんやけど…と私たち

ちょっと待って下さい、道の途中に食べる所がありますのでと…ARAT さん

しかし、なんのなんの…約2時間
山を越え、丘を越えても街らしきものは見えてきません

フローレス山から景色
かなり山を登ってきたようです…眼下に広がる景色はなかなか絶景

山の中腹小雨が降るなか
ちいさな村落で、ドライバーの社長 ARAT さんが
「ちょっとすみません。買いたいものがあるので」と車を降りて
民家に駆け込んでいきます

アラク買う
嬉しそうにペットボトルを抱えて戻ってくる ARAT さん

なになに!?


このあたりで取れる【アラック】…お米から作ったお酒は、強くて美味しいとか…を買いました

運転中は飲んだらダメですよ!
ARAT さんは、笑いながら、「大丈夫ですお土産です」

フローレス女性傘

こうして車を走らしていると【フローレス島】は自然豊かな島なんだな~と感じます。
山を越えたら、青い海が見えたり、乾燥したサバンナがあるかと思えば
山間部には美しい田園風景が広がってどこかバリを思わせます

お腹は強烈にすいているけど、車から見えるのどかな風景
行き交う車も殆どなく、それでもちゃんと整備された道路
なかなか快適なドライブですが、街らしいものも一向に見えてきません
ただただ、だだっ広~~い自然が続きます

峠を抜けたら牧草が広がっています


牧草


【フローレス島】の地形は山がちで、丘や牧草、広がる大稲作地帯
民家も少なく、人も殆ど見かけません
とりあえず目に飛び込んでくるのは豊かな緑

frores道

建物が少ないので視界は突き抜けるように広く感じます

frores 子供3人

車を降りてちょっと休憩
やっぱり、目ざとく私たちを見つけて走り寄ってくるのは水浴びをしていた子供たち
この島で、やたら目に留まるのは子供たちの多さ
大人の姿はあまり見かけませんが、子供があちこちで走りまわっているのに
出くわします


子供笑顔

そうそう、バリへ来る時、友達から子供服を
「バリの子供たちにあげてください」と、いっぱいもらってきていたのを
こっちへ持ってきていましたので、皆にプレゼント


ちいさいサイズしかなくって、ここにいる子供たちにも窮屈じゃないかな~と
心配していましたが、みんなは”着られるよ”と言って大喜び。
奪い合うことなく、遠慮がちに自分にも手渡されるのを待っているのです

ワタチ、これもらった~~
"ワタチ、これもらった~~"

大きな子のシャツはないけど、ごめんね!と言ったら
「大丈夫」って、
そして小さな子にシャツがいきわたっているのを嬉しそうに眺めていました


皆もらったね

みんなが口々に「ありがとう!」と言ってくれて
車が出るのを笑顔で見送ってくれました

この島の人口の85%がカトリックのせいか
学校や教会が多いのです
この島の子供たちは、ちゃんとしたマナーを教えられる教育を受けているのかもしれない
貧しいけれど、まっすぐな輝く目をもっていました





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓

【2010/04/08 18:33】 | 未分類 | コメント(2)
<<子供天国だよ~【【フローレス島】 | ホーム | 【カナワ島】をあとにして【フローレス】へ>>
コメント
いつこさん^^
Selamat malaaaaaam こんばんは。

久しぶりにコメントさせていただきま~すv-290
フローレス島の子供達ってホント素朴でフレンドリーでしたね。

あっ…その節は大変お世話になりました。
いやぁ~楽しかったです。

ラグラグさんのお陰でとっても素敵な旅をすることが出来ました。
まだまだ、情報の少ないカナワ&フローレス島

そして…いつこさん これからもどんどん新しい企画ツアー開拓してくださいね!!

心のこもった・心での旅ができるのもラグラグ♪さんの一番の魅力ですから…v-345

楽しみにしています♪

Terima kasih banyak.




【2010/04/14 22:46】 URL | Natsue #-[ 編集]
★Natsueさん

 ほんとうにカナワ&フローレスの旅は心に残る素晴らしい旅でしたねv-353

カナワは一般向きではないですが、
ラグラグはこんなマイナーな所も開拓していきたいです。
何もなくても、その時間は、その場所の空気は、そこだけのもの、
そんな旅で感じてもらいたいものがありますね!

Natsueさん、是非ご協力をお願いし~~~す
【2010/04/16 10:49】 URL | #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。