スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【フローレス島】高原の町、ちょっと観光もある【ルーテン】
【フローレス島の旅】は、取り合えず車に乗っている時間が長い
町と町の間がとても遠い
途中でトイレに行きたくなり停めてもらいます

勿論気の利いたトイレなど、はなっから期待していないので
その辺の木の陰とか草むらでいいですよと言いましたが

親切に民家に頼んでくれて、おトイレを借りることにしました

トイレ借りた
↑どうぞどうぞ、と気持ちよくおトイレを使わせてくれました
*この建物は「トイレ」ではなく外に台所、その中は住居です

↓これが「トイレ」
ワルントイレ


ここでも、あっという間に子供が集まってきます

トイレ借りた家
まだ残っていた子供服をプレゼント


女の子のお母さんが、「どこから来たの?」

日本からというと、

「私は隣の島の「スンバ島」から結婚してここに住んでいるのだけど、
スンバで日本人を見たことあるわ」と親しげに話しかけてきました

ほとんど観光客が来ないから、外国人が珍しいようですね

【スンバ島】はコモド島とフローレス島の南に浮かぶ島です
伝統的な文化が脈々と息づいている島で、
島民の半数が「マラプ」という精霊信仰を崇めているそうです。
島内は地方の王族による支配が長く続き、小さい王国の間での戦闘が絶えなかったという歴史も在ります
首狩りなど奇怪な風習も20世紀に入るまで行われていた…なんと!ねぇ~~


【スンバ島】には名産品として独特の織物が有名なのだそうですが
この島も観光と言う色合いがまったくありませんので
おみやげ物として買う場合、どちらかというと
ただの村で伝統的に織物を作られているんだ、
という認識でいる方が良いそうです

…要するにバリの市場で買うように、値切らない方が良いということ

むくむく…行ってみたいという興味がわいてきました!

バリへ戻ってから、バリ人の友達に話したら
【スンバ島】は面白いそうだよ。ヨーロッパ人の友達が行って、
【スンバ】の独特の異文化にはまっているよ…と言って

「今度いっしょに行こうよ!」
と誘ってもらいました

…きっと、行くかも~~~

服を着てみた少女
お母さんが、女の子に「もらった服を着てみなさい♪」って
よう似合うやん♪…かわいい、かわいい!

ここでも、みんなとても喜んでくれました。
日本でもう捨てようかな、と思われている服が海を渡って、
こんな小さな南の島で役に立っている…そういうことがとても嬉しいです


このあたりの山の景色はとても美しく時折雨が降って
山肌に靄がかかり最高に幻想的

ルーテン


私たちはお昼を食べた【ランボール】の町から2時間掛けて
山間にある【ルーテン…Ruteng】へやってきました


【ルーテン】は山間部の気候に恵まれた一大耕作地帯です。
ここへ来るまでの景色は、走ってきた中ではピカイチでした。

純子さんルーテン景色


【ルーテン】は南側が高く、北に低く下がった穏やかな
山の裾野の斜面に町があって、1km四方の中に納まる広さだそうです。
ガイドブックにも
「緑豊かな美しい町で、フローレスの中でも涼しく快適な気候。
朝晩はかなり冷えるので、温かい服装の用意を」と

高原の町らしく、日差しは強く感じますが、蒸し暑さがなく
気持ちがいい~~


ここへは何をしに来たのかな?と聞きますと

「マンガライ人の昔ながらの伝統家屋がある所なんです」と…


おお、やっと観光するんや♪

景色はきれいだったし、別に文句はないけど、
何もない所を車は延々と走るので、少しメリハリが欲しいと思っていたところ

田園地帯を抜けて1時間弱でその伝統家屋が保存されているという
トド村(Todo)に到着
車を降りて坂道を少し上がっていくと,見えてきました
…澄んだ青い空の下、はるか遠い昔の風景が



伝統的な家





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓


【2010/04/24 17:11】 | 未分類 | コメント(4)
<<【ルーテン】でほんの少しの観光と買い物… | ホーム | 子供天国だよ~【【フローレス島】>>
コメント
逸子さま、今晩は!

あ~♪なんて魅惑的な風景が続くことでしょう♪
自分の目で是非見てみたい!

・・・けど・・・大のお風呂好きの私にとってはかなりの試練になりそうですね?(笑)

1ヶ月ほどバリに行けたらどんなに幸せか・・・。
田舎をてんてん移動したいです。
あ・・・インドネシア語勉強しやんといけませんでした(苦笑)

あと5日・・・、海を渡るその日まで、毎日毎晩ヘトヘトになるまで働きながら、頑張っております。
では・・・また・・・お元気で!
【2010/04/25 22:58】 URL | Naoko #-[ 編集]
★Naokoさま

 もうすぐですねバリ

Naokoさんが【フローレス】に行ったら、
おみやげでカバンいっぱいになりますね(笑)

知らない所を旅するのは、本当に楽しいです。

バリはあんなに小さい島なのに、
ぎゅっと面白所が詰まった、ほんまに魅力のある不思議な島ですね・・
Naokoさん!
ガンバレ!1ケ月目指して!
【2010/04/26 09:48】 URL | #-[ 編集]
いつこさん^^
こんばんは。Natsueです♪

さすが!!
おトイレの写真も撮っていらっしゃるv-291 余裕ですね~

【日本でもう捨てようかな、と思われている服が海を渡って、
こんな小さな南の島で役に立っている…そういうことがとても嬉しいです】

逸子さんの このお言葉。。。
ホントそうですね。心に刺さりますv-347 


【2010/05/09 00:17】 URL | Natsue #-[ 編集]
Natsueさん

 コメントありがとうございます。

日本で捨てようか、と思っている人も
「えっ、こんな物でもいいの?失礼なことない?
こんなんでも喜んでもらえるなら、こっちも助かります】と言ってくれます

そんな人からの気持ちが
100倍位喜んでくれる国があるって、
なんかとても嬉しいですね。

一時的なことでも、こんなコミニケーションがあってもいいですよね~~、ねぇ、Natsueさんv-352

 
【2010/05/10 21:35】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。