スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今ウブドです…ワナラバリの猿たち

ウブドに戻ってきました

最近暑さに弱くなった私も、この時期は比較的湿度も少なく
朝夕も涼しいので快適に過ごせます。

日中は殆ど雨も降りませんが、毎晩のように床に付くと
ザーザー雨の音がして、ときには雷を伴って激しく降ることもあります
038 (400x300)



それでも朝とともに爽やかな青空が広がり
しっとり雨を含んだ緑の森が生き生きと「ワナラバリ」…私の定宿です…のバルコニーから眺められます


IMG_4692 (400x300)


朝起きて朝の光を取り入れました

IMG_4720 (300x400)


起きたてにアクアをごくごくと飲んでいると
なんか黒い物体がのそ~~と部屋に侵入

まだ頭がはっきり起きてないので、そう驚きもせず
あれっ!どこかの犬かな~?と親しみをもって眺めていると
お猿さんじゃありませんか! しかもかなり大きい!

私の顔をじろっと見て、ぜんぜん動じず厚かましく部屋の奥にのこのこ入っていって
コンビニの袋を開いて食べ物を探しています

「コラッ!出ておいき!」と足で床をたたくと
私にギィーと歯を向けて「チェッ!」みたいな顔つきで慌てることなく出て行きました

077 (400x300)


もう~~~~むかつく!完全に舐められてる~~!

隣のモンキーフォレストのお猿たちは、どういう都合があるのかわかりませんが
日によってはぜんぜん来ない日もあるかと思えば

早朝から屋根の上をドンドン渡り歩く音を立て、
庭には集団ですき放題飛び跳ねて遊んでいます、赤ちゃんのお猿たちはじゃれあったり転げ回ったり

大人たちは、各部屋のごみ箱をあさったり…傍若無人

そういう朝は大変です


074 (400x300)

こんな小さい子なら、まあ扱いやすいのですが…

044 (400x300)
平気で私の椅子に座って、私の朝ごはんの残りをあさっています

046 (400x300)
ジャムの残りをチュウチュウ吸って、お皿ペロペロ舐めて退散

再び戻ってきてお砂糖の袋も…食べられそうなものは何でももって行きます

076 (400x300)

「ワナラバリ」のスタッフのマデもパチンコでピュンピュン脅すのに大忙し

私も慣れましたが、この近辺の宿に泊まる人は十分気をつけてくださいね





【2010/06/19 14:11】 | 未分類 | コメント(4)
<<【ラグラグ・オフィス】引越しました | ホーム | 豊かな生き物を育くむ【フローレス島】に別れを…>>
コメント
うわぁーーー!!
こんなに近くまで来てしまうのですね!!!
堂々としてますねぇ。
以前モンキーフォレストで襲われてから、
猿がすんごく恐いんです~。
私がこの宿に滞在したら、
常に猿の存在にビクビクしていそうです(笑)
【2010/06/19 19:16】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★マチコさん

 困るでしょう~~
私もエテ公は好きじゃないです!

でも庭でじゃれあって、でんぐり返りとかしている子供たちを眺めるのはとても楽しいんですよ。

コマンの話では、まだモンキーフォレストのエテ公は
ガラがいい方なんですって。
サンゲやウルワッツのエテ公はもうチンピラ!

最近、進出行動範囲広がってきていますので
テガルサリでのお気をつけあそばせ♪
【2010/06/21 11:51】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
あらら~~
以前よりモン達、パワーアップしてません?
もうちょっと謙虚だったような
あの時は二人だったからかな?
ま、夜中のゲッコーよりましかな(笑)
【2010/06/23 09:39】 URL | ベニドリ #-[ 編集]
★ベニドリさん

 そうなんです!
前よりパワーアップしてますよ!

私はスタッフに武器をもらって
部屋の中に隠し持っています。
少々「こら!」と言った位ではキィー!と反撃してくるので、長い棒で脅すようにしています

ほかのお客さんにも使い回ししてみんなで守り固めています。
楽しいよ!着て欲しいな~~
【2010/06/23 16:58】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。