スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
オランダの地でさまよう「プトゥ」とヌガラの「コマン」
親戚中からお金をかき集め、大きな借金を残して
オランダに旅立ったコマンのダンナの「プトゥ」さん

正確に言えば、彼のオランダ行きは、
もうすぐにでも出発…といいながら、
斡旋業者から

”まだ書類が揃わないから…
ビザ取得に手間取っている…”などなどの理由で延び延びになった末
結局、コマンの出産の時にはまだバリにいて、
何とか産まれ立てほやほやの娘の顔を見ることには間に合いました

そして、その娘”エンジェル”の誕生の1ケ月後に旅立ちました



それがオランダへ着いて、初めて騙された事を知ることになるのですが…

降り立った空港には、誰も迎えに来ていないので、
勿論仕事も泊まる所もないわけですね

プトゥさんと一緒に参加した友達は、オランダでうろつきながら、
自分達で仕事を探さねばならない羽目に…

3ケ月でビザは切れ、不法滞在者として、
身を隠しながら転々と職場を替えるという気の毒な話です

しかし、残った莫大な借金を(日本円でだいたい50万円位ですが、彼らにとっては大金)
何とか細々とでも返さねばならない厳しい状況下にあるもんですから
すぐには帰国する事もできません


悪いくじを引いたプトゥさんですが、
コマンもそれを背負わないとあきませんので…辛い事です



ヌガラへの道2
↑ヌガラへの道は気持ちのいい田園風景が広がって
観光客もあまり来ないので、車もすいています

左手に時折見える海岸線
バリ西部もなかなかいいですよ


ワカガンガ 075


出産後、ウブドから車で4時間、
プトゥさんの実家のヌガラで子供を育てているコマンに
ラグラグのみんなと一緒に会いに行ったのですが…

彼女があまりにもみすぼらしく、
またガリガリに痩せていたのには、私もラグラグのみんなもとてもショックを受けました。

可憐で美しかったコマンの面影はなく、いっぺんに歳を取った人のようでした


コマン正装
かわいかったのに~~~

ヌガラの片田舎で、話題もかみ合わない人達との気を使う生活。
ダンナがそこにいるなら、
それはそれなりに田舎であろうが、しんどい人間関係だって
そこに住むという意味があるでしょうが

牛


借金だけ残してダンナのいない慣れない土地での生活は、辛いもんがあります

借金先の親戚が連日のようにやってきて、
「うちも、もうすぐ息子の結婚式をするのでお金が必要なんだ,
いつ返してくれるんや!」と取り立てにやってくるたび、
部屋の隅に隠れて縮こまっていたそうです

猫

それやこれやのストレスで精神的にパンク寸前だったもんで

私が帰るとき抱きついて泣くコマン
私を離そうとしない彼女の腕から悲痛な悲しみが伝わって

胸が引き裂かれる思いで私はウブドに戻りました

石像花と女神

結局そのコマンの姿が頭から離れず、
再度コマンをウブドへ呼び寄せたのです…それは彼女の意向もあってなのですが


コマンはまだ6ケ月の乳飲み子を連れてウブドへ。。
4畳位の部屋を借りて、またラグラグで働く事となりました





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓



【2010/10/24 15:13】 | 未分類 | コメント(10)
<<妻のコマンは悩むのです…しかしバリの女性は強い! | ホーム | コマンのダンナ「プトゥさん」の事情>>
コメント
ヒィィィィ・・・
右も左も分からない土地で・・・
この五年の間、一体どんなコトに・・・
コマンちゃん・・・
赤ちゃんが産まれて一番大変な時に・・・
やはり先が気になります・・・
【2010/10/25 22:26】 URL | KYOKO #-[ 編集]
★KYOKOさん

 心を入れて読んでいただいて・・・感激ですv-356

コマンとダンナの話はサラッと書こうと思っていたのに、
えらい詳しくなってしまいました
KYOKOさんのように楽しみに待ってくださっている方があるもんですから・・・がんばります!

 
【2010/10/26 09:16】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
初めまして。
大好きなウブドでどこに泊まろう?と探していて
ここをBOOKMARKしていたのに、PCが調子悪くて
ゆっくり読む事が出来なくなり・・・
(まだ直してませんが)

うっすらとした記憶を頼りに、やっと見つけました!

そうしたらコマンちゃんにこんな経緯があったなんて・・・

彼女に心からの笑顔は戻るのでしょうか・・・
戻るに戻れない、プトゥ君の安否も心配です。

他人事で考えるのは簡単だけど
たかが数年前の詐欺であろうと、純粋な人達を騙すのは許しちゃいけない。

って何も出来ない・動けないんだけどね・・・

歯痒いです。

いつ子さんが居てくれたからこその
今のコマンちゃんもありますね・・・
感服です。
【2010/10/26 18:32】 URL | shouko #-[ 編集]
★shoukoさん

 はじめまして。コメントありがとうございます。
以前から私のブログチェックしてもらっていたのですね!

嬉しいです♪

私はひょんなことから、コマンの生きる方向を、
ぐいっと、引っ張ってきた気がします

彼女をそばで見ていると、なんか幸が薄い気がして
気になるんです。

shoukoさんの言葉「コマンに笑顔は・・」ありがとうございます。
でも彼女は強いですから、大丈夫ですよ。

それにバリの人って、根が気楽なんです(笑)

【2010/10/26 22:08】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
あ~~~もう・・・なんて言えばよいやら・・・。
ただただ悲しくなりました。

騙される旦那も悲しいし、止められなかった家族も悲しい・・・
なぜ?!おそらく日本では起こりえないですよね?
訪れれば訪れるほど感じます。
外国人とも古くから長く交流する機会と文化を持ちながら・・・何故この人たちは今でもこんなにBali人???と・・・。
(だからこそ皆惹かれ続けるのでしょうけど笑)
教育のせいなのでしょうか?民族性なのでしょうか?
或いは日本人が特別柔軟なのでしょうか?

コマンちゃんのこれからが気になります。
【2010/10/27 22:11】 URL | Naoko #SJMMuUIM[ 編集]
★Naokoさん

 ご心配ありがとうございます。

この話は、ずいぶん前のことで
その後ふたりは遠く離れたまま会わないのですから…どちらかというとまだ新婚なのに…
それがかわいそう

Naokoさんの下記の言葉

 ・・何故この人たちは今でもこんなにBali人???と・・・。

もうちょい詳しく知りたいな~~
【2010/10/27 23:04】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
インドネシアの人は海外で働くとか移住するとかにあこがれているようです。身の回りにたくさんいますから。
もちろんプトゥのように騙されることも多いでしょう。
そういう話も聞いていて、それでも自分だけはそんなことはない、と夢を追いかけるのです。
僕がジャカルタで仕事していた頃、秘書さんは貧乏な華人で、日本か米国に移住したいと真剣に考えていました。 つてを頼って引き受ける会社を探したりしてのですが、期待にこたえることができませんでした。

それに比べてイツコさんは実際にコマンを助けることができているのですから。
結果を出さないと、努力だけではダメなんですよね。反省。
どこかのヤヤサンに寄付するより、目の前のたった1人でいいから助ける。これがスゴイです。
【2010/10/31 17:57】 URL | よし #mQop/nM.[ 編集]
★よしさん

 よしさんはジャカルタでお仕事されていたから、
インドネシアの人の状況や考え、心の動きがよく理解できるのですね。

私は基本的にバリ人が好きです。
宿に泊まっても一生懸命世話してくれるスタッフにも、
貧しくても心込めて一生懸命生きている姿に、ついホロホロしてしまいます。

そんな宿のスタッフも「日本で働きたい」と
それとなく言ってきますし、何となく実現可能な気にさせている、私がもあるのかもしれないです…反省

【2010/10/31 21:23】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
ジャワの噴火、はたまた地震、津波と..いろいろ気になって久しぶりにブログ拝見させていただきましたら、コマンさんのことが。
9月末に掲載されていたワヤンさんの最高の笑顔にほっとしながら、今日も仕事がんばろうと思いましたー。
【2010/11/01 13:10】 URL | キタカド #-[ 編集]
★キタカドさん

 インドネシアは周期的地震や津波、おまけに火山の噴火、
その度に被害も大きく、あっというまに多くの人か亡くなられる…ほんと心痛いです。

笑顔のワヤンも「どうしてインドネシアはこんなに問題ばっかりなのか?」と嘆いています。

まだラッキーにもバリは天災の被害は少ないですから安心ですね。

【2010/11/01 16:09】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。