スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ストレートな物言いが好きな”バリ人”
コマンの日本への思いは強く、勉強にもいっそう拍車が掛かってきています。

「今度バリへ来るとき
川端康成の”雪国”持ってきてもらえますか?
いま学校で”雪国”の解読を勉強しています
日本語のオリジナルが読みたくって…

それから日本語の歌のカセットが欲しいのですが、いいですか…

ああ、私は早く日本へ行きたいです」

やはり人は学ぶと、こんなに成長するんだ
そして自分の生きる目的が”夢に繋がるという希望”
こんなに生きる力になるんだ…と思いました


苦悩から生まれた
自分のために生きる道を選んだ、
彼女の世界が広がっていく事を祈るのみです


話題は変わりますが
コマンとエンジェルと一緒にご飯を食べにレストランに行った時
ちょっと驚いた事がありました

012 (400x300)


レストランのスタッフの女性がエンジェルの相手をしてくれながら、何か話しています

そして彼女が少し驚いて
「ねえ~、いま私がこの子に
”パパはどこにいると?”と聞いたら

”パパはオランダにいるの。オランダの人がパパを取っちゃったの”と言ったんだけど
…本当なの?」って聞いてきました

私は”えっ!”とびっくり!
コマンも苦笑い。

エンジェルの顔を見ても、平然とした顔で笑っています。
まだ6歳の子供が、それなりにパパとママの微妙な関係を察知しているんですね。

エンジェルにとって、どんなに「パパ」という存在があっても
顔も見たことがない「パパ」は何の存在感もないのでしょうし、
”オランダの人が取っちゃって”
それは感情より、単なる言葉だけなのかもしれないですが…

私は時々バリの人たちのストレートな表現に
”ドキッ”とさせられる事があります

ラグラグのみんなも、周りの人たちも
コマンのダンナがオランダに行ったきり帰ってこない、
そのことでコマンが傷ついているのを分かっていても

「プトゥさんは、きっとオランダに恋人がいますね」
「コマンさんも早く新しい恋人見つけたほうがいいですよ」

エンジェルにも分かっていて
「パパはどこ?」って平気で聞くのです

私たちの感覚では、”分かっていてそんなことを聞く”という気が知れず
小さな声で「もう~なんでそんな事言うの!」と、たしなめるのですが

バリではこういう風に包み隠さないストレートが、普通なのだ…と言うのですが

egao.jpg


以前
車椅子で移動されているお客さんに
彼らは「足どうしたの?」と、臆せずに直接聞く場面が何度かありました

「ドクターへ行ったのか?
ブサキ寺院の近くにすごい呪術師がいて、
私の叔父さんは、そのマンクゥ(呪術師)に治してもらって歩けるようになったんだよ。
行ってみなさい。きっと歩けるようになるから」

ブサキ寺院


その方も、彼らの問いにちゃんと答えてられていました。
そして、こう言われました

「日本人なら,見て見ぬ振りしたり、
変に気を使われるのが、かえって辛かったりしますが、
こうして、ちゃんと正面から接してもらうのが嬉しいし、
心から気にかけてくれているのが伝わります」
と話されました


バリの人がストレートにくる
…だからエンジェルも逞しく
平気な顔をして「オランダの人がパパを取っちゃったの」って言えるのかも知れないですね。


なんでもオブラートに包んで傷口に触れないように、
と気遣う日本人とは違うんだ~~

良いか悪いかは別として国民性の違い
価値観の違い、表現の違い、ほんとうにおもしろいです。


おもちゃ






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓






【2010/11/15 13:08】 | 未分類 | コメント(2)
<<バリ西部の【秘境】で自然を満喫 | ホーム | 学ぶ力は、人を変え、生きる力になるんですね>>
コメント
う~ん・・・
私も「バリ人」の知り合いに
日本人だったらとてもナーバスな内容なコトを
どストレートに言われて
ある意味ショックを受けたコトがあります。
その時は少々傷ついたけど
今思うとハッキリ指摘してもらえたおかげで
見直すキッカケになったかなぁと・・・
日本人だったら、相手を傷つける事をおそれて
あえて触れなかったりするので
最終的にはどっちが親切なのか・・・?
本人の受け取り方にもよりますけどね~。
でも「バリ人」って・・・
時と場合によっては、敢えて黙ってたり・・・
まだまだ初心者の私には、
混乱するコトが多いです(笑)
長文になってしまってスミマセンっ
【2010/11/16 01:19】 URL | KYOKO #-[ 編集]
★KYOKOさん

 早速のコメントありがとうございます。
バリ人気質というか、シンプルなようで複雑なバリの文化や宗教からくる
人々の生活スタイルも、癖も読み解くのに「う~~ん…」と頭抱える事多いですよね。

私もバリへ行くと何年も前の服を着ていることあります。
久し振りにあったバリ人に
「イツ子さんは、ず~っと同じ服着てますね」
といわれました…ほっといてくれ!と言って
大笑いしました。
笑って済ますのが得策です…彼らを相手にしているとね♪
【2010/11/16 09:21】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。