スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
海と森に覆われた【ムンジャンガン・ジャングル&リゾートホテル】
原始に近い自然に包まれた【秘境】

【西部国立公園】のなかにある
【ムンジャンガン・ジャングル&ビーチ・リゾート

382ヘクタールもの広大な敷地内に、客室はわずか25室のみ。

ジャングルと橋


部屋のタイプは3つに分かれていて

ジャングルエリアにプールを囲むように建った
【モンキーフォレスト・リゾート】

プールと部屋



室内のアンティックな家具は、クオリティが高い印象を受けました。
でもちょっと暗いかな~

dlx_twn.jpg



海が目の前の、3ベッドルームの
【クリフ・ヴィラ】には、
独立したリビング&キッチンがあります。

プライベートプールもあって、
自然な木の温もりを感じさせる建物や室内は、私は大好き!!


gazebo.jpg
部屋から眺める海の景色には、かなり感激!
料金も高いですが、1ベッドルームだけを利用する事もできます。
その場合は、他のお客さんは予約できないので、
1ベッドルーム分だけでこの空間を独り占めできるそうです。


junior-suite.jpg


そして、マングローブの生い茂る波打ち際に建つ【ガゼボ

ムンジャンガンホテル


ユニークなのは「ガゼボ」です

gazwbo.jpg


「えっ、部屋ってこれだけ?」とびっくりして聞きました

ベッドしかありません。
トイレやシャワーは屋外にあって、
8部屋のガゼボに宿泊している人たちが2部屋でひとつの
シャワーとトイレを使うのです

まあ、殆ど満室になる事はないでしょうから込み合うことはないにしても
夜中に外へ出てトイレはなんか面倒かも

しかし、このガラス張りの部屋はまさに自然と一体感があって
星も月も、夕陽も朝日も、そして海の音に包まれ、
鳥や自然の吐息をも、寝ながら体感できるのは…一度泊まってみたいな~~

タワー昼

 
高さ30メートルもの高さのレストランのあるバリタワーからの景色は絶景で
夕陽を眺めながらの席を用意してくれます

タワーから


ホテルを案内してくれたマネージャの男性に
コマンが「私の主人は、以前このホテルで働いていたのですよ。
名前はプトゥといって、ヌガラの村から来ていましたが、
あなたは知っていますか?」

と話しかけ、そのマネージャーも

「ああ、知っていますよ!
ほぉ~あなたが彼の奥さんなの?!」

旦那を知っている人と、弾む話に嬉しそうなコマンでした。


タワー



密猟者を見張るパトロールを強化して、
森を手厚く守ってきたため、野鳥や鹿などの動物が数多く棲む
「西部国立公園」やこの周辺のホテルには、
熱帯の手付かずの自然をあますところなく、堪能できるのがとても魅了ですね


夕陽と鳥


tamann sari





いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓


【2010/11/28 17:27】 | 未分類 | コメント(2)
<<ご近所さんの、プチヴィラ【Padi Prada…パディプラダ】 | ホーム | バリ西部の【秘境】で自然を満喫>>
コメント
ムンジャンガンでダイビングはしましたが、
残念ながら宿泊はした事がありません。
でもこのガゼボで1泊だけなら、
たとえトイレやバスが共同でも、
そして、部屋にカーテンと鍵がついているなら、
泊まってみたいですねー。
【2010/12/06 22:00】 URL | しゃお #-[ 編集]
★しゃおさん

 お久し振りです♪
ガゼボはUS$60と言われてました…
【えっ高いな~」と感じた位、部屋というより休憩室かスパの部屋みたいだし・・

女性一人は…しゃおさんひとりで泊まれます??

ムンジャガンへ行った時、
「ワカショレア」と「タマン・ビーチリゾート」もインスペクション行きました。

料金的には「タマンビーチ」が良かったです。
「ワカショレア」はムンジャガンの島に渡るのです。

画像データーがないので、話載せられなくって、歯がゆいですが、
しゃおさんに会ったらお話しますね




 

【2010/12/07 22:16】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。