スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
うるさい環境に耐えられないんです!
宿を移動しなければならないことが…

夕方定宿の【ワナラバリ】に戻ったら、なんかとても騒がしい

私の部屋の隣から子供や大人が話す大きな声が聴こえてきます
なんかいや~な予感…

そうか~~家族連れの宿泊客なんだ~~

しかし、それだけではすまなかったのです

下の庭からも、隣の棟の部屋の1階も2階も同様に騒がしい

その気配は実体を伴って見えてきました

人が異様にいっぱいいます。

私の部屋を挟んで、人々が下から上に、上から下に大声で呼び合ったり
話しています

あっちとこっちでそれぞれ話すので
うるさくって堪りません


「ワナラバリ」のスタッフが言うのには
ジャワ人の家族でバリへ観光に来ているそうです。

インドネシアも経済の発展がめざましく、こうやって団体でバリへ遊びに来る人たちが
多くなっています。

1泊だけかなと、思ったら、
なんと3泊するというのですぅ~~

部屋は合計4部屋使っているのに
ざっと見ても20人以上はいます。

どうしよう~~3日も耐えられるかな~

表に出てみたらこんな大きなバスが停まっていました

112 (400x300)
↑ジャワから、このバスに乗ってきたんだあ~~
それで2人用の部屋、4部屋にこれだけの人が泊まってるんだから、
想像できますよね、賑やかさが…


夕方から外出して部屋に戻ったのは夜11時…
もうやかましい客は寝てくれていて、静かなものでした

疲れていたので熟睡して、すっかり彼らのいるのも忘れていたのに
朝、騒がしい声で目覚めてしまいました

子供や赤ちゃんの目覚めとともに、いきなりハイテンションの
声や音が響いてきます

部屋と部屋の壁が薄いのか、天井の材料が薄い所為か会話もすべて聞こえます
普通外国人の旅行者が宿泊していてもの
音や声は少しも苦にならない位静かなのに
この人たちは声が大きい

わぁ~~~~そうやった!いたんや~~!

時間を見たらまだ6時前
まだ眠たい!もうちょっと寝たいのに~~

そう、はじまりました!

バタンバタンバタン・・・・

子供が扉を開けたり閉めたり遊んでる!

お母さんが大声で子供の名前を呼んで
赤ちゃんが泣いて、子供が「おなかすいた~~!」と叫んで

下からおじさんが「お~~い!飯どうする?!」

隣のお母さん「ナシチャンプル買ってきたらいいんじゃない!」大声で返事


「いくついるんや?
みんなナシチャンプルでいいんか!!??」


他の人も○#ж!☆^゛ヾЯгペチャクチャクチャクチャ+++
声が大きい!

隣の棟の部屋の子供がベランダ越しにお隣の子供と呼び合って

とてもじゃないけど寝てられません

ムカつきながら起きてベランダに座り、私のテンションはムムム・・と急降下

一瞬のうちに下の庭にジャワ人がいっぱいです

まるで市場かアジア特有の裏通りの集合住宅に紛れ込んだようです


たまりかねて、ベランダ越しにお隣に
「少し静かにしてくれません。
まだ眠いのに寝られないし。。。」

と頼みますが、隣のお母さんはブスッとした顔で
「ウーム。。。。」だけ



静かになったのはほんの1分だけ。。。

子供がいるのだから静かにと言っても無理だろうとは思いましたが。。

そとからナシチャンプルを大量に買ってきた女性が戻ってきまして
みんなベランダで匂いプンプンさせて食べ始めます

部屋に入ってもベランダにいても、音量は変わらないし

身の置き所がなく、朝ごはんでも食べようかとスタッフに頼みにいき
ついでに「頼むので何とかして欲しい」とお願いします

スタッフのマデも困り顔で、
「ごめんなさい。もう私たちもびっくりしてます。
昨日の夕方から、”他のお客さんもいるので静かにして下さい”と言っているんだよ」

「でもこの数、どうしてこんなに多いの?」と聞きますと

「はあ~~信じられない!
一部屋に5人も入ってるし、大きな声だし…」とマデも手を焼いています

「また注意しますので、待ってね」と言ってくれますが…

IMG_4763 (400x300)
↑いつもエテ公をこのパチンコで脅かして追い払ってくれるマデ君ですが…

042 (400x300)
↑まだお猿の方がましかな~~

マデ君が皆に一生懸命説明して注意を促してくれています。
彼の顔も真剣で
…他のお客さんが困っています。
彼女も寝られないといっているし。。気の毒でしょう…

マデ君がそう言ったかどうかは聞こえませんが

ジャワ人の彼らが上を見上げて私の顔を見ています…から、きっとそんな感じかな…

ほんの一瞬静かになりましたが…もう私は分かっています
無理!絶対無理!

朝ごはん食べていても、何が口の中を通過しているのかわかりません。
本を読んでも1行を行ったり来たり…先に進まない

何も考えられないし、何もできない

「うるさい!」と大声で叫びたくなります

自分がこんな環境に置かれた時、平精神を持てないんだ、と
自覚しましたねぇ~~やわな私にがっくりです

1人でいられる空間を確保できる日本の環境で慣れた私には
雑居生活は無理なのかもしれないな~と改めて感じました


このうるささの中に耐えられないのです

もうひとつ焦ったのは

もうすぐ、ラグラグのお客さんが【ワナラバリ】にチェックインされるんですが

こんな状態の中、絶対問題になる。
ウブドの印象が悪くなるのも嫌だし
なんといっても、宿でゆっくりできないなんて気の毒です!

もう私はパニックです!

ここに見合う宿を1時間以内に探さねばなりません


探し回って【ワナラバリ】から歩いて3分
プールもあってエアコンもあるし
部屋も明るいし、きっと大丈夫だろうと思って
私もお客さんの分も予約して、移ることにしました

105 (400x300)


ワナラバリのボスがでてきて
「ごめんなさい!
私もびっくりしてるんです。
ジャワから部屋を4部屋予約したい、と言ってきただけで
まさか何家族で来るなんて考えていなかった。
小さい子供がいるのか、1部屋に何人使うのか確かめなかったしね」


と、しきりに謝ってくれます

でも私たちも以前「ラグラグの慰安旅行」
1部屋に6人泊まったことあるので
彼らのことをとやかく言う筋合いでもないけどね~~


と、いうことで移った宿は【MERTHYAS】
まあ、たまにはいいか~~この際、違う宿に泊まってみるのも
人に薦める時、実際に泊まらないと分からないことがありますからね


110 (400x300)






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓

【2011/01/17 12:39】 | 未分類 | コメント(4)
<<気楽な”にいちゃんたち”の宿【MERTHAYAS BUNGALOWS】 | ホーム | 最近のマンクゥ【カトゥ・リヤール】さんは大忙し!>>
コメント
2年ぶり?のコメントです。(HN変えました。)
いつも楽しく読ませていただいてます♪

>部屋は合計4部屋使っているのに
ざっと見ても20人以上はいます。

わかりますわかります!
ワタシも以前、ラグラグさんの後ろの方にある某アコモデーションに泊っていた時のこと、
台湾人の家族連れが4部屋を占拠してて、その数なんと20人近く!
日ごろの疲れを取るために、ウブドくんだりまで長時間かけて来てるのに、癒されるどころか、大声の騒音と、美観も考えず部屋の前の木という木すべてに洗濯物を干す無神経さにイライラさせられました。
レセプションに電話をして、話し声は仕方ないとしても洗濯物を干すのだけは止めてほしいと頼んだことがありました。
慌てたスタッフが飛んでいき、すぐさま洗濯物は取り込まれましたが、2階からコトの顛末を見ていたワタシは、当然、その御一行様に下から睨まれましたよ(笑)

ここ数年のウブドは、以前とは考えられないほど街も道路も賑やかになり、静かに過ごしたいワタシは敢えて無駄な外出を避けていますが、こんな団体さんと出会ったら、運が悪かったとあきらめるしかないのでしょうかねえ。(笑)

【2011/01/18 01:21】 URL | sawah #tZDc9YLU[ 編集]
★sawahさん

 コメントありがとうございました~~
こんな状態を分かって頂けるコメントで
「ああ~~うれしい~~!」という思いです。

庭に洗濯物干す。。。塑像できます!
静かに過ごしたいのに、気持ちを魚でされると堪ったものではありませんね~~

私達は飛行機に300人とか乗っていても、それぞれが気遣う態度で成り立ていますが、
周りを気遣わないグループと同席や同宿となれば、
すごいストレスになりますね。
苛立っている自分を抑えようとしますが、無理でした。

よかった!分かって頂けて!ありがとうございます~~
【2011/01/18 18:56】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
初めまして。バリに住んでいます。
今回の記事、うんうん!と大きく頷いてしまいました。わかります、わかりますよその気持ち。
私はインドネシア人、中華系の人が泊まる宿はなるべく避けるようにしてます(笑)
バリに住むのは大分慣れましたが、
唯一どうしてもダメ、というか理解できないのが、彼らの騒音、大音量への無頓着さ。
耐性が強いというのか...
レストランのBGMも異常に大きいですよね。
話し声もでかいし(笑)
もう少し近代化が進んだら、マナーという観点も出てくるのかもしれないでしょうが、
それは相当先の話ですよね...
【2011/02/02 17:21】 URL | 仁美 #/.OuxNPQ[ 編集]
★仁美さま

 はじめまして。こういう状況でのストレス、同じように体験した方がいてくれると、嬉しいものです。

同じインドネシア人でもバリ人は、比較的
迷惑かけないようにしようと心がけているのが感じられます。
そういう気遣いが感じられたら、何とか気持ちが収まりますが、
注意しても聞いてくれない、
そういう神経にはイライラさせられますよね。

仁美さんがおっしゃるように、
最近ウブドでもライブとか夜遅くまでやっていて、
その音が
遅くまで部屋に聴こえてくる事も多くなりました。

騒音は、本当に迷惑です。
静かで深い闇のウブドは、どこへ行ったのやら…と憂いてしまいます。

仁美さんは、バリに住んでられるのですね。場所はどこですか?

またお会いしましょうね
【2011/02/02 19:46】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。