スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ビジネスの神様が教えてくれた【みんな、ほんまにありがとう!】
ウブドからシガラジャはとても遠い。
車で3時間半かかります。

9時半にウブドを出発して、2時間半、そろそろお腹がすいてきました
お昼ごはんが食べられるワルンを探します

ワヤンが「サテ・カンビン(ヤギの串焼き)はどうですか?」と聞きます

バリの人は皆「サテ・カンビン」は好きですが、好き嫌いの多い私は
変わった肉はダメなんです~~

カエルとか鹿もダメだし、カメとかウサギとか、とりあえず変わった肉はダメですね。
牛でもレバーなどホルモン系もダメだし、カルビでさえもアカンのです…
これ、けっこう難儀ですし、周りにも気を使わせてしまいます

029 (400x300)

ワヤンが、他の食べ物が食べられるワルンがないか、尋ねてくれます
いつも食べ物に「これダメ、あれダメ」とダメだしする私に、
奔走してくれるみんなに申し訳ないと思いつつ…

あっちこっち探します。


さっきの店の人に教えてもらったワルン

「ナシチャンプルは大丈夫ですか?」とワヤンが聞いてくれます

「ああ、ナシチャンプルならOKよ」と言いつつ

030 (400x300)
                     
このぐるぐる巻いた腸を見たら「ごめん!ここもダメ」

かなりお腹すいているのに、みんなも
しゃ~ないな~とがっくり顔でまた探します。

やっと、【ナシゴレン】【チャプチャイ】【ミゴレン」の看板のワルンにたどり着きました

032 (400x300)
ワヤンドラ”やっとお昼ご飯にありつける”ホッとしています。

いくつか旅行者用のきれいなレストランを何軒か見つけましたが
ワヤンドラが、
「ダメですよ!高いでしょ。ナシゴレンだけでもきっと3万ルピアしますね」とドラちゃんからダメだし

いつも会社のコストアウトを気にしてくれるありがたい人材のワヤンドラちゃんは
最後までワルン推進派でしたから、ほんまに喜んでます

033 (300x400)
↑このデサの嬉しそうな顔

バリの食べ物が最近だんだん合わなくなってきた私のせいで
お昼ごはん遅くなってしまってほんまにごめん!

みんな文句も言わす我慢してくれてほんまにありがとう!

お寺まで、まだここから1時間かかります。

やっとMELANTING寺に辿り着いた~~

038 (300x400)


今晩は満月とあって方々から多くの人たちが参拝にしています
ここは【商売の神様】うちの近所の【稲荷大社】みたいなものですね。

060 (300x400)

勿論観光客は一人も見かけないし、土産物屋もありませんが
こんなかわいいお供え物の屋台が並んでいます
       ↓
076 (400x300)


065 (400x300)


せっせと、お供え物を用意してくれるみんなの顔は真剣


066 (400x300)


最初に小さい方のお寺でお祈りして
また同じようにお供え物を準備してその奥にある本寺でお祈りします

064 (400x300)


手を合わせながら

こんな遠い所まで会社のために足を運んでくれて
真剣なまなざしでひとつずつお供え物を作り
こころ込めて祈ってくれているみんなに心打たれました



054 (400x300)


お客さんからも、周りの人たちからも
よく「いいスタッフに恵まれていますね」と言ってもらえます

074 (400x300)


ドラちゃんはまだ3年ですが…彼は付き合いの長さにも勝る信頼感をくれています…
ワヤンもデサもデワも、みんな私と15年もの長い年月をともに歩んできてくれ
異国での様々な問題に、ひとり悩み苦しんだときには、助け支えてくれました

みんながあるから「今の私」があるのであって

「ラグラグ」は”みんなのもの”なのだという思いを強く感じました

【商売繁盛】のお寺にきたからといって、
お金が天から降ってくるということはありません

でも商売に大事な事は何かを気付かせてくれる、
とても貴重な参拝でした。

過酷な生活の中で仕事を求めて「ラグラグ」の門を叩くバリの人のために
少しでも多くの人に仕事があげられるようになりたいし

私にもみんなにも「希望」がもてる、そんな商売をしたい

遠い所まできたけど、やっぱり【バリの神様】は、なかなかすごい






073 (400x300)






いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓
【2011/02/06 13:44】 | 未分類 | コメント(2)
<<昔ながらのバリの空気を持つムンドゥク村にある【ルンブン・バリ・コテージ】 | ホーム | 満月の日、シガラジャにある商売の神様へお参りに>>
コメント
今晩は!ご無沙汰しております。

最近は新しい業務と現行業務に挟まれてすっかり心身ともに忙殺されております。
5月連休はまた是非バリに行きたいのですが、お正月ウブドは落ち着けなかったので・・・今のところやはり田舎にに滞在しようと思っております。
ごめんなさい。
滞在中遊びに行けるかも知れないし、送迎をお願い出来るかもしれません。

良いスタッフに恵まれたLaguLaguの繁栄をこれからも心から祈っています。
私にとって初めて逢って知り合ったバリ人な訳ですし、彼らに特別の親しみを覚えています。

またお会いできる日を楽しみにしているとどうぞよろしくお伝えください。

【2011/02/12 00:02】 URL | Naoko #SJMMuUIM[ 編集]
★Naokoさん

 忙しいのですね。お疲れ様です。
Naokoさんのこと、よく思い出すのです。
ワヤンの村のマンクゥで観てもらった時
Naokoさんにパワーあるって、なんかじわじわとその意味が感じてくるのです。

それに一緒にシドゥメンへ”どうしたんやろ~”と思うくらいのハイテンションのデワと何のためについてきたのかと思うガイドの役を果たしていないコマン、まるで遠足のような送迎で申し訳なかったな~と言いつつ楽しく思い出します。

ハイシーズンのウブドとローシーズンのウブドは落差ありすぎですね。

5月は日本だけのGWだし、ましだと思いますので
是非みんなに会ってやってくださいね。みんなNaokoさんを大好きですって♪
【2011/02/12 09:46】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。