スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
デサとコマンの、他愛のないおしゃべり
コマンがやってきて、デサ、そして私、女ばかり3人で
久し振りに、お昼ご飯を食べに出かけました

最近気に入っているのが、
タマン通りにある【タマン・ワルン】
チャイニーズフーズで安くて美味しい

↓【タマン・ワルン】

061 (400x300)


ナシゴレンや酢豚、芙蓉蟹がめちゃ美味しいんです

しかも安い!

と、いってもこの間まで
この店のチェーン店プリアタンにあった【ワルン・ジョニー】
ナシゴレン(焼き飯)Rp.10,000…約100円(殆どのメニューがだいたいこの料金)という安さ
しかも美味しかったので

みんなで何か食べに行こうか!… 「じゃあ、ジョニーへ行こう!」が定番だったのですが

その【ジョニー】が借りている店の契約が終わって
安くて美味しかった【ジョニー】がなくなりました。

【マンガ・マドゥ】へもよく行きましたが、最近少々味が落ちたように思えまして

それでジョニーの本店の【タマン・ワルン】へ行くことが多くなりました。

こっちは【ジョニー】より小奇麗な店内と、
旅行者にも知られている昔からあるワルンですから
ナシゴレンRp.20,000…約200円 と、ちょっと高い目。

それでも最近、どこのレストランでもナシゴレンがRp.3~50,000位に上がっているので
Rp.20,000 は安い方

それに量が多いのでかなりお得…かな~

食べ物についてはこのくらいで

さて、デサとコマンですが、
彼女達がまだ出産するまでは
二人ともラグラグのスタッフでした

どういうわけか、二人とも殆ど同時に妊娠しまして
出産も10日ほどしか違いません

出産をして二人とも休職しておりましたが
まずコマンが親戚の手助けを得て
子供の面倒を見てもらうことができたのでラグラグへ復職

komanlagu2.jpg
↑コマンが先にラグラグへ復帰 ああ~~シロもまだ元気だった~~

デサは子供を預けにくい環境のなか、更に2人目を出産しましたので、
しばらく待機という事でした。

↓子供は2人ともデサの子供
DesaKomang.jpg

IMG_1893.jpg


コマンですが、
前もお話しましたが
コマンのダンナがオランダに出稼ぎに行って7年も戻ってこない
1人で子育てして、ラグラグで働いて、その疲れやストレスもあって

”私は何のために生きているの?”自分の人生に自問自答の末、
日本語の勉強への向学心に目覚、
デンパサールの大学へ通うようになりましたので
入れ替わるようにデサが復帰

そういう状況で、彼女達の出産後は、
私たち、なかなか3人で顔を合わせる機会も少なくなってたもので

久し振りの3人での食事

やっぱりね…話題は子供の話


小学1年生になった二人の子供の話です

コマンが「学校はどう?子供勉強してる?」

「上の子のプトゥは、アホなのよ。
勉強が大嫌いで、全然しないの。
教えても、ポカーンとした顔して頭に全然入ってこないみたい
困ったわ~~」

「あら、うちのエンジェルだって、宿題しかしないのよ」

Komanganger.jpg
↑コマンと利発そうな娘のエンジェル

「でも、エンジェルは勉強よくできるのでしょ?
エンジェルは頭いいから…

ほんとうにうちのプトゥは、あれはダメね。
頭が悪いのよ。
下の子のカデェのほうは、まだ5才だけど、
”7+3=10”教えたら分かるんだけど
プトゥは、こういう事説明しても頭が廻らないみたいで、
イヤになって、すぐに”おやつ買いたい”って言い出すし、
言い出したらもう聞かないの」って、

私は内心「かわいそうに、ダンナのネンガに似たのね」
                   

ネンガ

ダンナのネンガも以前はラグラグのスタッフ…

コマンも慰めながら
「もう少ししたら勉強の欲が出てくるわよ。
大丈夫よ。
エンジェルもね、この間、算数で”5”取ったのよ。
もう悲しくなるわ~~」

「あら、プトゥなんか”5”が3つもあるの…」



ここで私、【5】って成績いいんじゃないの?

私たちの時代は「オール5」といえば秀才を意味していたけど

バリでは評価は10~5までだそうで
10は付けないとかで【9】が最高、【5】が、いわゆる赤点

…これ通知簿の話です…

二人は

「私たち、以前なら自分の話したのに
今では子供の話ばかりね…」
なんて言い合いながら笑っています

「ご主人はどう?元気なの?」

「うん、元気よ」

ダンナの話はそれだけ…?

日本ではダンナの話をする時は”のろけ”とか”愚痴”とか結構話題になるんだけど…
という私に、バリではダンナの愚痴を言うという事は、恥ずべき話題だそうです。

だから「ダンナさんは元気?」
「ええ元気よ」だけ言う

が普通なんですって・・・

ほぉ~~~なんと!

なんて、他愛もない子を持つバリの女性の話でした

062 (400x300)








いつも読んで頂いてありがとうございます!
”ポチッ”もヨロシクお願いします♪
       ↓

【2011/06/12 18:19】 | 未分類 | コメント(2)
<<プールができたよ【ワナラ・バリ】 | ホーム | ちゃんと書かなくては…と>>
コメント
現地の人に信頼されて また信頼できる関係ってなかなか 難しいものです。
それも長年・・やはりあなたの人徳だと思います

私も見習いたいです☆

それにしてもデサちゃん誠実さが顔に出てるよね!
コマンちゃん逢ったことないけど美人だわぁ~
【2011/06/13 19:46】 URL | yoko #-[ 編集]
★Yokoさん

 嬉しい事言ってくれますね♪

仕事の関係ならもっと線を引かなければならないのが、本当だと思いますが…

なかなか、それができなくって…厳しさも必要なのに、ですね!

でも、本当にいいスタッフに恵まれて、ラッキーです。
私に娘がいないので彼女達が娘のようで、わたし嬉しいんです。

Yokoさん、一度コマンに会ってやってね。

【2011/06/14 00:42】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。