スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【シドゥメン村】で1泊【アメッド】で1泊の小旅行
去年の年末に少しの時間ですが【シドゥメン村】を訪れました。

【シドゥメン村】とは私の大好きな【イサ村】のお隣の村です

【イサ村】は、雄大なアグン山を背景に田園が広がるとても美しい村で、
私にとっては、バリを想うとき、このイサ村の風景がまぶたに浮かびます
イメージするだけで疲れた心が癒され、ああ、バリへいきた~~い!という思いに駆られます

     ↓イサ村の早朝
P1030011 (400x300)


そしてこの風景はバリの中で一番美しい桃源郷だと思っています

その隣の村【シドゥメン村】ここもまたのどかで美しく
なんか昔ながらの素朴さが、穏やかな空気をかもし出している気がしました

052 (300x400)


自然が美しいので人々の笑顔もまるごと、
この村を優しい風景にしてくれているようです

089 (400x300)


去年の年末に少しだけ訪れたとき、
この【シドゥメン村】にバリ人と結婚されて住んでいられる日本人の
亜希子さんにお会いしました

082 (400x300)
↑「亜希子さん」です.あっ実物はもっと美人です!
…ガイドブックや”バリフリーク”などにも紹介されたそうです。
堂々とされていて「写真?いいですよ」と快く掲載も許可いただきました…見習わないと

亜希子さんの生活はバリの人そのもので
たくさんの家族と一緒に
普通のバリの人が暮すそのままの生活をされているのです

049 (400x300)


台所を覘かせてもらったら、かまどに薪をくべてご飯を炊く、
そんな生活をされているのには驚きました

一緒にいたコマンでさえ

「わぁ~~見て!なんてトラディッショナルな台所でしょう!
亜希子さんって、すごいですね。
いまバリ人でもあのような生活できない人たくさんいますよ」
って、感心していました

050 (400x300)


そうなんだ~~本当にすごい人なんだ~~

058 (400x300)
↑愛嬌のあるダンナの「ニョマン」さんです
ずーとニコニコしてほんと優しい人なんだって雰囲気が溢れていました

亜希子さんは今や知る人ぞ知る
バリ在住の日本人の中でも有名な人なんだってことを
はじめて知りました。


亜希子さんは占いもされるそうで、
その面でも有名なんですね

今回同行した私の友達2人は亜希子さんに占ってもらっていました
見料は:30分でRp.150,000 (約¥1,500)はバリ人も欧米人も、日本人も公平に一律同額だそうです。

私は日本では占いをしない方ですが
バリにいてバリの呪術師のマンクゥとかには、ちょっと不思議な魅力を感じているもので
時々観てもらいに行きます。カトゥ・リヤールさんとかカトゥ・ライさんとか…

亜希子さんの占いも興味はあったのですが、まあ時間もなかったので
友達2人だけ、観てもらいました。

結果は、当人しか知らないのですが、どうも気分良くさせてくださるようですよ

061 (400x300)


まあ、そういう素敵な出会いもあって、
今回は是非こののどかで平和な「シドゥメン村に滞在したいと思いました

083 (400x300)
↑昨年の年末に訪れた「KUBU TANI] というお宿もとても素敵でした
…宿泊してないんです。見せて頂いただけです

↓「KUBU TANI」の室内です
086 (400x300)


088 (400x300)


093 (400x300)


094 (400x300)


それで日本人の友達と3人でドライバーのデワを伴い
「シドゥメン村」で1泊

その後は、10年ぶりなのですが、行ってみたいと思っていた

「アメッド」で1泊
と計画して出かけました。

今回デワだけ連れて行ったので、
デワはどうもワヤンがいないと一人仕切れるので
ご機嫌で饒舌になります・・・ルンルン…やね、デワ!


ウブドをお昼過ぎに出発しました。

続きます


【2011/07/04 12:33】 | 未分類 | コメント(4)
<<【シドゥメン村】で1泊【アメッド】で1泊の小旅行② | ホーム | 部屋を作ろうか・・・>>
コメント
あ~うらやましいっす。
昨年は予定していたのにキャンセルしちゃいました。
イサ村の朝景色もいいですね。 クソ~~~

来年行けたらいいなあ・・・


ところで亜希子さんのダンナは Nyomanさんと言います。
【2011/07/05 19:57】 URL | よし #mQop/nM.[ 編集]
あ!この亜希子さん、
この間テレビで紹介されてましたよ。
亜希子さんの方からご主人をナンパされたそうです。
田舎、いいですね。
私、今回ウブドの都会っぷリに辟易し、
次にバリに行くならウブドじゃない田舎と考えています。
アメッドもダイビングでは行った事がありますが、
宿泊した事はありません。
続きを楽しみにしています。
ワヤンさんがいない時のデワさん・・・。
うふふ、分かります。よーく、分かります。(笑)

【2011/07/05 20:52】 URL | しゃお #-[ 編集]
★よしさん

 ”うらやましい~~”…そうでしょうね。
ごめんなさいね~~と思いつつ、
きっとよしさんから、何か言ってくださると読んでましたら、
そうか名前間違ってたんですね

迷ったんです「ワヤン」?やったかな~「ニョマン」?やったかな~

早速直しておきました。ありがとうございました!!!

今年は行けるといいですね。

【2011/07/06 11:06】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
★しゃおさん

 そうテレビでも紹介されてはりましたね。
このダンナさん、オニガワラみたいに迫力あるんですが、このニコニコ顔と田舎の風景が
絶妙にマッチしてまして…

アメッドも良かったですよ!!

「ワヤン抜き」のデワのはしゃぎようは、すごいですね。相性悪いんでしょうかね…涙

 
【2011/07/06 11:17】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。