スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
カトゥライさんの「大事な用件」とは…
朝早くから…といっても、もう9時前なのですが…

以前から何かとブログで書かせてもらっている
透視能力のある【カトゥ・ライ】が「ラグラグ・オフィス」にやってきました。



この方は、ちょっとびっくりするような予言をされたこともあります。


お客さんも含めて数々の友人をお連れした時なども

その人たちの性格や生活環境などを

ぴったし”言い当てられたり”

掌をこすり合わせて、何もないところから石を出してきたりされまして…

私は、何度も目の前でびっくりさせられて、
結構彼の力を信じているところがあります

…”結構”というのは、私はこういうことにあまり妄信的にはなれないほうで…

それで…ですね、【カトゥ・ライ】さんが朝早くから何をしに来られたかというと

なんでも、是非私に協力して欲しい言う大事な用件があるということなのです

ラグラグ・オフィスが開くか開かないか位の時間に、わざわざやってこられたのですから
そうとう”大事なことがら”があるんだろうな~~

と私も身構えて

IMG_6076 (450x338)

とりあえず、私の新しい部屋にお通しして

顔を洗うのを待ってもらいまして

「ところで、私の部屋はどうですか?方角的にとか…」

と無料で質問なんかしまして…

「うん、いいよ」

なんかあまり気が入っていないお返事

本題の大事な用件とは

「いや~ぁ…話と言うのは、私の新しいビジネスのことでね」

えっ!!えぇぇ~~~~!
カトゥライさんがビジネス!!


意外な用件でした!



なんでも、彼の長年のお友達の資産家のドイツ人が

「タバナン」でビッグ・ビジネスを計画しているとか

「タバナン」とはデンパサール空港から車で40分の
バリ島中西部にあります

IMG_6131 (450x338)


タバナン



未開発な素朴さに溢れた美しい田園風景が延々と広がるバリ島最大の稲作地帯です

私はこの周辺の風景がとても好きなのです

海岸沿いには椰子やバナナの林がどこまでも連なり、
観光化の進んでいないこの地域は、見渡す限り豊かな緑が続き

空気も澄んでいます


”海の中に船のように浮かぶ岩、その岩の上に立つ美しい寺院
夕日のなか神秘的なシルエットで人々を魅了する寺院”

と謳われる

世界的にも有名な
「タナ・ロット寺院」もこの「タバナン県」にあります


6_0203-tanalot (255x171) (2) (255x171)


ヌサドゥアやウルワッツなどバリ島南部には
ホテルが乱立してもう飽和状態だということで

「カトゥ・ライ」さんのドイツ人の友人のプロジェクトが
タバナンに37ヘクタールもの土地を購入しまして

「ヨガと瞑想」のための宿泊&トレーニング施設を建てる計画をしているということなのです

IMG_6077 (450x338)


【カトゥ・ライ】さんは瞑想の分野を受け持つそうですが…

資本金Rp.6,000,000,000,000」日本円で約600億円?

バリ人のワヤンたちは腰を抜かすほどの金額で

「こんな数字今まで見たことがない~~」と絶句しておりました


IMG_6078 (338x450)

Vita-Life HEALTH RETREAT」…命のための健康保養所というのか療養所とでもいうのでしょうかねぇ~~

このプロジェクトの計画書の青写真を見せてもらいました

何十ページにもわたって、こと細かく主旨や土地の写真や設計図が書かれていました

広大な敷地の中には世界の国々の特色を出した建物が点在しています

なかには日本の家屋をイメージしたヴィラが数件建っているエリアもあります

このなかでは、もちろんタバコやアルコールは禁止

「ヨガとメディテーション」がプログラムされ
オーガニックな食事を取り
純粋な生命を求める人たちのトレーニングセンターのようです

心に傷を負った人たちの再生センターでもあります


それで私の協力とは

なんてことはありません。

日本語で

「この計画に私は賛成しています。
日本からもこのような精神世界を求めてやってくる人たちのために
協力を惜しまないでしょう」


みたいなことを書かされました

なんかようわからんですが・・・

私はなぜか…胸に何かつかえた様な気になって…

確かに観光地バリ島は年々増え続けるホテルやレストランで
クタやレギャンやスミニャック

ヌサドゥアやジンバランなどの空港周辺の南部は飽和状態になっています

そして最近では山間部のウブドもだんだんクタ化してきまして、
ホテルやお店やレストランがひしめき合って
車の渋滞などで空気も悪く

騒がしくなってきています

観光地だからある意味しょうがない事なのでしょうが

この広がりはどこまで行くのでしょう

こんな小さなバリ島のあっちこっちの土地が外国人の手によって買い占められ

外国人のためのリゾートや保養地に埋め尽くされたら
バリの豊かな緑や自然はどうなるのでしょう

農作物はどうなって

そしてバリの人たちの生活はどうなるのでしょう

【カトゥ・ライさん】は自分の新しい未来への展望に嬉々としてはるけど

それを【カトゥライさん】に投げかけてみました

彼は「まあ、ビジネスだからね」あっさりとこたえられて、

なんか余計に未消化な気持ちになってしまいましたわぁ~~


小さな島で「外国人相手の精神世界」は、今や先取りした”ビジネス”になりつつあるんですね~~


015 (450x338)

【2011/11/12 17:51】 | 未分類 | コメント(6)
<<バリで「ヨガ」をするなら、やはりバリ人のグルが… | ホーム | 「My room」の値段は?>>
コメント
私はヨガや簡単な瞑想をするようになってから、
いろいろと気づきがありました。
どちらもすばらしいものだと思うし、この施設の説明を
読むと、一見魅力的にうつったりするけれど・・・
でも、一番に思ったのは逸子さんと同じように
何かが胸に引っかかる感じでした。
手放しでは喜べない、もわもわとした感情がぐるぐると・・
なんとも言えない気持ちです。
バリ島は、どうなってしまうのかなぁ・・・

カトゥさんが「ビジネスだからね」と答えられているのにも、もわもわ・・・
【2011/11/14 10:49】 URL | マチコ #UM9M1Tto[ 編集]
★マチコさん

 同じ感性で受け止めてもらって嬉しいですね。

マチコさんも、きっとバリが大好きなのは、
そこにバリの自然と陽気で優しいバリ人が神様に祈りながら生きている姿があるからなのだと思います。

単なる観光地とかリゾート地だけなら、そう魅力もないかもしれないですね。

37ヘクタールとはかなり広大な土地。
バリの人の生活のための農作物を育てる土地が、外国人の保養地になるのは…むなしいですね。


【2011/11/14 11:19】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
こんにちは
Baliへ行く度にその変貌ぶりに驚かされます

もちろん私も保養に行っている外国人のひとりなのですが、
なんだか寂しいですね

以前にヌガラへ行く道すがらタバナンを通っていったのですが
とっても好きな場所です

【2011/11/18 17:24】 URL | ユキダルマ #-[ 編集]
★ユキダルマさん

 私も観光業に携わっていながら…
なんですので、えらそうな事は言えませんが、
なんか寂しいですよね。

外国人が大きな土地を購入してお屋敷のような家を建てたりしているのを見ると
小さな島なんだから~~
もっとこじんまりと!と思ってしまいます…
それって羨ましいのもあるかも(笑)

【2011/11/18 17:51】 URL | ラグラグ #-[ 編集]
私は、「大事な用件」を読む前まで、年末のウブドでヨガデビューの妄想を膨らませてました。プロジェクトを知り、少し怖くなりました。 バリ島、ウブドへは、古き良き日本を感じ/懐かしい気持ちになる為に訪れます。あの自然が、バリ人の自然に逆らわない生活が私を元気にしてくれるのに、その大地が壊されてしまうとなると。。。 やはり淋しいですね。
【2011/12/07 20:48】 URL | kiyo #-[ 編集]
★Kiyoさん

 私たちも観光業に携わっていながら
観光客の求めるものが、
だんだんビジネスとして肥大化していくのを
複雑な思いで眺めています。

でも、こうして私の目線と同じように感じながら
バリを好きでいてくれる人がいると思うと
とても嬉しいです。
バリの良さを見失わないでいたいですね。
【2011/12/07 23:43】 URL | ラグラグ★いつ子 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。