スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
その②…私とワヤンのバトルを父親のように聞いてくれる【マハギリ】の社長さんマデ氏


前回の続きです

自分の村で友達に突然神様が降りてきて、
その彼がお坊さんになりました
…その彼に傾倒して村で「瞑想グループ」を作って活動している…らしいワヤン

048 (350x263)


「明日からヌサペニダへお祈りに行きますから
仕事お休みしま~~す

はい、あの瞑想のグループとです



とか

「私の義理の妹(奥さんの妹)の子供の1年目の儀式がありますから休みます」…この義理の妹というのは、たいへんなことがありまして…この話もまたいつか~~

とか

「子供を学校へ送らなければならないので
出勤は毎朝30分遅れます」


…なんでワヤンが送らないとあかんの?

「奥さんは幼稚園の先生ですから、8時には園に行かないとダメなのです

子供の学校が遠いから、私が送っていかないと、かわいそうでしょ!」


当然のように言うんですね。

私が”それもこれ”も、おかしい!と咎めますと

私に”バリ人を理解していない”と言うのです。


バリ人にとって生きるうえで本当に大事な事は、
神様の事
そして家族のことなど、
お金で買えることのできないことだと


仕事やお金は二の次だと言わんばかりの理屈なんです。


「でも仕事がなければ、生活するためのお金はどこから得るの?」

と聞きましても

「バリでは食べる事は困らないんです。
もちろん仕事は大事ですが、
お金ではないのです。


畑に出て農業しても、
木彫りしても生きていく事は簡単なんです」
って


”そんな無理解な事いうなら私は辞めてもいいのですよ”
と、なんとなく攻勢に出られているようで…

私も情けないもんや!

主(ヌシ)が常にバリにいないからネズミになめられてるんか~~



まあ、こんな感じで最近はワヤンと訳の分からん
接点のない話をする日が多くなり、
なんかカルトに洗脳された人間と話しているような気がしないでもないな~と



そして、目の前の【マハギリ・レストラン】のオーナーのマデ氏に

「さっき話された、マデ氏はいつも店にいて、
お客さんのこと、スタッフのこと、店のシステムを把握するといわれましたね。

それはオーナーの基本だとよく分かります。

でも私のように常にバリにいないと
どうやってコントロールしていったら良いのかとても悩むのです

…それに、ワヤンがこういう事言うのですが…

それがバリ人のスタイルだからと言い張りますが、
バリの社会ではそれは許されて当たり前なんでしょうか?」

みたいな事を聞きます

そしたらワヤンも熱くなって

「イツ子さんは、いつもバリにはいないし、
本当のバリ人の事をよく知らないのです。

私達は、お休みしたら給料からその分引かれますから、
ちゃんとペナルティは受けているでしょ。

それでも家族のこと、お寺のこと、神様のことで、
どうしても優先しないとダメなことが、バリではあるのです。

そういうことがイツコさんは分からないので…

私に文句を言ってストレスを与えますから
私こそ、夜悩んで寝られない…


とほざいて!

「どうもね~ぇ~~…”これがバリのスタイルだ”なんていわれると
専売特許突きつけられているようで…ムカつくんです」

私も負けてない

まるでお父さんに私達の喧嘩を聞いてもらっているようです

IMG_6428 (400x300)


社長のマデ氏楽しそうに聞いてくれます


「すみません。お忙しいのに初対面の私たちの揉め事を聞いてもらって」


と言いましたら

「いやいや、私はこんな話が大好きだし。
前向きな姿勢で真剣に取り組んでいる姿は、とてもいいです。
いつでも大歓迎です」


そして

「あなたの言うように、ルールは社長が作ったらいいのです。
それに従わない場合は、2回は許して3回目は辞めてもらう。

でもバリでは家族のこと村のことと、仕事のバランスがとても難しいのも
現実です。

私の家内もヌサドゥアでいい役職についていたけど
子供の送迎のため、その仕事を辞めました。

だから、彼をフリーランスにしたらどうですか」

(フリーランスとは、フリーのガイドで、こちらが忙しい時だけ手伝わせる)

これはずーと私が迷っていたことですが、

マデ氏の提案を聞いて、なんか迷いが吹っ切れて

「はい、わかりました。
そうしましょう!

ワヤン、来月からフリーランスしていいからね♪
好きなだけお祈りなと、
家族奉仕なと心置きなくやったらいいやん

そして別れ際

「今度は是非ホテルの部屋に2晩でも3晩でも泊まりにおいでね
勿論タダだよ」


とまで言ってもらって。。。


IMG_6417 (450x338)


そしてワヤンと私は帰りの車の中で
再びポジティブで建設的なバトルを…

でも楽しかった!!!



【2012/03/02 10:54】 | 未分類 | コメント(0)
<<”devdan”…「神様からの贈り物」…素晴らしいショーに圧倒されて | ホーム | ワヤンと私のバトルを父親のように聞いてくれる【マハギリ】の社長さん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

バリの空に星は満ちて


神々の島「バリ島」に魅せられて! 神様の事、レアック(おばけ)の事、バリには不思議がいっぱい! 温かい大自然と調和するバリの人達の自然な生き方。 輝く笑顔がある

プロフィール

ラグラグ★いつ子

Author:ラグラグ★いつ子

初めての海外旅行が衝撃の”インド”
地の底を見たような、カルチャーショックを受けつつインドに惹かれて通いました。
何故かそのまま自然に、インドからバリ島へと導かれるようにこの地を踏んでいました。

”ああ、ここは天国やわぁ!”

気が付いたら何かに背中を押されたように、バリの人達とツアー会社を始めて10数年。
いつの間にか、バリの奥へ奥へと入ったまま、もうここは紛れもない私の場所なのか・・・

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。